TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



浦野理一作 茶地角並び縦節紬

 

浦野理一作 茶地角並び縦節紬
280000円+税
着物21-01-01

寸法は銀座店にご確認ください。

通信販売可



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 茶地角並び縦節紬 上前 浦野理一作 茶地角並び縦節紬 上前 浦野理一作 茶地角並び縦節紬 質感・風合

浦野理一作 茶地角並び縦節紬 質感・風合

明るく深い茶色は、化学染料ながらも浦野さんの技術を駆使した結果と申せましょう。
角が5つ並んだ明快なデザインと、縦節の力強い質感とが重なって頼もしい紬の魅力が詰まった着物になっています。


貝桶文様小紋

 

貝桶文様小紋
30000円+税
着物20-12-15

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
貝桶文様小紋 上前 貝桶文様小紋 上前 貝桶文様小紋 質感・風合

貝桶文様小紋 質感・風合

貝桶に飾り紐が巻きついた、典型的な御殿文様です。
それには螺鈿や蒔絵の装飾がなされていたのでしょう。
優雅なモチーフを、街着に込めた流行があったときの小紋です。


小豆色唐花文様付下

 

小豆色唐花文様付下
40000円+税
着物20-12-14

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
小豆色唐花文様付下 上前 小豆色唐花文様付下 上前 小豆色唐花文様付下 質感・風合

小豆色唐花文様付下 質感・風合 小豆色唐花文様付下 質感・風合

唐草に大きな花が咲いて、これはおめでたい席での準礼装となります。
無地部分にも大きな唐草が浮き上がった、紋意匠地です。


ウグイス色梅枝文様訪問着

 

ウグイス色梅枝文様訪問着
45000円+税
着物20-12-13

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺6寸5分(約62.7cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
ウグイス色梅枝文様訪問着 上前 ウグイス色梅枝文様訪問着 上前 ウグイス色梅枝文様訪問着 質感・風合

ウグイス色梅枝文様訪問着 質感・風合 ウグイス色梅枝文様訪問着 質感・風合 ウグイス色梅枝文様訪問着 質感・風合

ウグイス色のボカシの中に梅の枝が張り出しています。
上前には白い山茶花も顔を出しています。
地紋には、かわいい万寿菊と南天の枝が爽やかです。
清楚な冬のお出かけ着です。


雲取りに四季の花文様訪問着

 

雲取りに四季の花文様訪問着
80000円+税
着物20-12-12

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
雲取りに四季の花文様訪問着 上前 雲取りに四季の花文様訪問着 上前 雲取りに四季の花文様訪問着 質感・風合

雲取りに四季の花文様訪問着 質感・風合 雲取りに四季の花文様訪問着 質感・風合 雲取りに四季の花文様訪問着 質感・風合

雲取りに四季の花文様訪問着 質感・風合

小豆色の地を、吉祥の幾何学紋で覆われた大きな雲がおおっています。
合間には、春蘭と、菊橘が咲き誇っています。
慶事のお席にふさわしい訪問着です。


ベージュ地孔雀の付下

 

ベージュ地孔雀の付下
50000円+税
着物20-12-11

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
ベージュ地孔雀の付下 上前 ベージュ地孔雀の付下 上前 ベージュ地孔雀の付下 質感・風合

ベージュ地孔雀の付下 質感・風合 ベージュ地孔雀の付下 質感・風合 ベージュ地孔雀の付下 質感・風合

明るいベージュの上前に、お花畑、そして孔雀が1羽。
とてもハッピーなムードをかもし出したお出かけ着です。
帯次第で、華やかさと渋さを両方演出できる、重宝なお着物です。


鱗紋様染めに押し絵の付下

 

鱗紋様染めに押し絵の付下
100000円+税
着物20-12-10

身丈:4尺3寸5分(約165.3cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
鱗紋様染めに押し絵の付下 上前 鱗紋様染めに押し絵の付下 上前 鱗紋様染めに押し絵の付下 質感・風合

鱗紋様染めに押し絵の付下 質感・風合 鱗紋様染めに押し絵の付下 質感・風合

一越縮緬地に友禅と江戸裂の押し絵が鱗文の繋ぎ文様として配された、非常に手間を要したお着物です。
鱗紋は、厄年の女性が、難を遠ざける為に、用いたとされる意匠です。
昔の丸帯で、貫禄をつけた装いをしてみましょう。


本場結城に渡り裂押し絵の付下

 

本場結城に渡り裂押し絵の付下
100000円+税
着物20-12-09

身丈:4尺3寸5分(約165.3cm)
裄:1尺7寸8分(約67.6cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
本場結城に渡り裂押し絵の付下 上前 本場結城に渡り裂押し絵の付下 上前 本場結城に渡り裂押し絵の付下 質感・風合

本場結城に渡り裂押し絵の付下 質感・風合 本場結城に渡り裂押し絵の付下 質感・風合

有平縞と唐山縞が、亀甲紋の形で押し絵となって表現されています。
昭和の中期にこうした意匠が流行ったようです。
結城に渡り裂という、贅を尽くした付下となっています。


疋田に光琳文様付下

 

疋田に光琳文様付下
80000円+税
着物20-12-08

身丈:4尺2寸5分(約161.5cm)
裄:1尺6寸5分(約62.7cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
疋田に光琳文様付下 上前 疋田に光琳文様付下 上前 疋田に光琳文様付下 質感・風合

疋田に光琳文様付下 質感・風合 疋田に光琳文様付下 質感・風合

しっとりとした昭和初期のしののめ縮緬に、大振りの疋田紋が、はんなりとよく似合います。
裾には、金銀箔の雲紋に、琳派の四君子文様が描き絵と刺繍で表現されています。
渋いながらもセンスの光るお着物です。


伊兵衛織横段単衣

 

伊兵衛織横段単衣
180000円+税
着物20-12-07

身丈:4尺3寸5分(約165.3cm)
裄:1尺6寸5分(約62.7cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
伊兵衛織横段単衣 上前 伊兵衛織横段単衣 上前 伊兵衛織横段単衣 質感・風合

伊兵衛織横段単衣 質感・風合

横に伸びた子持ち縞が、スッキリと、気持ちの良いデザインの伊兵衛織です。
ベージュに薄グリーンというクールで都会的な色合わせも、年齢に関係なくお召しになれます。
単衣仕立てですので、長い季節をお楽しみ下さい。


ブルー地鞠と仔犬の長羽織

ブルー地鞠と仔犬の長羽織
80000円+税
着物20-12-05

身丈:2尺7寸(約102.6cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可


追加画像・商品説明

ブルー地鞠と仔犬の長羽織 正面 ブルー地鞠と仔犬の長羽織 羽裏 ブルー地鞠と仔犬の長羽織 質感・風合

ブルー地鞠と仔犬の長羽織 質感・風合

紗綾形のきれいなブルーに、仔犬の白い姿が印象的な長羽織です。
丈を出して、袖も長いのですが、裄はいっぱいです。


ブルー地梅文様羽織

ブルー地梅文様羽織
80000円+税
着物20-12-04

身丈:2尺6寸5分(約100.7cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)

通信販売可


追加画像・商品説明

ブルー地梅文様羽織 正面 ブルー地梅文様羽織 羽裏 ブルー地梅文様羽織 質感・風合

ブルー地梅文様羽織 質感・風合

ほっこりとかわいい梅の花に、気持ちが緩くなるような羽織です。
緑に赤の色が、白い中に弾けて、ふざけて遊んでいるような様子がでています。
黒い裏地にも凝ってみました。


梅に牡丹の羽織

梅に牡丹の羽織
80000円+税
着物20-12-02

身丈:2尺7寸5分(約104.5cm)
裄:1尺7寸3分(約65.7cm)

通信販売可


追加画像・商品説明

梅に牡丹の羽織 正面 梅に牡丹の羽織 羽裏 梅に牡丹の羽織 質感・風合

梅に牡丹の羽織 質感・風合

深い臙脂の地に存在感際立つ梅の花。
よく見ると梅の中には牡丹の花でしょうか。
金糸交じりで織り込まれた牡丹の花も印象的。
年末から春先までのおめかしにいかがでしょうか。


稲穂風景のコート

稲穂風景のコート
80000円+税
着物20-12-01

身丈:2尺8寸(約106.4cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)

通信販売可


追加画像・商品説明

稲穂風景のコート 正面 稲穂風景のコート 羽裏 稲穂風景のコート 質感・風合

稲穂風景のコート 質感・風合

稲は実り、鳴子とカカシが守っているけれど、スズメは一向に我関せずという、田舎の秋の光景です。
男羽織の無双の裏をコートにお仕立てしました。
裏地は六歌仙の赤裏です。


宮中文様振袖

 

宮中文様振袖
180000円+税
着物20-10-11

ご商談中

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
宮中文様振袖 上前 宮中文様振袖 上前 宮中文様振袖 質感・風合

宮中文様振袖 質感・風合 宮中文様振袖 質感・風合 宮中文様振袖 質感・風合

宮中文様振袖 質感・風合

大きな黒い御簾に、雲取の大胆な色使いが、印象的な大振袖です。
随所に飾られた薬玉は、豪華な刺繍の花々で満ちています。
そしてその薬玉の飾り紐が、非常に装飾的に配されています。
抱き茗荷の朱色の染め5つ紋が入っています。
豪華で雅やかなこの振袖は、大正期の婚礼衣裳として、大家のご令嬢がお引きずりで用いられたものでしょう。
銀座店の赤漆の蔵戸に、しばらく飾られます。


Page 2 of 1612345...10...Last »

TOPに戻る

灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル