TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



十字絣に横幾何学文様宮古上布

 

 

十字絣に横幾何学文様宮古上布
550000円+税
着物18-4-36

身丈:4尺2寸5分(約161.5cm)
裄:1尺6寸5分(約62.7cm)
1尺7寸5分(約66.5cm)可

4月27日からの
春のきもの展「単衣と上布」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
十字絣に横幾何学文様宮古上布 上前 十字絣に横幾何学文様宮古上布 上前 十字絣に横幾何学文様宮古上布 質感・風合

十字絣に横幾何学文様宮古上布 質感・風合 十字絣に横幾何学文様宮古上布 折紙

横に並んだ短冊の中の幾何学文様は、2尺約70センチに渡って柄が違う凝った織りになっています。
平成の初め頃と思われますが、宮古上布保持団体24名の中の1名だけの図案家下地恵康(けいこう)さんの作品です。
細くしなやかな糸から、繊細で機知に富んだ多種の幾何学文様が織り出されて、重厚な趣も出ています。
砧打ちの滑り感も程良くて、宮古上布の代表格とも言うべき作品です。


幾何学文様の宮古上布

 

 

幾何学文様の宮古上布
380000円+税
着物18-4-35
お仕立て直し

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
4尺4寸(約167.2cm)可
裄:1尺8寸(約68.4cm)

4月27日からの
春のきもの展「単衣と上布」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
幾何学文様の宮古上布 上前 幾何学文様の宮古上布 質感・風合 幾何学文様の宮古上布 質感・風合

幾何学文様の宮古上布 質感・風合

大きな菱形の中に石畳と太陽紋、流水紋が見られます。
空間は小さな十字紋で埋められていて、きっちりとした幾何学文様の美しさが見てとれます。
細かな絣文様は、多くを産み、技術が一番高くなっていた昭和中期の作品と思われます。
糸も細く、しなやかな感触には、宮古上布の風格がみなぎっています。


大きな丸文様の宮古上布

 

 

大きな丸文様の宮古上布
280000円+税
着物18-4-34

身丈:4尺5分(約153.9cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

4月27日からの
春のきもの展「単衣と上布」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
大きな丸文様の宮古上布 上前 大きな丸文様の宮古上布 上前 大きな丸文様の宮古上布 質感・風合

大きな丸文様の宮古上布 質感・風合

黒地の中にぽっかりと浮かんだまあるい玉は、まるで風船がふわふわ飛んでいるようなメルヘンの世界です。
よくよく見ると、この玉は3つの大きさと、3つの色、3つの織り柄を持っています。
シンプルな美しさというものは、単純な創作からは出来ないのだという事を物語っています。
無重力的なこの上布を身に纏うと、さて、どうなるのかがお楽しみです。


140亀甲宮古上布

 

 

140亀甲宮古上布
320000円+税
着物18-4-33
お仕立て直し

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)

4月27日からの
春のきもの展「単衣と上布」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
140亀甲宮古上布 上前 140亀甲宮古上布 上前 140亀甲宮古上布 質感・風合

140亀甲宮古上布 質感・風合

亀甲柄といえば、大島紬に続く宮古上布の代名詞のようなイメージがします。
しかし、時が移り、せめて花や蝶ならともかく、何の意味もないこんなに小さな柄を、毎日織り続けていた織り手さんは、もう、現世には現れる筈がないのです。
そんな思いで、当店では着物を再生するという感覚で、お召し頂けるように手直しをして、店頭にお出ししています。


ツバメ柄宮古上布

 

 

ツバメ柄宮古上布
150000円+税
着物18-4-32
お仕立て直し

身丈:4尺5分(約153.9cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

4月27日からの
春のきもの展「単衣と上布」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
ツバメ柄宮古上布 上前 ツバメ柄宮古上布 上前 ツバメ柄宮古上布 質感・風合

ツバメ柄宮古上布 質感・風合

全面に可愛いツバメが飛んでいる、珍しいデザインの上布です。
縦に点々の絣が雨模様を表しているようです。
涼しげで、子供の頃の夕立を思いだしました。
止んだ後に、虹がパッと出たりして。


ダイヤモンド柄の宮古上布

 

 

ダイヤモンド柄の宮古上布
120000円+税
着物18-4-31
お仕立て直し

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)

4月27日からの
春のきもの展「単衣と上布」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
ダイヤモンド柄の宮古上布 上前 ダイヤモンド柄の宮古上布 上前 ダイヤモンド柄の宮古上布 質感・風合

ダイヤモンド柄の宮古上布 質感・風合

多様な光を放っているので、ダイヤモンドと名付けましたが、星柄でもいいと思います。
きれいな藍と緑がちりばめられています。少し糸が太く、織りに透け感があります。
ゆったりサイズになっています。


水紋に桐の宮古上布

 

 

水紋に桐の宮古上布
120000円+税
着物18-4-30
お仕立て直し

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

4月27日からの
春のきもの展「単衣と上布」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
水紋に桐の宮古上布 上前 水紋に桐の宮古上布 上前 水紋に桐の宮古上布 質感・風合

水紋に桐の宮古上布 質感・風合

大きな水紋が踊っているような、ヌーボーを思わせる楽しいデザインの上布です。
桐の花には藍と黄色が入ってポイントになっています。大きな図柄は昭和の初期の作でしょうか。


渦巻き文様宮古上布

 

 

渦巻き文様宮古上布
120000円+税
着物18-4-29

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺6寸5分(約62.7cm)

4月27日からの
春のきもの展「単衣と上布」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
渦巻き文様宮古上布 上前 渦巻き文様宮古上布 上前 渦巻き文様宮古上布 質感・風合

渦巻き文様宮古上布 質感・風合

縦に渦を巻き込むような、カザグルマのようなデザインです。
赤い渦と青い渦の先がかわいくぼかされて、モダンでリズミカルな、楽しい意匠です。


麻の葉文様宮古上布

 

 

麻の葉文様宮古上布
280000円+税
着物17-8-5

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
麻の葉文様宮古上布 上前 麻の葉文様宮古上布 上前 麻の葉文様宮古上布 質感・風合

麻の葉文様宮古上布 質感・風合

細かい蚊絣で麻の葉文様を浮き立たせた個性ある宮古上布です。
砧打ちの艶もしっかりと感じられます。
このくらい大きな柄だと、かえって帯とぶつからずに合わせやすいかもしれません。


鶸色地小千谷縮

 

 

鶸色地小千谷縮
60000円+税
着物17-8-3

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺7寸8分(約67.6cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
鶸色地小千谷縮 上前 鶸色地小千谷縮 上前 鶸色地小千谷縮 質感・風合

鶸色地小千谷縮 質感・風合

明るい鶸(ひわ)色の小千谷縮です。
鉄線などのお花や格子といった、多様な絣文様が楽しいです。
清涼感のある着心地です。


白地八重山上布

 

 

白地八重山上布
240000円+税
着物17-8-2
お仕立て直し

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺8寸(約72.2cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
白地八重山上布 上前 白地八重山上布 上前 白地八重山上布 質感・風合

白地八重山上布 質感・風合

小ぶりな柄付けが上品で、小柄な方でもバランス良くお召しいただけそうです。
地に、苧麻より少し濃い色の大麻を混ぜることで、扁平ではない表情を生んでいます。
纏った時に、焦げ茶の絣がくっきりと浮き立ちます。


七宝繋ぎの宮古上布

 

 

七宝繋ぎの宮古上布
320000円+税
着物17-5-37

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
4尺4寸(約167.2cm)
裄:1尺7寸3分(約65.7cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
七宝繋ぎの宮古上布 上前 七宝繋ぎの宮古上布 上前 七宝繋ぎの宮古上布 質感・風合

七宝繋ぎの宮古上布 質感・風合

全体に小さな十字絣が並び、七宝繋ぎの所は絣が抜けています。
細やかで、温かみのあるデザイン、糸もしなやかで砧のぬめり感も残っています。
サイズも大きく、着心地の良い宮古上布です。


竹の節ヒキサギー芭蕉布

 

 

竹の節ヒキサギー芭蕉布
594000円
着物16-6-33

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺6寸5分(約62.7cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
竹の節ヒキサギー芭蕉布 上前 竹の節ヒキサギー芭蕉布 上前 竹の節ヒキサギー芭蕉布 質感・風合

その昔、芭蕉布は、奄美から琉球までの衣生活を支えるものでした。
1427年から1867年までは、諸外国の交易品でもあったそうです。
芭蕉布それぞれの質は、同じ材料とは、思えないほど幅広く、絹のように細く艶やかなものあれば、粗めの糸で生成りの美しい芭蕉布もあったようです。
しかし、古くから、どこの家でも芭蕉から糸を績み、布を織る姿が見られたと言います。
原木を栽培する事から始まり、その後、23もの工程を経てやっと出来上がる布。
芭蕉布は、夏の着物でも特別の物。
着物好きならば、南国で愛されてきたこの芭蕉布を夏の陽射しの中で着てみたいと思いますよね。
琉球の絣模様は、技法の呼び方が、具体的に名称になっている物もありますが、自然や生活の身近な物が、模様になっている物も多くあります。
このお着物は、状態もかなり良く、シンプルでモダンな絣文様。
すっきりと個性的に永くお召しいただける夏衣、芭蕉布です。


有栖川紋絣能登上布

 

 

有栖川紋絣能登上布
86400円
着物16-6-31

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺6寸5分(約62.7cm)
1尺8寸可(約68.4cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
有栖川紋絣能登上布 上前 有栖川紋絣能登上布 上前 有栖川紋絣能登上布 質感・風合

有栖川紋絣能登上布 質感・風合

深い藍色にすっきりと有栖川紋絣。
裄は、1尺8寸(約68.4cm)まで大きくできますので、颯爽と着こなしていただきたい着物です。


細縞本場夏塩沢

 

 

細縞本場夏塩沢
86400円
着物16-6-29

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
細縞本場夏塩沢 上前 細縞本場夏塩沢 上前 細縞本場夏塩沢 質感・風合

細縞本場夏塩沢 質感・風合 細縞本場夏塩沢 証紙

冷んやりと静かなる雪国の夏布。
軽い着心地と帯合わせの楽しみも他にない魅力です。


Page 1 of 212

TOPに戻る

灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル