TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



訪問着・付下・小紋

着物が最も美しい時代が、今に遺したもの

明治の凛とした3つ紋の礼装、着物文化を謳歌した大正のはんなりとしたお出かけ着、そして世界の流行を取り入れた昭和初期の躍動美にあふれた普段着…
それらを化粧直しをする思いで洗い張りや仕立て直しをして、現代によみがえらせた着物を中心に揃えました。
着物文化が最も花開いた時代の確かなものをお召しいただきたく、ご紹介しています。

霞に枝桜文様小紋

 

霞に枝桜文様小紋
ご売約済
着物19-2-06
お仕立て直し

身丈:4尺3寸5分(約165.3cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)



 

追加画像・商品説明
霞に枝桜文様小紋 上前 霞に枝桜文様小紋 上前 霞に枝桜文様小紋 質感・風合

霞に枝桜文様小紋 質感・風合

春霞の中、桜花の下を源氏車が行き交い、王朝の雅な香りが漂っています。
黒い蝶が、源氏の魂を宿しているようで、祈りにも似た静けさをたたえています。
枝桜なので、4月もしばらくはお召しになれます。


萌黄色暈しに枝垂れ桜の小紋

 

萌黄色暈しに枝垂れ桜の小紋
120000円+税
ご商談中
着物19-2-07
お仕立て直し

身丈:4尺3寸5分(約165.3cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
萌黄色暈しに枝垂れ桜の小紋 上前 萌黄色暈しに枝垂れ桜の小紋 上前 萌黄色暈しに枝垂れ桜の小紋 質感・風合

萌黄色暈しに枝垂れ桜の小紋 質感・風合
春の朝の陽光に霞んだ天空いっぱいに、桜が優しく枝垂れています。
柔らかな錦紗地に縦金糸が織り込まれているのは、昭和9年流行とありますので、あの頃はまだ、こんなにのどかで優しい時代だったのかと、ほっとしますね。


紅色に白梅の小紋

 

紅色に白梅の小紋
120000円+税
着物19-2-01
お仕立て直し

身丈:4尺4寸(約167.2cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
紅色に白梅の小紋 上前 紅色に白梅の小紋 上前 紅色に白梅の小紋 質感・風合

紅色に白梅の小紋 質感・風合

清楚で可憐な白梅が、今を盛りと咲き誇っています。
背景の空間は紅色に埋められているのですが、黄色い手描きの線は日の光に見え、黒い線は森の木陰に見え、そしてブルーの線は明るい青空です。
思いがいっぱい詰まった早春のお着物でお出かけになってください。


流れに梅文様付下

 

流れに梅文様付下
80000円+税
着物19-2-05
お仕立て直し

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
流れに梅文様付下 上前 流れに梅文様付下 上前 流れに梅文様付下 質感・風合

流れに梅文様付下 質感・風合 流れに梅文様付下 背紋

紋意匠という緯二重織縮緬で、光沢のある地紋が立体的にみえることから、全面さざなみのように光って、そこに梅の花が流されて行きます。
はかなげに、しかし日の光に照らされて、そこはかとない春ののどかさが漂って来る付下です。
柏の染め一つ紋があります。


縞暈しに笹梅の一方付け小紋

 

 


縞暈しに笹梅の一方付け小紋
80000円+税
着物19-1-21
お仕立て直し

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
縞暈しに笹梅の一方付け小紋 上前 縞暈しに笹梅の一方付け小紋 上前 縞暈しに笹梅の一方付け小紋 質感・風合

縞暈しに笹梅の一方付け小紋 質感・風合

梅花のみ糊伏せして、引き染めをした後に、匠の手で、描かれたものと思われます。
笹も梅の枝も上を向いて自然さが滲み出ている所が、灯屋好みの所以です。
しかし、ひいき目をつまみ出してみると、どうやら染め替えのようですが、そこはご容赦下さい。


紫暈し花車に四季の花文様訪問着

 

 


紫暈し花車に四季の花文様訪問着
140000円+税
着物19-1-22

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
紫暈し花車に四季の花文様訪問着 上前 紫暈し花車に四季の花文様訪問着 上前 紫暈し花車に四季の花文様訪問着 質感・風合

紫暈し花車に四季の花文様訪問着 質感・風合 紫暈し花車に四季の花文様訪問着 背紋

上見頃の桜楓に始まり、裾のヒナギクやタンポポまで、お花をいっぱいに詰め込んで、それでもこのお着物には風情が感じられます。
丁寧に描かれた友禅の賜物でしょうか。
丸紋笹の三つ紋を染め抜いて、お召しになったお嬢さんが偲ばれます。


源氏香に貝合わせの色留袖

 

 


源氏香に貝合わせの色留袖
35000円+税
着物19-1-25

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸3分(約65.7cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
源氏香に貝合わせの色留袖 上前 源氏香に貝合わせの色留袖 上前 源氏香に貝合わせの色留袖 質感・風合

源氏香に貝合わせの色留袖 質感・風合 源氏香に貝合わせの色留袖 背紋

御所のお嬢様たちのお遊びのお道具なので、格調ある意匠と申せましょう。
後に続く色留袖との重ね着で、大正時代の礼装として、お引きずりで用いられました。
軽いお出かけのおしゃれ着としていかがでしょうか。


源氏車の色留袖

 

 


源氏車の色留袖
35000円+税
着物19-1-26

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸3分(約65.7cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
源氏車の色留袖 上前 源氏車の色留袖 上前 源氏車の色留袖 質感・風合

源氏車の色留袖 質感・風合 源氏車の色留袖 背紋

両褄模様は、源氏車に四季の花が絡んで、御所のイメージが浮かんできます。
深い紫根の色に、少し大きな熨斗丸の三つ紋が時代を匂わせます。


双葉葵の訪問着

 

 


双葉葵の訪問着
80000円+税
着物19-1-27

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
双葉葵の訪問着 上前 双葉葵の訪問着 上前 双葉葵の訪問着 質感・風合

双葉葵の訪問着 質感・風合

スカッと鮮やかなオレンジ色に、双葉葵が見事に配されています。
下鴨神社の神紋として、五穀豊饒を司るというお役目を担いながら、葉っぱの形がハート型でかわいいので、花言葉は愛ということです。
たしかに、そんな二面性を持ち合わせたお着物とお見受けしました。


御所解文様振袖

 

 

御所解文様振袖
150000円+税
着物19-1-17

身丈:4尺2寸5分(約161.5cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
御所解文様振袖 上前 御所解文様振袖 上前 御所解文様振袖 質感・風合

御所解文様振袖 質感・風合 御所解文様振袖 背紋

雲や霞の合間に、楼閣や幔幕、源氏車、檜扇など、雅やかな風景が展開されて、京都御所の様子が象徴的に描かれています。
江戸期の中頃から公家や御所に関係する女性たちの間で拝領されたことから流行りはじめました。
以降、お能や王朝物語の中でドラマチックなテーマとして、和装の中で今に至っています。
藤色の暈しに疋田文様というのも、高貴な香りを醸しています朱赤の丸帯をお勧めします。


紫暈しに枝垂れ桜の付下

 

 

紫暈しに枝垂れ桜の付下
80000円+税
着物19-1-04

身丈:3尺9寸7分(約150.9cm)
裄:1尺6寸6分(約63.1cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
紫暈しに枝垂れ桜の付下 上前 紫暈しに枝垂れ桜の付下 上前 紫暈しに枝垂れ桜の付下 質感・風合

紫暈しに枝垂れ桜の付下 質感・風合

暈しは春霞み、手描きの枝垂れ桜が流麗に、舞うように咲いています。
紗綾形に、蒔絵が描かれた源氏車の地紋があでやかです。
サイズが小さいのが残念です。


浜辺風景の訪問着

 

 

浜辺風景の訪問着
140000円+税
着物19-1-05
お仕立て直し

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺7寸2分(約65.4cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
浜辺風景の訪問着 上前 浜辺風景の訪問着 上前 浜辺風景の訪問着 質感・風合

浜辺風景の訪問着 質感・風合

黒地全体に松原の景色が続いています。
衿もとに千鳥が飛び交い、茅葺きの住処が郷愁を誘っています。


撒き糊にネコヤナギの訪問着

 

 

撒き糊にネコヤナギの訪問着
80000円+税
着物19-1-06

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺7寸3分(約65.7cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
撒き糊にネコヤナギの訪問着 上前 撒き糊にネコヤナギの訪問着 上前 撒き糊にネコヤナギの訪問着 質感・風合

撒き糊にネコヤナギの訪問着 質感・風合

鉄紺に近い色の上に、撒き糊とネコヤナギ、という意匠の組み合わせの妙が、非常に生きたお着物と言えます。
撒き糊が、時に粉雪のようにも見えて、凛とした空気感が漂って来ます。
帯は、ベージュ系がいいですね。


籬垣に蔦唐草の訪問着

 

 

籬垣に蔦唐草の訪問着
70000円+税
着物19-1-08

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
籬垣に蔦唐草の訪問着 上前 籬垣に蔦唐草の訪問着 上前 籬垣に蔦唐草の訪問着 質感・風合

籬垣に蔦唐草の訪問着 質感・風合

糸目の線がしっかりとして伸び伸びとした友禅の訪問着です。
紋意匠と言われる縮緬地の、扇散らしの地紋が穏やかな格式を作り出しています。


Page 1 of 712345...Last »

TOPに戻る

灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル