TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



訪問着・付下・小紋

着物が最も美しい時代が、今に遺したもの

明治の凛とした3つ紋の礼装、着物文化を謳歌した大正のはんなりとしたお出かけ着、そして世界の流行を取り入れた昭和初期の躍動美にあふれた普段着…
それらを化粧直しをする思いで洗い張りや仕立て直しをして、現代によみがえらせた着物を中心に揃えました。
着物文化が最も花開いた時代の確かなものをお召しいただきたく、ご紹介しています。

柳にツバメ春野の付下

 

柳にツバメ春野の付下
220000円+税
着物19-3-01

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
柳にツバメ春野の付下 上前 柳にツバメ春野の付下 上前 柳にツバメ春野の付下 質感・風合

柳にツバメ春野の付下 質感・風合 柳にツバメ春野の付下 質感・風合 柳にツバメ春野の付下 背紋

柳が枝垂れて、ツバメが飛び交い、春の野草花が咲き乱れています。
新緑の風と光りを受けて、のどかで穏やか光景が、溢れ出るばかりに展開されています。
ほとんどのツバメには、刺繍がなされています。
丸に劍花菱の3つ紋があります。
背に少し色むらがありますので、帯に入らなければ、ご相談ください。


お花畑に遠山の図付下

 

お花畑に遠山の図付下
120000円+税
着物19-3-02

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
お花畑に遠山の図付下 上前 お花畑に遠山の図付下 上前 お花畑に遠山の図付下 質感・風合

お花畑に遠山の図付下 質感・風合

昭和期の初め頃、地紋に金銀を織り込んだ錦紗が出回りました。
そしてこのお花畑の図も流行りました。
薄色に爽やかな青や緑の自然な光景は、街に居ながらにして郊外へのお出かけ気分を盛り上げてくれるロマンチックな柄だったのでしょう。
日傘を持ってあなたもお出かけになってください。


藤にチョウの付下

 

藤にチョウの付下
75000円+税
着物19-3-03

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
藤にチョウの付下 上前 藤にチョウの付下 上前 藤にチョウの付下 質感・風合

可愛く咲いた藤の房に、モンシロチョウが遊びにきています。
余白の全てが藤棚のように地紋が入り、白い十字が満天の星屑のようでもあります。
昭和初期のお散歩着というお出かけ用のお着物です。


藤枝にツバメのお散歩着

 

藤枝にツバメのお散歩着
120000円+税
着物19-3-04
お仕立て直し

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺7寸7分(約67.3cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
藤枝にツバメのお散歩着 上前 藤枝にツバメのお散歩着 上前 藤枝にツバメのお散歩着 質感・風合

藤枝にツバメのお散歩着 質感・風合

藤の花房がたわわに下がり、ツバメのカップルが羽を休めています。
地色は青褐色という、暗い紫がかった青で、藤の花が幻想的に浮かんで見えます。
お散歩着は江戸小紋様式で、藤波文様に桜が散っています。


枝垂れ桜の付下

 

枝垂れ桜の付下
85000円+税
着物19-3-05
お仕立て直し

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
枝垂れ桜の付下 上前 枝垂れ桜の付下 上前 枝垂れ桜の付下 質感・風合

枝垂れ桜の付下 質感・風合

一面枝垂れ桜に覆われたエレガントなオシャレ着です。
白抜きの中にわずかにピンクの差し色が使われています。
裾には散った桜が風と戯れて、花には刺繍が施されています。
優しいスミレ色ですが。少し色焼けがあります。


縦縞にツバメ疋田文様付下

 

縦縞にツバメ疋田文様付下
85000円+税
着物19-3-06

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
縦縞にツバメ疋田文様付下 上前 縦縞にツバメ疋田文様付下 上前 縦縞にツバメ疋田文様付下 質感・風合

縦縞にツバメ疋田文様付下 質感・風合 縦縞にツバメ疋田文様付下 背紋

縦縞には嵐絞り、ツバメは疋田絞りと、文様が全て絞りで表現されています。
その上に、昭和の初期に流行った銀糸が織り込まれています。
職人さんの手間のかかった仕事振りからは、飽きの来ない魅力が伺われます。
少しの色むら、裏地の汚れがあります。


双葉葵に丁子花菱文様訪問着

 

双葉葵に丁子花菱文様訪問着
90000円+税
着物19-3-07

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
双葉葵に丁子花菱文様訪問着 上前 双葉葵に丁子花菱文様訪問着 上前 双葉葵に丁子花菱文様訪問着 質感・風合

双葉葵に丁子花菱文様訪問着 質感・風合 双葉葵に丁子花菱文様訪問着 背紋

双葉葵は京都の下加茂神社の御神紋で、葵まつりのシンボルともなっている、格上の植物とも言えましょうか。
それに、丁子花菱という不老長寿を願う文様が、染め抜かれています。
橘の5つ紋で、共八掛がついていますので、生まれはとても格調のあるお着物と申せましょう。


春野に孔雀文様訪問着

 

春野に孔雀文様訪問着
100000円+税
着物19-3-08

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
春野に孔雀文様訪問着 上前 春野に孔雀文様訪問着 上前 春野に孔雀文様訪問着 質感・風合

春野に孔雀文様訪問着 質感・風合 春野に孔雀文様訪問着 質感・風合 春野に孔雀文様訪問着 背紋

最近、孔雀柄のお着物がよく入って来ます。
これも流行があったようで、昭和の初めころと思われます。
孔雀は、サソリや毒ヘビなど、毒を持つ生物を好んで食べるので、ヒンドウー、仏教界では、聖鳥として尊ばれたそうです。
春の野原は、かわいいお花がいっぱい。
孔雀も自慢の尻尾を高々と挙げて、もうここは、極楽ですね。


網代文様に花丸紋小紋

 

網代文様に花丸紋小紋
100000円+税
着物19-3-09
お仕立て直し

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸4分(約66.1cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
網代文様に花丸紋小紋 上前 網代文様に花丸紋小紋 上前 網代文様に花丸紋小紋 質感・風合

網代文様に花丸紋小紋 質感・風合

四季のお花が丸紋の中に配されています。
そして要所を選んで刺繍が施されています。
柴垣の編みこまれた網代文様の濃淡の中に、ポッカリと、白、赤、緑が新鮮に映えています。


子持ち霰鬼縮緬の江戸小紋

 

子持ち霰鬼縮緬の江戸小紋
120000円+税
着物19-3-10

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
子持ち霰鬼縮緬の江戸小紋 上前 子持ち霰鬼縮緬の江戸小紋 上前 子持ち霰鬼縮緬の江戸小紋 質感・風合

子持ち霰鬼縮緬の江戸小紋 質感・風合

キリリとした紺青色の鬼縮緬の上に、白い霰の大小が、雪ん子のように舞い踊っています。
隙間なくしんしんと降る雪は、時に孤独感に襲われますが、これは又、粋冥利に尽きると申せましょう。
白いお肌に黒い帯で、ガッツリと決めていただきたいです。


結城紬にバティック切り継ぎの付下

 

結城紬にバティック切り継ぎの付下
140000円+税
着物19-2-21

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
結城紬にバティック切り継ぎの付下 上前 結城紬にバティック切り継ぎの付下 上前 結城紬にバティック切り継ぎの付下 質感・風合

結城紬にバティック切り継ぎの付下 質感・風合

昭和初期の結城紬の縞に、同じく100年ほど前のジャンビというバティックを張り合わせた付け下げです。
実を言うと、20年位前、お客様のご注文から当店が作った作品です。
元禄袖や八掛の色に、個性が漂います。
まだ銀座店はなくて、代々木でのんびりとやってたな、と懐かしくなります。


紬に結芝の刺繍付下

 

紬に結芝の刺繍付下
85000円+税
着物19-2-22

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
紬に結芝の刺繍付下 上前 紬に結芝の刺繍付下 上前 紬に結芝の刺繍付下 質感・風合

紬に結芝の刺繍付下 質感・風合

二藍色の節のしっかりとした紬に、束ね芝が5つ、共薄の糸で刺されています。
お花と違って芝のイメージとは、凛として、文学性や物語性を持っています。
少し硬いテーマが、色というソフトなもので抽出されて、バランスの良いお着物になっています。


霞に枝桜文様小紋

 

霞に枝桜文様小紋
ご売約済
着物19-2-06
お仕立て直し

身丈:4尺3寸5分(約165.3cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)



 

追加画像・商品説明
霞に枝桜文様小紋 上前 霞に枝桜文様小紋 上前 霞に枝桜文様小紋 質感・風合

霞に枝桜文様小紋 質感・風合

春霞の中、桜花の下を源氏車が行き交い、王朝の雅な香りが漂っています。
黒い蝶が、源氏の魂を宿しているようで、祈りにも似た静けさをたたえています。
枝桜なので、4月もしばらくはお召しになれます。


紅色に白梅の小紋

 

紅色に白梅の小紋
120000円+税
着物19-2-01
お仕立て直し

身丈:4尺4寸(約167.2cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
紅色に白梅の小紋 上前 紅色に白梅の小紋 上前 紅色に白梅の小紋 質感・風合

紅色に白梅の小紋 質感・風合

清楚で可憐な白梅が、今を盛りと咲き誇っています。
背景の空間は紅色に埋められているのですが、黄色い手描きの線は日の光に見え、黒い線は森の木陰に見え、そしてブルーの線は明るい青空です。
思いがいっぱい詰まった早春のお着物でお出かけになってください。


Page 1 of 812345...Last »

TOPに戻る

灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル