TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



訪問着・付下・小紋

着物が最も美しい時代が、今に遺したもの

明治の凛とした3つ紋の礼装、着物文化を謳歌した大正のはんなりとしたお出かけ着、そして世界の流行を取り入れた昭和初期の躍動美にあふれた普段着…
それらを化粧直しをする思いで洗い張りや仕立て直しをして、現代によみがえらせた着物を中心に揃えました。
着物文化が最も花開いた時代の確かなものをお召しいただきたく、ご紹介しています。

網干にカモメ文様訪問着

 

網干にカモメ文様訪問着
120000円+税
着物19-5-03

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

令和元年5月1日より開催の
「令旬のひとえ展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
網干にカモメ文様訪問着 上前 網干にカモメ文様訪問着 上前 網干にカモメ文様訪問着 質感・風合

網干にカモメ文様訪問着 質感・風合 網干にカモメ文様訪問着 質感・風合 網干にカモメ文様訪問着 背紋

広い青空には青海波の地紋が入り、カモメが舞う、穏やかな春の日の光景です。
岸辺には、葦にナデシコ、干網と、遠近法で配されています。
背にある霞のぼかしがとても効いてポイントとなっています。
桔梗の3つ紋があります。


ピンク地葦辺に千鳥の付下

 

ピンク地葦辺に千鳥の付下
120000円+税
着物19-5-05

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

令和元年5月1日より開催の
「令旬のひとえ展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
ピンク地葦辺に千鳥の付下 上前 ピンク地葦辺に千鳥の付下 上前 ピンク地葦辺に千鳥の付下 質感・風合

ピンク地葦辺に千鳥の付下 質感・風合 ピンク地葦辺に千鳥の付下 背紋

ピンクの中に燭光文様の大きな地紋、裾の水辺には、水色のぼかしのなかに、丁寧な波紋が友禅でなされています。
そんな借景の中でこその、千鳥と葦の光景です。
カラフルで楽しい初夏のお着物です。
蔦柏の1つ紋があります。


流水に波文様小紋単衣

 

流水に波文様小紋単衣
85000円+税
着物19-5-08
お仕立て直し

身丈:4尺3寸5分(約165.3cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)

令和元年5月1日より開催の
「令旬のひとえ展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
流水に波文様小紋単衣 上前 流水に波文様小紋単衣 上前 流水に波文様小紋単衣 質感・風合

流水に波文様小紋単衣 質感・風合 流水に波文様小紋単衣 背紋

ぼかしの中に、流水の線が細やかに走り、黒い波が楽しいリズムを作っています。
穏やかでのどかな春の海が広がっています。
錦紗の変わり織で、サラッと肌に優しい感触が、蒸し暑い日に重宝しそうです。


波紋にトンボの付下単衣

 

波紋にトンボの付下単衣
90000円+税
着物19-5-09

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

令和元年5月1日より開催の
「令旬のひとえ展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
波紋にトンボの付下単衣 上前 波紋にトンボの付下単衣 上前 波紋にトンボの付下単衣 質感・風合

波紋にトンボの付下単衣 質感・風合

銀糸で波が織り込まれた中に、かわいいイトトンボが3匹刺繍されて、付下になっています。
ちょっとしたお出かけ時にふさわしい単衣です。
打ち上げがたっぷりあるので、サイズのお直しが可能です。


伊勢物語文様付下単衣

 

伊勢物語文様付下単衣
70000円+税
着物19-5-10

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺6寸5分(約62.7cm)

令和元年5月1日より開催の
「令旬のひとえ展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
伊勢物語文様付下単衣 上前 伊勢物語文様付下単衣 上前 伊勢物語文様付下単衣 質感・風合

伊勢物語文様付下単衣 質感・風合 伊勢物語文様付下単衣 質感・風合

杜若が、はんなり、ゆったりと、裾をまわり、檜扇が雅な世界を展開させています。
在原業平の東下りの伊勢物語からの一節です。
地色は優しいピンクベージュで、お袖も今受けの長いお袖となっています。
蔦の3つ紋があります。


お花畑に遠山の図付下

 

お花畑に遠山の図付下
120000円+税
着物19-3-02

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
お花畑に遠山の図付下 上前 お花畑に遠山の図付下 上前 お花畑に遠山の図付下 質感・風合

お花畑に遠山の図付下 質感・風合

昭和期の初め頃、地紋に金銀を織り込んだ錦紗が出回りました。
そしてこのお花畑の図も流行りました。
薄色に爽やかな青や緑の自然な光景は、街に居ながらにして郊外へのお出かけ気分を盛り上げてくれるロマンチックな柄だったのでしょう。
日傘を持ってあなたもお出かけになってください。


枝垂れ桜の付下

 

枝垂れ桜の付下
85000円+税
着物19-3-05
お仕立て直し

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
枝垂れ桜の付下 上前 枝垂れ桜の付下 上前 枝垂れ桜の付下 質感・風合

枝垂れ桜の付下 質感・風合

一面枝垂れ桜に覆われたエレガントなオシャレ着です。
白抜きの中にわずかにピンクの差し色が使われています。
裾には散った桜が風と戯れて、花には刺繍が施されています。
優しいスミレ色ですが。少し色焼けがあります。


結城紬にバティック切り継ぎの付下

 

結城紬にバティック切り継ぎの付下
140000円+税
着物19-2-21

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
結城紬にバティック切り継ぎの付下 上前 結城紬にバティック切り継ぎの付下 上前 結城紬にバティック切り継ぎの付下 質感・風合

結城紬にバティック切り継ぎの付下 質感・風合

昭和初期の結城紬の縞に、同じく100年ほど前のジャンビというバティックを張り合わせた付け下げです。
実を言うと、20年位前、お客様のご注文から当店が作った作品です。
元禄袖や八掛の色に、個性が漂います。
まだ銀座店はなくて、代々木でのんびりとやってたな、と懐かしくなります。


紬に結芝の刺繍付下

 

紬に結芝の刺繍付下
85000円+税
着物19-2-22

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
紬に結芝の刺繍付下 上前 紬に結芝の刺繍付下 上前 紬に結芝の刺繍付下 質感・風合

紬に結芝の刺繍付下 質感・風合

二藍色の節のしっかりとした紬に、束ね芝が5つ、共薄の糸で刺されています。
お花と違って芝のイメージとは、凛として、文学性や物語性を持っています。
少し硬いテーマが、色というソフトなもので抽出されて、バランスの良いお着物になっています。


紅色に白梅の小紋

 

紅色に白梅の小紋
120000円+税
着物19-2-01
お仕立て直し

身丈:4尺4寸(約167.2cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
紅色に白梅の小紋 上前 紅色に白梅の小紋 上前 紅色に白梅の小紋 質感・風合

紅色に白梅の小紋 質感・風合

清楚で可憐な白梅が、今を盛りと咲き誇っています。
背景の空間は紅色に埋められているのですが、黄色い手描きの線は日の光に見え、黒い線は森の木陰に見え、そしてブルーの線は明るい青空です。
思いがいっぱい詰まった早春のお着物でお出かけになってください。


流れに梅文様付下

 

流れに梅文様付下
80000円+税
着物19-2-05
お仕立て直し

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
流れに梅文様付下 上前 流れに梅文様付下 上前 流れに梅文様付下 質感・風合

流れに梅文様付下 質感・風合 流れに梅文様付下 背紋

紋意匠という緯二重織縮緬で、光沢のある地紋が立体的にみえることから、全面さざなみのように光って、そこに梅の花が流されて行きます。
はかなげに、しかし日の光に照らされて、そこはかとない春ののどかさが漂って来る付下です。
柏の染め一つ紋があります。


縞暈しに笹梅の一方付け小紋

 

 


縞暈しに笹梅の一方付け小紋
80000円+税
着物19-1-21
お仕立て直し

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
縞暈しに笹梅の一方付け小紋 上前 縞暈しに笹梅の一方付け小紋 上前 縞暈しに笹梅の一方付け小紋 質感・風合

縞暈しに笹梅の一方付け小紋 質感・風合

梅花のみ糊伏せして、引き染めをした後に、匠の手で、描かれたものと思われます。
笹も梅の枝も上を向いて自然さが滲み出ている所が、灯屋好みの所以です。
しかし、ひいき目をつまみ出してみると、どうやら染め替えのようですが、そこはご容赦下さい。


紫暈し花車に四季の花文様訪問着

 

 


紫暈し花車に四季の花文様訪問着
140000円+税
着物19-1-22

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
紫暈し花車に四季の花文様訪問着 上前 紫暈し花車に四季の花文様訪問着 上前 紫暈し花車に四季の花文様訪問着 質感・風合

紫暈し花車に四季の花文様訪問着 質感・風合 紫暈し花車に四季の花文様訪問着 背紋

上見頃の桜楓に始まり、裾のヒナギクやタンポポまで、お花をいっぱいに詰め込んで、それでもこのお着物には風情が感じられます。
丁寧に描かれた友禅の賜物でしょうか。
丸紋笹の三つ紋を染め抜いて、お召しになったお嬢さんが偲ばれます。


源氏香に貝合わせの色留袖

 

 


源氏香に貝合わせの色留袖
35000円+税
着物19-1-25

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸3分(約65.7cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
源氏香に貝合わせの色留袖 上前 源氏香に貝合わせの色留袖 上前 源氏香に貝合わせの色留袖 質感・風合

源氏香に貝合わせの色留袖 質感・風合 源氏香に貝合わせの色留袖 背紋

御所のお嬢様たちのお遊びのお道具なので、格調ある意匠と申せましょう。
後に続く色留袖との重ね着で、大正時代の礼装として、お引きずりで用いられました。
軽いお出かけのおしゃれ着としていかがでしょうか。


Page 1 of 712345...Last »

TOPに戻る

灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル