可愛らしい出初式

ヤァっと掛け声が聞こえてきそうな、可愛い可愛い出初式の名古屋帯です。

むっちりした手足で一生懸命です。

今はまだまだ甘えん坊なめ組ですが、将来は江戸の花になるかもしれませんね。

 

鉢巻や火消し半纏にさりげなく刺繍が施されています。

本場結城紬 140000円+税 身丈4尺(152cm)、裄1尺7寸(64.6cm)
め組の出初式名古屋帯 30000円+税

 

師走になりました

 

日常が大きく変わり、暮らし方にも変化が求められる時代になりました。

とわいえ、季節は止まることなく移り変わっていきます。

師走の慌ただしさが体に染み付いているのか、どこかソワソワとして落ち着かない心持ちにさせます。

 

ご紹介の着物は、新春にもお召し頂ける訪問着です。

合わせた帯は、おめでたく若松づくしの袋帯。

お茶席や会食でも、お祝いの気持ちを添えてお出かけいただけます。

年の初めに笑顔で会う日のために、準備しておくのはいかがでしょうか?

 

花籠に蝶の訪問着  85,000円+税  (着物17-10-31)

身丈: 4尺5分(約153.9㎝)

裄 : 1尺7寸(約64.5㎝)

若松づくし袋帯 40,000円+税

 

数奇屋袋 16,000円+税

 

懐紙ばさみ 8,000円+税

 

兄弟店「カナル舎」いよいよお別れです。

本店灯屋の舎弟分として、府中市で16年間営業してまいりましたカナル舎が、閉店の日を迎えます。うちのお客さまにもご愛護頂いてきましたが、どんなお店であったのか、この度、ご挨拶に変えて、カナル舎のお客さまから来た、一通のお手紙をご紹介させて頂きます。

閉店セールはまだ続きますので、最後に行ってみたいという方のお出かけをお待ちしています。ちなみに13日日曜日は、渋谷も行くつもりですので、一緒にという方は、銀座店までお声かけ下さい。

 

たくさんのご協力に感謝感激!!

浦野理一の布を継ぐ 「継ぎ裂」展
おかげさまで皆様にご来場頂き大盛況で終了いたしました。

「継ぎ裂」展をご堪能頂き本当にありがとうございます。

浦野の小布を継いだ美しい「継ぎ裂」で装いの世界を広げて下さいませ。

小さな端布もつないで、ボランティアのかたのご協力で、可愛らしいピンクッションを沢山用意しました。
ご来場の皆様にお好きなものを選んで頂いて、今回は日本盲導犬協会への寄付をしました。
想像以上に大好評で、皆さん迷いながらも楽しそうにお選びでした。

おかげさまで、151個のピンクッションをお持ちいただき、6日間で総額117,243円集まりました。
早速、100,000円を日本盲導犬協会に振り込ませていただきました。
残金は、今後のボランティア活動のために引き継いでまいります。

皆様 ご協力に心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

浦野理一の布を継ぐ「継ぎ裂」展へのご来場ありがとうございました。

浦野理一の布を継ぐ「継ぎ裂」展 惜しまれて終わりました。

この状況の中、あれは夢のようなできごとでした。ご来場のお客様の輝く視線と、機敏な動線とが、イベントの何であったのかを証明してくれました。

6日間という、長くて短いような日々の中、興奮して家にじっとしていられない、と、2回もいらして頂いたお客様が5名はいらっしゃいました。このまま残して置けないの?というお声も頂戴しました。

ただ、着物ではなく、ファッションのジャンルでもなく、アートしてる、としか言いようのない空間でした。今となっては、全てが終わってしまい、片付けは2時間でした。

あとは、お求め頂いたお客様が、お仕立てした継ぎ着物をお召しになって、ご来店頂くのを楽しみにお待ち申し上げます。

 

そして、コロナが終わったら、又、明治記念館で「ドレスコードうらの」のパーティーでもしましょうか。

渋谷

銀座のカラス?

本日は、銀座のカラスならぬ水辺の美しいカラスが描かれた

素敵な手書き名古屋帯のご紹介です。

水紋に先代萩と墨色のカラス。

川の流れにのせられていく紅葉と、穏やかな空間が流れます。

秋の水辺にカラスの手書き名古屋帯

73,000円+税(15-11-8)

************************

浦野理一「継ぎ裂」展 も、残すところあと1日となりました。

まだまだ皆様のご来場お待ちしております。

浦野理一の布を継ぐ
「継ぎ裂」展
会期:2020年11月21日(土)~26日(木)

最終日 26日(木)は11~16時まで
※各日とも入場は閉場1時間前までとなります。

会場:銀座洋協ホール
東京都中央区銀座6-3-2
ギャラリーセンタービル6F

※※「継ぎ裂」展の開催期間中、銀座店も営業しておりますが、閉店時間が下記の通り早くなります。よろしくお願い申し上げます。

26日(木)11時~17時
27日(金)以降 11時~19時 通常営業となります

「継ぎ裂」展 満員御礼!

「継ぎ裂」展もあと残り2日となりました。

足をお運びいただいた皆様、残念ながらお越し頂けなかった皆様。

多くの方々より、沢山のお心を頂いております。

感謝に堪えません。

浦野理一の布を継ぐ
「継ぎ裂」展
会期:2020年11月21日(土)~26日(木)

25日(水)11~18時
最終日 26日(木)は16時まで
※各日とも入場は閉場1時間前までとなります。

会場:銀座洋協ホール
東京都中央区銀座6-3-2
ギャラリーセンタービル6F

「継ぎ裂」展の開催期間中、銀座店も営業しておりますが、閉店時間が下記の通り早くなります。よろしくお願い申し上げます。

11/25(水)26(木)11時~17時
27日(金)以降 11時~19時 通常営業となります

いよいよ明日から「継ぎ裂」展、開催となりました!

「継ぎ裂」展もいよいよ明日に迫りました。

コロナ禍の中での十分な対策を考えながら、ワクワクドキドキで準備してまいりました。

幸いにも会場は広く、窓も多いのですが、月曜からは、少し寒い中でのイヴェントとなるかもしれません。明日の初日は、ご案内状をお持ち下さい。

23日のトークショウは、すでにご予約で一杯となっています。

なお、会場準備のための14時半から、ショウの終わる16時までは、お買い物のためのご入場はできませんことをご承知下さい。

 

最後にいろんな顔をした数寄屋袋をご紹介して、会場でお待ち申し上げます。

 

 

銀座店、素敵な紬が揃ってます!

深まり行く秋、紬でお出かけいかがでしょうか?

銀座店には素敵な紬がたくさん揃ってますよ。

こちらも新入荷の和更紗の帯を締めました。

 

ほっこりした暖かいみがありながら、どこかきりりとクールなイメージもあります。

いろいろな帯に合いそうですよ!

ぜひ、ご検討ください。

 

紬着物 120,000円+税 身丈4尺2寸(159.6cm) 裄 1尺6寸8分 (63.8cm)

和更紗帯 55,000円+税

仏手柑(ぶっしゅかん)と秋の実

 

いろいろな秋の実。

帯の中央に描かれている珍しい実は、仏手柑(ぶっしゅかん)という蜜柑の仲間です。

その形はまるで「仏の手」。

観音菩薩が化けて、自ら切り落とした美女の手と言われてもいます。

鑑賞用や、漢方薬、砂糖漬にもなるそうです。

合わせた着物は、有栖川文様の鹿が飛び柄になっている本場結城紬。

秋深い季節ならではの、おもしろい装いになりました。

 

仏手柑(ぶっしゅかん)と秋の実名古屋帯(付け帯仕立)20,000円+税

 

有栖川文様の本場結城紬 80,000円+税

身丈4尺2寸(約159㎝)  裄1尺7寸2分(約65㎝)