秋の染め帯と小紋

秋の季節に、優しい気持ちになれる染帯と小紋を集めてみました。

HP商品以外にも素敵なものはたくさんあります。

色とりどりの秋の風情が、とても鮮やかです。

布は厳選されたアンティーク布ですが、仕立ては新しいので長さも充分。

状態が良いのが灯屋2の自慢です。

価格は3万円代を中心とした、お手頃価格となっております。

是非お手に取って、お気に入りをお求めください。

 

次は小紋。

ちょっと華やかなワンピース気分でおめしになってはいかがでしょうか。

カジュアルですが、この絹のなめらかさは、極上の着心地です。

フォーマルシーンとはちがって、染め小紋は、あくまでも自由にご自身の感性のままに。

どれも当店で、実際にお試し頂き、帯合わせも楽しめます。

勝負服は、服ではなく着物!

間違いありません!

ご来店を心より、お待ち申し上げます。

灯屋2企画展「秋の音」へのご来場ありがとうございました!

 

「秋の音」へ連日、沢山のお客様にご来場頂き誠にありがとうございました。

スタッフ一同心より感謝、御礼申し上げます。

毎年、この季節は、駅へ向かう途中の静かなビルライトの元、虫達のオーケストラが聴こえてきます。

ふと、見上げると高い空に満月が、浮かぶ銀座の秋。

お出かけには、お着物が心地よくお召し頂ける時候になってまいりました。

企画展は、終了致しますが、新商品がまだまだ、入荷しますので、どうぞ銀座の秋の音を楽しみにお出かけください。

皆さまのご来店心よりお待ち申し上げます。

着物19-10-05 山栗と竹垣に菊の訪問着 80000円+税

秋の音、秋の羽織

めまぐるしい季節が過ぎ、秋の訪れ。

じきに肩に羽織るものが欲しくなる頃となります。

やっぱり、美しく優しいアンティーク羽織がお勧め。

「秋の音」展の羽織コレクションのご紹介です。

紅葉やアールデコと、どれも素敵。

お気に入りのお着物の上からどうぞ。

季節の深まりと共に、展示会終了後も羽織コーナーは充実してまいります。

どうぞお楽しみに!

どれも一点物ですので逃さぬよう、くれぐれもお気をつけ下さいね!

紫地散り紅葉の羽織 (仕立て直し) 100000円+税     着物18-10-14   身丈:2尺6寸(約98.8cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

 

枯葉地色羽織  20,000円+税  身丈2尺5寸(約94.7㎝)裄1尺7寸(約64.4㎝)

 

えんじ色アールデコ薔薇羽織(仕立て直し)70,000円+税   身丈2尺4寸5分(約92.8㎝) 裄1尺6寸8分(約63.6㎝)

 

茶系アールデコ花柄羽織  20,000円+税  身丈2尺5寸5分(約96.6㎝)裄1尺6寸8分(約63.6㎝)

 

散り紅葉の羽織(仕立て直し)  65000円+税  着物18-10-41  身丈:2尺6寸5分(約100.7cm)  裄:1尺7寸(約64.6cm)

 

 

臨時休業のお知らせ

灯屋2秋の企画店「秋の音」 に連日たくさんのお客様にご来店頂きありがとうございます。
10 月 12日(土)は、台風接近に伴い臨時休業させて頂きます。
13日(日)は、準備が整い次第開店いたしますのでお出かけの際には、インスタをご確認   頂くか銀座店03-3564-1191までご連絡の上、ご来店くださいませ。
会期は、まだ続きますので、13日からの皆さまのご来店心よりお待ち申し上げます。

灯屋2企画展「秋の音」はじまります

灯屋2企画展「秋の音」10月5日(土)から14日(祭)まで

明日からの開催となりました。

秋分も過ぎ、銀座店には、小さな秋の音が、聞こえてきます。

10月に入りましたが、今年は、まだすこし汗ばむくらいの気温です。

ご遠慮なく、どうぞ単衣でご来店くださいね。

店内でお迎えする、お月様に秋の可愛い草花、うさぎやきつね、雀やつぐみの鳥達に

色づく野山の景色が、心を秋へと運んでくれます。

どうぞ、ひと時、ごゆるりとお久しぶりの灯屋2をお楽しみください。

スタッフ一同、皆さまのご来店心よりお待ち申し上げます。

 

展示会「秋の音」帯さまざま

4日からの秋展にむけて、帯が沢山集まってきています。
鳥、月、秋の実。

まだまだ、いろんな秋の風情が、あふれんばかりにお待ちしております。

「秋の音」
秋来ぬと 目には清かに 見えねども
風の音にぞ 驚かれぬる
待ちに待った季節。個性をまとう秋がやって来ました。
色なき風に誘われて、お出かけください。
会期:2019年 10月5日(土)~14日(月祝)
11:00〜19:00
9月より営業時間が11時~19時となりました。
会場:灯屋2銀座店
東京都中央区銀座2-6-5アサコ銀座ビル2F

ワークショップ「浦野の小布を帯にするⅢ」 婦人画報でも紹介されました。

婦人画報11月号でも紹介されましたが、浦野ファンの皆様の歓迎にお応えして、この秋11月に第三回「浦野の小布を帯にする」を開催します。
今回は会場を変えて、お客さまの布選びをより楽しんで頂けるよう広いスペースをご用意しました。
そしてステージアップして、縞や絣の他に、浦野の紅型・型染めやバラエティーにあふれた鬼しぼ縮緬も加えてみました。
数千枚の布を見て、さわって、選ぶ、圧巻のイベントにご期待ください。
お申込み・詳細は下記までどうぞ。

 

【開催】
場所:花園神社社務所2階和室(東京都新宿区新宿5-17-3)
日時:11月23日➀10時~ ➁14時~ いずれの回も要予約
費用:100,000円+税(布代、お仕立て代を含む)

【お問合せ】
灯屋2銀座店 AM11時~PM7時 定休日なし
Tel:03-3564-1191
Mail:ginza@akariya2.com

お申込みの際は、お名前、お電話番号、メールアドレス、ご参加希望の時間帯、お支払い方法をお伝えください

【お支払い方法】
当日は現金のみ
前日までに店頭にお越し頂ける方は現金またはクレジット・電子決済(PayPay)が可能です

ご質問・ご不明点などは灯屋2銀座店までお気軽にお問合せ下さい。

小津安二郎映画を聞く「小津日和」音語り

浦野工房ファンの皆様なら、ご存じかと思います。
日本映画史に輝く、小津安二郎映画の名作の数々を。
その小津監督の映画から作られた朗読作品を、<音語り>するという、素敵な催しのご案内です。

小津安二郎映画を聞く「小津日和」音語り
10周年記念公演

2019,10,10(木)→14(月/祝)
場所:早稲田大学小野記念講堂

出演: 中井貴惠(朗読)松本峰明(ピアノ)佐野史郎(10日トークゲスト)

秋らしくなってきた日和に是非、浦野の着物や帯をお召になって、お出かけ下さいませ。


時間、演目など詳細はこちらをご覧下さい。

主催:オンザフィールド
http://otf-webshop.com/?pid=144481457

楽しみな志村ふくみさんの帯合わせ

今まで30枚ほどのお着物を扱わせていただきましたが、志村さんの作品は、なんといっても、その包容力とダイナミズムが魅力です。

いつものことですが、それに対峙してしかも飲み込まれない、1プラス1が5になるくらいの計算を踏まえて、帯を捜します。
志村さんのお目に止まっても、決して恥ずかしくないように心がけているつもりです。
そしてその行き着く先は、ほとんどが外国布か江戸裂の帯です。

さて今回の2枚は、「冬青」(そよご)と「花絣」という作品ですが、どちらもインドネシアの100年は経ている織物を選びました。
一枚はシルク、一枚は綿ですが、金紙のモールが織り込まれていて、シルクの方はヨコ、緑の綿の方はタテ紋織となっています。
金の剥がれているのが優しく穏やかで、なんとも威風堂々として見えます。
これらの文様は、自然界のイメージを伝えていますので、二枚の着物にある絣やドットを、星や風ととらえると、そこには宇宙感が存在してきます。

 

 

「冬青」(そよご)は、紅花の優しいピンクにドットと絣が飛んでいます。
紅花のかわいいピンクに合わせて、少しアクセントのあるスマトラピンクにしてみました。


志村ふくみ作 冬青(そよご)
仮絵羽
志村19-9-04
お仕立て付き

絹の紋織名古屋帯
90000円+税

 

 

「花絣」は、三色ある色の中から緑を選んで千歳緑にしました。
永遠に変わらない松葉色を指しています。


志村ふくみ作 花絣
仮絵羽
志村19-9-02
お仕立て代込み

インドネシアモール織木綿の名古屋帯
50000円+税
帯19-7-20

 

 

 

 

 

志村ふくみ 入荷のお知らせ

なんと贅沢な、と、実は身震いしながらお知らせしています。

6点全てが志村さんの色紙、あるいは共箱が付いており、お仕立て上がりが2点、ご使用済みが1点、後の4枚は仮絵羽ですので、お仕立て付きとしてご紹介しています。

そのほとんどが昭和期の作品と思われますが、そのうち2点は、写真集でご紹介されています。

ご試着いただけますので、秋空と相談なさってお出かけになってくださいね。