雨降る銀座に

今日はあいにくのお天気で、気分も沈みがちですね。

そんな時こそ着物は明るく軽やかな物を選んでみました。

 

着物は単衣の紬で明るい縦縞が鬱々とした天気を吹き飛ばしてくれます。

生成りの地色に経糸で抹茶色、納戸色、琥珀色、藤色の縞が並びます。

帯は元は子供の襦袢でしたでしょうか。

よろけ格子の中に駒や羽子板、風車といった玩具と異国情緒溢れるかわいい子供が染められています。

そして経節が特徴的な浦野理一の紬を接ぎ合わせた灯屋2の創作帯です。

千草色が爽やかな5月の風のようです。

  

単衣縞紬 55000円+税 身丈4尺2寸(約159.6cm)裄1尺7寸5分(約66.5cm)

灯屋2オリジナル子供柄と浦野理一のはぎ帯 40000円+税

灯屋2の店内も単衣展に向け、どんどん軽やかになってきました。

ぜひ令和初の展示会にも足をお運びくださいませ。

「令旬のひとえ展」

会期:令和元年 5月1日(水)~12日(日)
   11:00〜20:00(日祝は19時閉店)

会場:灯屋2銀座店
   東京都中央区銀座2-6-5アサコ銀座ビル2F

詳細は、こちらをご覧下さい。

皆様のご来店をお待ちいたしております。

波にツバメ

風薫る季節。

気温も高くなり汗ばむ日も多くなりました。

銀座店内では、「令旬のひとえ展」に向けての準備をすすめています!

これからの時期には、軽い着心地の単衣がおすすめです。

白い水しぶきのような美しい染めの小紋。

藍色の帯には、波間を飛躍するツバメ達の姿が、金・銀糸で織り出されています。

美しい彫金細工の波の帯留。

真珠を水しぶきに見立てているかのようです。

帯や着物の柄、小物に清涼感を取り入れて、5月の明るい陽射しの中を颯爽とお出かけくださいませ。

単衣の小紋:35,000円+税

身丈:4尺2寸(約159cm)

裄丈:1尺7寸5分(約66.5cm)

波ツバメの名古屋帯:30,000円+税

波の帯留(銀・真珠):23,000円+税

 

「令旬のひとえ展」

会期:令和元年 5月1日(水)~12日(日)
   11:00〜20:00(日祝は19時閉店)

会場:灯屋2銀座店
   東京都中央区銀座2-6-5アサコ銀座ビル2F

詳細は、こちらをご覧下さい。

皆様のご来店をお待ちいたしております。

 

コットンサリー二部式襦袢

陽気がいいと、汗ばむ程の時期になりました。

店内も、袷ものと単ものを入れ替える日々です。

着物や帯だけでなく、小物や下着も次第に軽いものへ。

早速、これからの季節にうれしい、二部式襦袢が入荷しました。

コットンサリーの洗える布で、仕立てています。

一度水洗いしていますが、あと数回は多少の色落ちがあるかもしれません。

洗うほどになじむ風合いもお楽しみください。

単仕立ての袖と、裾よけです。

サイズはMとLが一組ずつです。

お早めにお求めくださいませ。

コットンサリー二部式襦袢(単袖)

25000円

蝶と縞

銀座の街の陽射しも、だんだんとまぶしく感じられる今日この頃、季節は春から初夏に向かっているようです。

こんな時期、袷の着物でも、落ち着いた色味のものを選ぶと、爽やかに着こなすことができます。

着姿をスッキリとお洒落にみせてくれる縞紬。

銀鼠色や薄い桑色、墨色の縞に、所々に織り込まれている経節糸がアクセントになっています。

さらりとした艶やかさが感じられる紬に、さっぱりとした蝶々柄の塩瀬の帯を合わせて、新緑に向かう軽やかな着こなしにいたしました。

お気に入りの装いをお探しに、ぜひ灯屋2銀座店にお立寄りくださいませ。

縞紬:100,000円+税

身丈:4尺1寸5分(約157cm)

裄丈:1尺6寸5分(約62.5cm)

蝶の紅型名古屋帯(帯17-4-31):85,000円+税

長方形に菊の帯留(翡翠):15,000円+税

 

藤の季節

このうえなく美しい、藤の花。

昨年は思いのほか早く咲いて、驚かされました。

今年はどうでしょうか。

店内では、もう満開ですよ。

是非、早めにご用意くださいね。


藤にチョウの付下 75000円+税
着物19-3-03身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

藤の織り開き名古屋帯 50000円+税(同じ柄で袋帯もあります)

 


藤と春蘭染め名古屋帯 40000円+税

 


藤の縮緬名古屋帯 30000円+税

 


ぼかし藤織り開き名古屋帯 65000円+税

 


山門に下がり藤の名古屋帯 50000円+税
帯16-4-18

単衣の紬とワラビの染帯

葉桜の木から桜の花びらが、ひらりひらりと舞い落ちていく4月の中頃、

だんだんと暖かい日も多くなり、野の草花が元気に姿を現す新緑の季節も、もうすぐそこまで来ています。

そんな時期から着たくなる単衣の紬、十字亀甲絣で表された花唐草模様。

薄い生成り色が、纏っているだけで、明るく軽やかに見せてくれます。

お太鼓には、春柄のワラビ、桔梗や菊などの秋草柄が表された切嵌風の染帯、春だけでなく秋の着こなしにも四季折々の楽しさを感じさせてくれます。

木彫りの枝豆の帯留を合わせて、春の香りがする銀座へどうぞお出かけくださいませ。

花唐草文亀甲単衣紬:100,000円+税

身丈:4尺3寸(約163cm)

裄丈:1尺7寸5分(約66cm)

ワラビと秋草柄縮緬染め名古屋帯:90,000円+税

枝豆の帯留(ツゲ木彫り):8,400円+税

紫だちたる

三寒四温、花冷えの1日となりました。

気候が安定しない春の日々、お着物は柔らかく華やかなものを選んでみました。

金平糖のような小さな絞りの紫根染の帯に合わせたのは、バラの香が届きそうな80亀甲の結城紬です。

白地に紫の糸でバラの花が織り込まれた結城はとても品良くはんなりしています。

帯留めには白蝶貝の可愛い兎を合わせました。

本場結城紬80亀甲袷着物 160000円+税
身丈4尺1寸(約155.8cm)裄1尺6寸8分(約63.8cm)

紫根染名古屋帯 100000円+税

白蝶貝 兎帯留め 10000円+税

バラの刺繍半襟 12000円+税

 

藍とアフリカ

気まぐれなお天気に悩まされながら、着物を選ぶ毎日です。

単衣着物を準備しながら袷の紬に袖を通してみたり、ショールを手に持ちながら1日を過ごしてみたりしています。

ご紹介の紬は、ふわっと柔らかくこなれた糸にしっかり染められた藍が美しい着物です。

無地紬に糸の風合いと染めの技術が重なって、飽きのこない一枚です。

 

 

 

合わせた帯は、ナイジェリアの布で作られた名古屋帯。

アフリカの布は布巾が狭いので、接ぎ合わせて帯巾にしています。

 

色糸の入った部分と組み合わせてデザインされた帯を、藍の紬に合わせてスッキリした着こなしに。

外国布の帯は、真夏以外、季節を関係なくしめることができて重宝です。

 

藍染め紬 150,000+税

身丈:4尺2寸(約159.6㎝) 裄:1尺7寸8分(約67.6㎝)

ナイジェリア・アショケ名古屋帯 68,000+税

あたたかな季節に

桜舞うあたたかな季節になりました。
今日は灯屋2銀座店のお客様と銀座でお食事会です。
皆様、春のお着物でお越しくださり、店内が一層華やぎました。

どんどん暖かくなるこの季節は、軽やかで涼しげに着こなしたくなりますね。

塩沢はこれからの季節にピッタリな織物です。
少しずつ移りゆく季節を小物や柄に加えて楽しみたいですね。

本塩沢袷着物 90,000円+税
観世水に蟹の紅型名古屋帯 100,000円+税
翡翠の帯留め 15,000円+税

単仕立ての結城縮と外国布帯

暖かくなりました。
窓辺の桜のむこうには、日ごとに伸びる若葉が見えます。

寒暖の差が大きいので、袷着物では汗ばむ日もあるでしょう。
とはいえ、単着物では心もとない。
そんな今だからこそ、結城縮の単仕立てがおすすめです。
織りの単仕立ては、暖かく軽いので着用期間が意外に長いのです。
普段のお洒落は、身体に正直な着こなしを楽しんでください。

帯は明るい色の外国布名古屋帯で。
インドネシアの南州都パレンバンで主に作られた絞り染め「プランギン」。
結婚式のある家の庭の木に布が掛けられていたという話もあります。
主にお祝いの時に作られていたようで、菱形は吉祥模様です。
絞りと染めがカラフルで可愛らしいですね。

カジュアルにオールシーズン締める事の出来る帯は、お持ちになっていると安心です。
他にも沢山の外国布帯を揃えていますので、是非当店でご覧になってください。

結城縮(単衣仕立て)
85000円+税
裄1尺7寸5分(約66,3㎝) 身丈4尺1寸5分(約157,2㎝)

インドネシア ブランギン名古屋帯
60000円+税
(白地や薄い色のお着物に着用すると、汗をかくことで染めが色移りすることがあるかもしれません)