春爛漫

春とはいえ、まだまだ寒い日が続きますが、一足お先に銀座店内はまさしく春爛漫!!

たおやかな桜の新作も入荷いたしました。

沢山のお着物の中から、ご自身だけの一枚をお探しになられるお客様皆さまの熱い思い。

奥の丸テーブルでは、これまた真剣な着物談義。

スタッフも心を込めてお手伝いさせて頂きますので、どうぞ春爛漫を楽しみにご来店ください。

霞に枝桜文様小紋(着物19-2-06

萌黄色暈しに枝垂れ桜の小紋(着物19-2-07

 

 

白梅の小紋

先週末は、銀座でもちらほら雪が降りました。

そんな寒さを耐え抜いて、美しく咲き誇る白梅の花、今の季節にふさわしい素敵な小紋のお着物が入荷いたしました。

紅色の地に、黄色と黒、青の横線、油絵のように描いた染めが、モダンな印象を与えてくれます。

合わせた帯は、浦野の経節紬帯。経糸の曙色と、緯糸の藍と黄色、遠目に見ると紫と黄金色の縞に見えます。個性的な着物にも、見事に調和してくれる帯。

瓢箪の帯留と着物の白梅柄が、まるで雪のような色合いで、コーディネートを爽やかにみせてくれそうです。

梅の季節を感じながらのお出かけ、ぜひお楽しみください。

紅色に白梅の小紋(着物19-2-01):120,000円+税

身丈:4尺4寸(約167.2cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

浦野理一作 経節紬変り棒縞名古屋帯(帯18-11-06):140,000円+税

瓢箪の帯留(象牙):30,000円+税

春の華やかさ

お雛様を飾りました。

たちまち店内は華やぎを増しました。

眺めていますと、女性らしい着物や帯を探したくなります。

思いきり、春爛漫。

この美しさこそ、エネルギーの源です。

紫暈し花車に四季の花文様訪問着
140000円+税
着物19-1-22
身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

 

龍村平蔵製 金霞玉卉錦丸帯
(きんかぎょっきにしきまるおび)
170000円+税
17-4-11

 

 

孔雀の羽根柄お召羽織のご紹介

なんと艶やかな羽織でしょうか。

こちらは昭和10年代に流行した、緯糸に漆糸が織り込まれたお召羽織です。

華やかに染められた漆糸を用いて織られている孔雀の羽根が存在感を放ちます。

身丈は2尺8寸(約1m6cm)の長羽織で、裄も1尺7寸5分(約66.5cm)まで出しました。

 

 

ネオンの煌めきに負けない素敵な羽織。
羽裏には、表に負けない鏡文様の更紗柄を使いました。
ぜひお手にとってご覧ください。

孔雀の羽根柄 お召長羽織 85,000円+税 ご商談中

羽裏の楽しみ

只今、羽織、道中着、コート30%offセール開催中です。

アンティークならではの、なめらかなシルエットをお楽しみください。

今なら色柄とも豊富に揃っております。

表地だけでなく、羽裏の柄も要チェックですよ。

お早めに店頭でお目当てのものをお探し下さいませ。

紫地一つ紋羽織 セール価格42000円+税
裄1尺7寸3分(約65.5㎝)、身丈2尺5寸5分(96.6㎝)

唐草模様縮緬羽織 セール価格31500円+税
裄1尺8寸(約68㎝)、身丈2尺5寸(約94,7㎝)

ベージュ花柄羽織 セール価格28000円+税
裄1尺7寸2分(約65㎝)、身丈(2尺6寸5分)

濃紫地小紋羽織 セール価格49000円+税
裄1尺6寸5分(約62,5㎝ あと5㎝出すこと出来ます)、身丈2尺3寸5分(約89㎝)

 

 

羽織、道中着、コート30%offセール開催中です!

2019年も年の始まりよりたくさんのお客様にご来店頂き本当にありがとうございます。

暦の上では、節分から立春へと穏やかな旧正月を迎えます。

もう春とはいえ、まだまだ寒い日が続きますね。

窓越しの暖かな陽射しから、可愛いお花たちの蕾が、ほころんでいくのを眺めるのも楽しみな毎日。

お出かけの時にもお着物は、身体を暖かく包んでくれますので、寒さもやわらぎます。

外出の際には、必要な羽織り物をこの機会にぜひ、ご覧下さい。

2月中は、店内の羽織、道中着、コートを正札より30%off価格にさせていただきます。

お仕立て上がりの新入荷商品など一部除外品もございます。ご了承ください。

 

ご商談中  セール価格20000円+税 裄1尺6寸分(1尺7寸3分可) 袖丈 2尺身丈  2尺5寸5分

 

セール価格28,000+税 裄  1尺7寸 袖丈1尺8寸2分 身丈 2尺5寸

お値打ち価格袋帯¥10000円+税 ご用意いたしました

 

2月も銀座店スタッフ一同、皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

節分に

早いもので、梅の香る2月が始まります。

節分の季節に、ぜひお召しいただきたいお着物。鬼や藤娘、鳥などがユーモラスに描かれた大津絵の紬付下をご紹介いたします。

大津絵とは、江戸時代の民族絵画。東海道を旅する際、旅人達の間で、お土産物やお守りとして大事にされた、滋賀県大津市で発祥したもの。

合わせた帯は、格子に梅柄のすてきな図柄。もとは、丸帯だったものを袋帯にお仕立て直しいたしました。

ひと味違った趣のある着こなしで、お出かけの1日をどうぞお楽しみ下さい。

大津絵の紬付下着物:90,000円+税

身丈:4尺3寸(約163cm)

裄丈:1尺6寸6分(約63cm)※裄出し1尺8寸(約68cm)可

格子に梅柄袋帯:65,000円+税

お江戸の粋な雰囲気を感じさせてくれる下駄の帯留。丸みを帯びた正方形の台座には、地面の土の風合いが細かく表現されています。

下駄の帯留(鉄、銅):48,000円+税

仲睦まじい2羽の水鳥の帯留。大津絵の着物の下前にも、鳥が描かれています。

水鳥の帯留(銅):38,000円+税

新入荷 二部式襦袢

新入荷二部式襦袢です。

アンティークの布ならではの、なめらかな肌触り。

下着にするのは惜しいような柄ですが、チラリと覗くところに価値があります。

もともと襦袢用の布です。

現代では無地が多いですが、こんな華やかな襦袢のお洒落は素敵。

しかも当店オリジナル二部式襦袢セットの手軽さ。

着崩れせずにずっと美しいままです。

どうぞお楽しみ下さいませ。

二部式襦袢 33,000円+税

暖簾・睦月

お正月から掛けてます暖簾は、美しい筒描の布を仕立てたものです。

筒描は布団地として家紋を入れて嫁入道具のひとつで持って行ったりしたものでした。

筒描は、本来、綿地に施されるものが多くありますが、今回の布は絹の紬地に染められています。

絹を使っているところを見ると、お客様用の夜具だったのか、よほど大切な方のものとしてこしらえたのか、少し特別に仕立てた様子がうかがえます。

また、大きく描かれている紋は「右一つ巴紋」。

古代の祭具である勾玉の形と共通する巴の形は、平安時代末期から鎌倉時代前半にかけて流行したそうです。

この時代に作られた八幡社では巴紋様が神社の装飾に多く用いられ、後には神紋とされたそうです。

氏子さんが巴の文字紋を使うのが忍びなくて勾玉形の巴紋を使ったそうで、神様のご加護がありますようにとか、渦巻きも表している形なので火除けのお呪いにもなるそうです。

 

灯屋2銀座店では、店内の暖簾を季節ごとに掛け替えています。

ぜひ、美しい布たちをご覧下さい。

 

徳永

新入荷ビーズ半襟

かわいらしい半襟が入荷しました。

新春の日射しを集めてキラキラと輝いています。

襟元が明るいと、気持ちも華やぎます。

ビーズ半襟のお手入れは、手洗いで構いません。

やさしく洗い、裏からアイロンを当てて下さい。

ビース半襟各種 7000円+税