帯紹介」カテゴリーアーカイブ

新入荷の粋な着物2枚をご紹介

本日は新入荷のちょっと粋な着物を2枚ご紹介いたします。

まずは渋いピンクと黒の大胆な縦枠の単衣。少しシャリ感のある単衣は秋の始まりにぴったり。

合わせたのは先日もご紹介しましたカラスの刺繍の帯。余りの可愛さに再度ご紹介いたします!

次は、斜め格子の袷の縮緬。軽い着心地です。

繻子調の地にアケビの刺繍の帯を合わせてみました。アケビといっても最近はなかなか本物にはお目にかかれませんがこちらの帯でいかがでしょうか?

ちらっと覗く紅絹が抑えた色味の着物の隠し味になりますね。八掛は紫色です。

お求め易い価格帯だけど使えるおしゃれな2点、どちらも対丈でお召しになっても素敵ですね。

銀座店でお待ちしています。

ピンクと黒の縦枠単衣着物:33,000円 裄1尺7寸(1尺7寸8分位まで可)、身丈 4尺5分

カラスの刺繍着物:22−09−21   132,000円

グレーの斜め格子縮緬袷着物:22−09−04   44,000円 裄1尺7寸(1尺7寸5分程可)、身丈3尺9寸

アケビの刺繍の帯:17−10−18   99,000円

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

鬱金色の紬にパッチワークの帯を合わせて

こちらは新入荷の秋にぴったり個性的な色合いの紬です。

着物は鬱金色とでも言うのでしょうか、大きめの紫の十字絣が可愛らしい。

細い上質の糸、とても軽い着心地です。

合わせたのは、こちらも新入荷の縞にキノコのパッチワークの帯。

渋いオレンジの八掛が良いアクセントになっています。

昨日辺りには季節の変わり目を感じましたが、秋に向けての着物のご準備はいかがでしょう?

軽い着心地の着物で、爽やかなこれからの季節に備えて下さい。

鬱金色に紫の十字絣紬 66,000円 裄1尺7寸2分、身丈4尺1寸

縞にキノコの名古屋八寸帯:22−09−06 44,000円

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

収穫の秋、雀の姿も様々

雀と稲穂に鳴子、稲刈りを思わせる懐かしい風景を帯に映して、紬2種に合わせてみました。しっくり秋深まる街に溶け込む装い、茶系の暖かさが嬉しいこの季節ならではのお楽しみ。

雀と稲穂と鳴子のカーキ縮緬名古屋帯 77000円 身丈4尺2寸 裄1尺6寸8分

久米島紬 77000円 身丈4尺1寸5分 裄1尺7寸5分

茶と緑小格子の合わせ紬 77000円

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

伊兵衛織の帯と本場結城の着物で最高のおしゃれ

伊兵衛織の小布を継いだ素晴らしい帯が3点出来上がりました。

本場結城の着物と合わせて、最高の着心地とおしゃれをお楽しみください。

伊兵衛織は浜松市高林家で生産された絹織物ですが、糸となる玉繭(2頭の蚕によって生み出されるれる繭)から手紡ぎされる糸の在庫がなくなり、2013年10月以降は生産を中止しています。

極めて貴重な布を継いだ帯です。

着物は太い糸から手織りされた、しっかり、しなやかで、あたたかく、シワになりにくく、冬でも単衣でお召しいただけます。

 

 

 

伊兵衛織り継ぎ名古屋帯
286,000円(税込)
帯22-09-17

本場結城(証紙付き) 220,000円  身丈4尺5分(約153.4㎝)  裄1尺7寸(約64.4㎝)

 

 

伊兵衛織り継ぎ名古屋帯
286,000円(税込)
帯22-09-16

サーモンピンク色本場結城 154,000円  身丈4尺4寸(約166.6㎝)  裄1尺7寸(約64.4㎝)

 

伊兵衛織り継ぎ名古屋帯
286,000円(税込)
帯22-09-18

藍縞本場結城 260,000円  身丈4尺2寸(約159.1㎝)  裄1尺6寸4分(約62.1㎝)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

 

狙ってます👀

嬉しい収穫の季節です。

田んぼの稲も、秋の実もたわわに生りました。

人間と同様、鳥たちも大喜び。

 

柿に狙いを定めているのはカラスです

紬地カラスの名古屋帯
132,000円(税込)
帯22-09-21
灯屋2の創作帯

 

狙われている柿があまりにも美味しそうなので仕方ありませんね!

紬地柿の名古屋帯
132,000円(税込)
帯22-09-20
灯屋2の創作帯

 

稲刈りが全国でたけなわの頃、雀たちも一生懸命です。

鳴子の仕掛けも秋の風物詩。

その音や雀のさえずり、稲穂の香りさえ感じるようです。

 

稲穂に雀海松茶縮緬名古屋帯
66,000円(税込)
帯22-09-05

 

稲穂に雀金茶縮緬名古屋帯
66,000円(税込)
帯22-09-04

 

稲束に雀文様染め名古屋帯
27,500円(税込)
帯22-09-03

 

どうか台風の被害も少なく、豊作がかないますように!!

 

 

竜田姫ゆかりの縮緬染め帯

春を司どる佐保姫、秋を司る竜田姫はともに着物に繋がる神様、深まる秋に紅葉を染め出したやさしい手触りの縮緬の染帯5点のご紹介です。

業平の「ちはやふる神代もきかず竜田川唐紅に水くくるとは」がすぐ思い浮かぶ錦繍の竜田川近くの竜田神社のご祭神竜田姫は裁縫の神様、染色の神様としても知られ、着物好きにはご縁深い神様です。

美しいこっくりした色合いの竜田姫ゆかりの紅葉の帯をしめて、秋の街にお出かけになったら素敵です。

ベージュ地にしっとりとた色合いの粋な粋な帯 33000円

薄いグレー地に若々しいいかにも紅葉らしい帯 44000円

左 鮮やかな青地に流れに大きな紅葉の帯 44000円(22-5-11)9尺3寸

右 茶地に多色の紅葉の中に桜を配した華やかな帯 43200円

右 薄クリーム地に何種かの紅葉した木の葉を合わせた可愛い帯 55000円

黄八丈が来てるような予感?

黄八丈は、独特の色合いで、一目でそれとわかる個性を持った着物。

それだけに帯合わせが悩ましいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本日は、黄八丈にバティックの継帯を合わされたお客様に触発されて、黄八丈と外国裂の継帯のコーディネートをご紹介します。

合わせたのはラフィアとバティックと吉野格子とがコラボした継帯。

全体的にぐっとモダンな印象になりませんか?

帯も存在感では黄八丈に負けていませんね。黄八丈の細かい織もご覧いただけますでしょうか。

この他にも色々な黄八丈をご用意しています。

織や色、質感もそれぞれ違います。この他に店内には黄八丈の継着物もございますよ。

黄八丈の帯揚げもご用意していますよ。

個人的には今年は黄八丈が来ている気がします(予感)!

ぜひ、皆様もお試しくださいませ。

黄八丈着物 154,000円(税込)裄1尺6寸9分(1寸程度裄伸ばせます)、身丈4尺2寸7分

22-05-30 ラフィアとバティックと吉野格子継帯 100,000円(税込)

黄八丈帯揚 55,000円(税込)

黄八丈着物 左から、154,000円、240,000円、165,000円、詳細お問合せ下さい!

 

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

 

秋の味のある素材の半幅

秋の雰囲気が漂って来ました。

着物ご無沙汰の方も、涼しくなって来たので、簡単に半幅帯でお出かけしませんか?

今日のご紹介するのは、素材に独特の味のある半幅帯です。

まずは伊平織。無地で使いやすそう!

次にざざんざ織。

着物から作ったもので、少し光沢があり、きちんと感あります。

そして最後に伊平織をもう1本。

少し巾が狭く、13.5cmでこちらは裏無し、より気軽にお締めいただけます!

気軽に着られてカッコイイ味のある半幅帯たち。

ぜひワードローブに加えて下さい!

伊兵衛織帯 35,000円

ざざんざ織帯22−04−09 65,000円

伊兵衛織帯 22−05−16 88,000円

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

日々の着物

雨がふるごとに、秋らしくなってきました。

暑い夏が終わって単衣の季節が近づきました。

重陽がすぎる頃には、単衣着物に衣替えでしょうか。

ご紹介の着物は、錦紗の小紋です。

暈しの地に流れるように萩が描かれて、これからの季節に纏いたい着物です。

露芝に虫の帯を合わせて、秋の装いになりました。

萩文様の単衣  77,000円(税込) (着物22-08-07) ※お仕立て直し

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)
袖丈:1尺3寸(約49.4cm)
袖巾:8寸5分(約32.2cm)
前巾:6寸5分(約24.7cm)
後巾:8寸(約30.4cm)

 

露芝に虫づくし袋帯   25,000円(税込)

長さ:1丈4寸(約395㎝)

巾 :8寸1分(約30.4㎝)

 

緑石帯留 15,400円(税込)

 

秋の始まりの帯

今日ご紹介するのは秋の始まりに締めていただきたい帯。軽めの素材を選びました。

まずは大正更紗の切継ぎ帯です。素材は綿で軽やかな締め心地です。

大正時代にローラー捺染が登場し、以前より長い反物が作りやすくなり、”大正更紗”も作られるようになったとのこと。

主に男性の間着に用いられたこの洒落た布の色合いは、現代では渋カワといったところでしょうか。

その更紗をこのように様々に組み合わせて、どこにもないおしゃれな帯を作りました。

放射状など様々な形状に美しく継いだ動きのあるお太鼓の表情。

素材の綿は、唐山とも綿薩摩とも違う、ふっくらとしたやさしい手触りです。

次にご紹介するのは、インドネシアの古都ジョグジャカルタの王宮に伝わるソガ染めのバティックに格子の紬を合わせた新作帯。

こちらも素材は綿と軽めの紬。

すっきりと秋の始まりと共に締めていただきたい1本です。よく見ると、バティックにビーズが施されていてさりげない華やかさもありますね。

茶系の着物がおすすめですよ!

8月中は10%のクーポンを進呈しております。ぜひお運びくださいませ。


大正更紗の継帯 20−09−03  132,000円

紬とバティックの継帯 22−06−54  85,000円

銀座店  販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191