帯紹介」カテゴリーアーカイブ

今注目!丹羽木綿の帯

丹羽地方で織られていたその名も丹波布。

一度は途絶えてしまったこの織物を、昭和初期、民藝活動で有名な柳宗悦がその魅力に注目し、復興して広く世に知られることに。

所々に絹糸が入るのが、本来の丹羽布ということですが、それを模して作られたのが、丹羽木綿。

手仕事による素朴な味わいのあるこの布を素晴らしいと思えるのは、現代社会ならではでしょうか。

本日は丹羽木綿の帯をご紹介いたします。

横段縞の帯を本日はすっきりと結城紬の色無地に合わせて

次に紹介するのはチェックの丹羽布の帯

こちらもグレーの無地の紬に合わせてモダンに

この他に格子や縞の木綿の帯も多数ご用意しています。

味わい深い木綿の帯、いかがでしょうか?

丹波木綿茶系上横段帯 55,000円

丹波木綿ブルー系格子帯 44,000円

その他木綿帯全て44,000円

ピンク結城色無地 66,000円 1尺7寸5分、身丈4尺3寸

グレー無地紬着物 25,000円 1尺6寸8分、身丈4尺2寸5分

 

飛翔

飛翔する鶴たちの丸帯をご紹介します。

茜空の雲間を飛翔する丹頂鶴の群れが、流麗に飛び交う様を見事にとらえて意匠化した丸帯です。緯糸に銀糸を入れて、ヤシラミ織のように織り込んだ地に、刷毛染めで朝明けの暈しを入れています。広くさわやかな天空を,我がものにして美しく舞い踊る鶴たちに喝采を送りたいです。

合わせるお着物が格上になりますことを受け合います。

今は引き抜き結び仕様の丸帯で、さすがにハサミを入れられないのですが、ご注文をお受けしてからのお直しとなります。

飛翔する鶴たちの丸帯 165,000円(税込)

灯屋2銀座店 03-3564-1101

www.akariya 2.com

 

 

 

 

 

 

ご来店お客様の装い✨立春

春のはじまり、立春を迎えるにふさわしく、陽光のような数少ない宮田あや作の紬をお召しです。

茜の江戸裂が、綺麗ですね。

 

手の混んだ切りビロードの道行もまた、希少になりました。

春とは、言え、これからもまだまだ、寒さが続きます。

こんな時には、春色の道中着♫♪紬にも柔らか物にも身体を包む、優れ物です👍

裂織の道中着、彩りの春♫

茶色の結城に丹波木綿の格子半幅帯♫♪最高ー素敵♫黄色の水晶で幸先佳⭐️

華やかな小紋羽織は、休日のお出かけに楽しさを添えてくれます♪♫

水玉の結城に赤い帯が、キュート😍

色合いも素敵、モダンな模様、時代の香りが漂います♪♫

ご家族の羽織をお仕立て直して、愛着されてます。

お祖母様も喜ばれてらっしゃいますね✨

1月も沢山のお客様にご来店頂き、ありがとうございました。

灯屋2銀座店 中央区銀座2-6-5 アサコビル2階

☎︎ 03-3564-1191

営業時間11時〜19時 水曜日定休日

 

 

銀座の風景〜チョコレート、チョコレート!

2月の声を聞くと、がぜん気になってくるのはバレンタインデーでしょうか?

灯屋2の斜向かい、松屋銀座のショーウィンドウは今、チョコレートのオンパレード。最近は高級なものをご自分用にお買求めのお客様も多いとのこと。

そこで本日はバレンタインにちなんで、チョコレート色のコーディネートをご紹介。

絣が素晴らしい結城紬に、チョコレート色で染め分けられた染帯、刺繍も見えるとても凝った帯。

次はニュアンスのある縦縞の結城にざざんざの半幅帯。

小物も茶系でまとめて、チョコレート・コーデ。

冬の銀座でお待ちしています。

結城紬模様 189,000円、1尺8寸2分、身丈4尺3寸、縞に丸の染め分け文様帯22-09-02(HPと柄が少し違います) 52,500円

茶地縦縞結城新機袷 19-10-31 154,000円 裄1尺8寸2分、身丈4尺3寸、ざさんざ織茶半幅帯22-04-09 65,000円

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

灯屋2 森あみさんの作品から〜継帯〜

今日は、森あみさんの作品を紹介させて頂きます。
森さんは、長い間、アトリエで帯制作の仕事に携わっていましたが、
今は在宅で、主に、コラージュや継ぎ帯を創作しています。
江戸縮緬や更紗、外国布、味のある昔の紬にビーズも入って、楽しく個性溢れる帯たちが仕上がって行きます。

鋭い色彩感覚に、時にユーモアのスピリッツが混じって、小裂たちのコーラスが聞こえてくるようです。
その作品たちをご覧になってください。

まず、代表作の一つ継帯から。

最新作、雪中夫婦烏に江戸小紋寄せ裂帯 23−01−10  132,000円

まるで軸のように大胆な烏の絵を楽しみます。

着物も個性的な片身替わり。

紺地濃淡結城縮寄せ裂 22−12−10 身丈4尺3寸5分、裄1尺8寸 176,000円

 

次に、22-11-44 江戸縮緬仔犬雪遊び文様の継ぎ名古屋  100,000円

かわいらしい仔犬の江戸縮緬を活かすように江戸小紋、黄八丈、茜染、紫根染も見えます。

着物参考商品

 

次に、22−09−15 江戸裂継ぎ名古屋帯 198,000円

柔らか物だけでなく、上質な紬にも対応するシックな中にも華やぎのある作品。

こんなすっきりしたキレイめな紬にも、優しい後ろ姿で。

着物 紅下染 ぜんまい織 22−09−14  154,000円(証紙付き) 身丈4尺2寸5分、裄1尺7寸3分

その他、雰囲気の違う作品がまだまだありますよ。

ぜひ、森あみさんの世界をお楽しみください。

灯屋2では、1月中はお買上商品10%のクーポン券と、ご来店全員の皆様に半衿をプレゼントしています。いよいよ1月も終わりに近づきました。

ぜひ、この機会にお求めください!

 

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

銀座の風景 

上演中の初春大歌舞伎、話題のひとつが坂東彌十郎さんが主演する「人間万事金世中」(にんげんばんじかねのよのなか)です。彌十郎さんはNHK「鎌倉殿の13人」での当たり役で、すっかり人気者になりました。金の亡者の主人公役ですが、嫌みがないのがお人柄でしょうか。

作品は歌舞伎としては珍しく、明治時代を舞台にした人情喜劇です。没後130年になる河竹黙阿弥作による翻訳もの。米相場や絹にかかわる商いで身上をつぶしたなどという話が登場し、当時の時代背景も垣間見れます。男性の登場人物の髪型もまげではなく散切り頭で、この手の芝居をいわゆる「散切物(ざんぎりもの)」と言うそうです。

女性の登場人物はまだまげを結っていて、着物や羽織、コート姿はまるで当店にも置いていそうな風情で登場する点もなかなか興味深いです。

着物姿で訪れる歌舞伎座は格別なもの。歌舞伎座のお宝名画の前での写真撮影もお勧めです!

ぜひ、歌舞伎をご覧になって、お帰りは灯屋2まで足をお運びください。

週末に新作帯が入荷しています!

灯屋2では、1月中はお買上商品10%のクーポン券と、ご来店全員の皆様に半衿をプレゼントしています。ぜひ、この機会にお求めください!

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

初春月のお客様の装い

1月に素敵な装いでご来店のお客様をご紹介させていただきます。

お客様の華やかな装いで、店内も一層明るく賑わいました!


無地紬に椿の豪華な刺繍帯でご来店!!

ふっくらと盛り上がった刺繍がシンプルなコーディネートを素敵に演出しています。

 


華やかなお着物に、灯屋2オリジナルの梅の刺繍帯を合わせて下さいました。

1月の装いにふさわしい華やかさです。

明治時代の江戸小紋に、江戸裂の帯で抑えた華やかさでご来店!

慎ましやかな時代の品が漂います。

付け下げに華やか半幅帯でご来店いただきました。

松竹梅が織り出された豪華な半幅帯をサッと結んで来られた感じが粋です。

浦野理一作の縦節紬に梅に鶯の帯。

無地とはいえ表情豊かな紬を季節の帯でコーディネートされて、素敵な取り合わせです。

梅の羽織を纏って、季節を満喫!!

素敵な装いでご来店いただきまして、ありがとうございます!!

お年賀着物で気軽に始めてみませんか?

灯屋2では新春のお年賀着物として、お買い得のお着物をご用意しています。

お求め易いお値段で、かつ素敵な紬を揃えました。

気軽に半幅帯でコーディネート、これを機会に着物を始めてみませんか? 只今お買い上げ金額の10%のクーポン券も進呈しています。

可愛い大きな絣模様は新春の気軽なおしゃれに最適。

次は優しい若草色にオレンジ、紫の縞着物。

 

微妙な色合いが素敵ですよ!

 

インドネシアの織の半幅帯で。その他にもいろいろ揃っています。

ご来店の方全員に素敵な古布の半衿もプレゼントしています。

ぜひ、お立ち寄り下さい。

 

オレンジの絣紬 44,000円 裄1尺7寸5分、身丈4尺2分

ざざんざ半幅帯 22−04−09   65,000円

若草色縞着物 30,000円 裄1尺8寸、身丈4尺2寸5分

インドネシア織半幅帯 22,000円

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

「おとなの週末」12月号のお知らせです❣️

 いよいよ2023年が、やってまいります。

すでに講談社から発売には、なっておりますが、「おとなの週末」12月号で、女優   吉田羊さまが、 「おと週」初の人物表紙となった記念すべきカラー表紙、巻頭から、4〜5頁に美しいお着物姿でご登場されています。

お召しになられているお着物と帯は、ご自身が、灯屋2銀座店にてお求めいただいた、黄色の結城紬とオリジナルの創作帯に丸ぐけもご着用頂いてのお姿です。

しっかりとご自身のお着物スタイルをお持ちの吉田羊様らしい灯屋2にとっても、とてもとても光栄な「おとなの週末」を合わせて「ヒツジメシ」お正月のお楽しみにお薦めいたします。