そのほかの商品」カテゴリーアーカイブ

白梅の小紋

先週末は、銀座でもちらほら雪が降りました。

そんな寒さを耐え抜いて、美しく咲き誇る白梅の花、今の季節にふさわしい素敵な小紋のお着物が入荷いたしました。

紅色の地に、黄色と黒、青の横線、油絵のように描いた染めが、モダンな印象を与えてくれます。

合わせた帯は、浦野の経節紬帯。経糸の曙色と、緯糸の藍と黄色、遠目に見ると紫と黄金色の縞に見えます。個性的な着物にも、見事に調和してくれる帯。

瓢箪の帯留と着物の白梅柄が、まるで雪のような色合いで、コーディネートを爽やかにみせてくれそうです。

梅の季節を感じながらのお出かけ、ぜひお楽しみください。

紅色に白梅の小紋(着物19-2-01):120,000円+税

身丈:4尺4寸(約167.2cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

浦野理一作 経節紬変り棒縞名古屋帯(帯18-11-06):140,000円+税

瓢箪の帯留(象牙):30,000円+税

新入荷ビーズ半襟

かわいらしい半襟が入荷しました。

新春の日射しを集めてキラキラと輝いています。

襟元が明るいと、気持ちも華やぎます。

ビーズ半襟のお手入れは、手洗いで構いません。

やさしく洗い、裏からアイロンを当てて下さい。

ビース半襟各種 7000円+税

 

 

心新たに~

仕事始めを迎え、心新たに今年の目標を掲げられた方も多くいらっしゃると思います。
そんな心意気を後押ししてくれる物語のあるコーディネート。

大海原を力強く突き進む帆船が描かれた訪問着は、ご自身の、仲間の、家族の、新たな船出を祝福し応援してくれているようです。
帯はインドネシアの金モール織、帯留は愛らしい象の形をした象牙を合わせ、大航海時代を彷彿とさせる異国情緒たっぷりの装いになりました。

波しぶきに帆船訪問着(着物16-4-6):120,000円+税
身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)
インドネシア・モール織の名古屋帯(帯16-12-28):170,000円+税
象の帯留(象牙):31,000円+税
新春のお集まりの席などに、ぜひお楽しみください。

新春の小物

新年明けて、お正月の賑やかさから、少しずつ、いつもの平日に戻りつつある銀座です。

灯屋2銀座店には、普段の着物コーディネートに少し加えるだけで、春の香りが漂う小物が、いろいろ揃っております。

銀座店は7日より通常営業しております。

梅刺繍半襟:16,200円+税

張子虎の帯留(ツゲ):35,000円+税

可愛らしい虎、首が動きます。

桜刺繍半襟:8,400円+税

桜と鼓の帯留(象牙):ご売約済

 

春の訪れが待ち遠しくなりそうな帯留や半襟、小物で楽しんで見て下さいね。

紋織の美しさ

先週土曜日から始まりました「インドの布の帯展」へ、連日たくさんのお客様にご来場いただきまして、誠にありがとうございます。

出来上がったばかりの帯が、今たくさん店頭に並んでおります。

その中から、パーティー仕様にコーディネートいたしました。

金糸で織り出された花唐草模様の紋織の帯。

インドサリーからお仕立てしました。

異国情緒あふれる布を帯として、纏ってみませんか?

合わせた着物は、黄金色のグラデーションが美しい、柔らかな紬のお着物。

糸の艶が美しい帯と着物に、エレガントなカットの煙水晶の帯留。

さりげなく大人のおしゃれをお楽しみください。

インド紋織り名古屋帯(帯18-12-48):60,000円+税

黄金色横段ぼかし紬:ご売約済

身丈:4尺2寸8分(約162cm)

裄丈:1尺8寸(約68cm)

煙水晶の帯留:ご売約済

クリスマスシーズン、銀座へお出かけの際は、ぜひ灯屋2銀座店にいらしてくださいね。

お正月に向けて

昨日まで開催いたしました「迎春のきもの展」、連日たくさんのお客様にご来場頂き、本当にありがとうございました。スタッフ一同心より御礼申し上げます。

12月も半ばに入り、少し早いですが、新年に思いをはせてみました。

梅と松、落ち着いた優しい色合いの刺繍が美しい帯。合わせた帯留は、鶴と亀。

初詣などお正月のお出かけの装いに、おすすめです。

梅と松の刺繍名古屋帯:38,000円+税

べっ甲亀の帯留:18,000円+税

べっ甲に亀の甲羅模様や尻尾まで、細かく彫り込まれています。

象牙鶴の帯留:ご売約済

仲睦まじい鶴が二羽、丸みを帯びたフォルムが可愛らしい帯留です。

吉祥文様である松と梅の刺繍帯で、お正月のおめでたい雰囲気を、

長寿の象徴、鶴亀の帯留で、健やかに新年をお迎えください。

クリスマスパーティーに

「迎春のきもの展」開催中です!

12月に入り、銀座の街はクリスマスイルミネーションで光り輝いています。

お出かけ着物のコーディネートにも”キラキラ”を取り入れてみませんか。

紗綾形地紋のふくれ織が施された小豆色の地に、金や銀の雪の結晶模様が刺繍やビーズで表された帯。

花びらの冠を形取った台に一粒真珠が、可愛らしい帯留を合わせました。

雪の結晶ビーズワークの名古屋帯(帯17-11-14):95,000円+税

一粒真珠の帯留(サンプラ台):12,000円+税

金銀にブルーやピンク系の刺繍糸で雪の結晶模様が表された黒地の帯と、

四つ葉形の黄水晶の帯留。

黒地雪の結晶刺繍名古屋帯(帯17-12-16):80,000円+税

四つ葉形の黄水晶の帯留:17,000円+税

忘年会やクリスマスパーティーとお集まりの機会が多い季節。

すっきりとした無地の着物にも、輝く冬のモチーフを取り入れて華やかな装いをお楽しみください。

きらめく季節に

1日から始まりました「迎春のきもの展」も6日目に入りました。
この催事中にも新たなお品物が入荷しておりますので、是非お立寄りください。

12月に入り、行き交う人もどこかウキウキ軽やかな足取りですね。
ドレスアップしてお出かけしたい今日この頃、灯屋2からきらめきのご紹介です。

どちらもバラの帯留めです。
お友達とのティータイム、ディナーやパーティなどきらめく季節のお出かけのお供にいかがでしょうか?

 

バラの帯留め 税込12,960円

 

バラの帯留め 税込18,000円

どちらの帯留めも2分紐で締めていただけます。

今回合わせたインドサリーの帯です。
とても明るく軽い帯で、パーティシーズンにピッタリです。

インドサリー帯 20,000+税

アンティークの二部式襦袢

冷たい風が吹くのを、一番はじめに敏感に感じるのは、お肌。
そうなると、下着に心をくばりたくなる季節です。
暖かさだけでなく、豊かさも欠かせません。
アンティークの襦袢は、着物よりも華やかなものが多いです。
それを、二部式襦袢に仕立て直して、ご提供しております。
状態の良いまま、今まで残っているものは、たいへん貴重です。
薄くなめらか、肌に吸い付くようでいて、軽やかで暖かい。
古き良き絹の贅沢を、下着で堪能なさって下さい。

また12月1日からの企画展「迎春のきもの展」の準備も進めております。
どうぞおたのしみに、お待ちくださいませ。
皆様の年の瀬が、うきうき楽しくなりますように。
スタッフ一同、ご来店をお待ち申し上げております。

 

アンティーク襦袢仕立て直し
4点共 サイズM
袖丈1尺2寸8分(約48,5㎝)
袖幅8寸5分(約32㎝) 縞柄のみ袖幅8寸8分(約33,3㎝)
裾よけ丈2尺6寸(約98㎝)
35,000円+税

秋の彫金帯留

繊細で美しい彫りが施された帯留、

熊谷好博士作の杢目模様の帯を、水面に見立てて合わせてみました。

 

木の葉の帯留 28,000円+税  (銀・銘入り「春芳」)

葉脈や小さな虫食い跡まで彫り込んであります。

竹の帯留 25,000円+税(サンプラ・真珠・ガラス)

葉脈まで極ミリ幅で彫り込まれた笹の葉に、一粒の真珠とガラスが、夜露のように見えます。

熊谷好博士作 水色杢目の帯(帯17-4-8) 64,800円+税

水面に映る落ち葉や、笹の葉、帯や帯留で、秋のおしゃれをさりげなく楽しんでみてくださいね。