投稿者「ginza」のアーカイブ

初夏に向けて

爽やかな風が吹く季節になりました。

花々が美しく咲いていく様子を眺めながら過ごしています。

ご紹介の着物は、菖蒲の小紋です。

本手刷りの型友禅で染められた図柄は、手がこんでいて味わい深い印象です。

ジョーゼットのように柔らかく体にまとわりつく昔の単衣着物は、今はなかなか味わえない質感で涼しい着物です。

帯は、菖蒲の花の上を鳥が舞う様子で合わせてみました。

初夏の景色を纏う気持ちで、楽しんではいかがでしょうか。

 

簾紋に菖蒲の単衣小紋  88,000円(税込)     (着物18-6-51)

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄 :1尺6寸8分(約63.8cm)

 

流水に鳥の織名古屋帯  22,000円(税込)

翡翠玉帯留  16,500円(税込)

おもしろ柄のモスリン帯とすっきり久留米単衣

おもしろ柄のモスリン帯のご紹介です。モスリンとは薄手の平織り生地のこと。日本では主にウールで織られた物のことを言いますが、子供の頃に親しんだ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日本では、明治から戦前頃まで広く親しまれましたが、その後、化学繊維の普及で徐々にその姿を消すこととなります。

軽くて暖かいモスリンは子供の着物にも良く使われていたそう、それでこんなに可愛い絵柄があるのですね!このモスリンに、江戸好みの縞を継いでオリジナリティ溢れる帯になりました。

深めの藍がすっきりとした、非常に糸の細い薄手の久留米をコーディネートしてみました。こちらもなかなか貴重です。

春の楽しいお出かけにいかがでしょうか?

 

久留米絣単衣 66,000円 21-4-23 身丈:3尺9寸5分(約150.1cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

おもしろ柄継ぎ名古屋帯 66,000円 21-04-27

充実の歌舞伎座、文楽では吉田簑助さんが引退発表

新緑の季節、芽吹きを感じる色の袷の紬はいかがでしょうか。

地色は、明るい黄檗(きはだ)色で、黒い縦糸の節がアクセントになって、軽快感を生み出しています。

また、八卦は、丸ぐけと同系色の萌葱(もえぎ)色で、芽吹き感が増します。

帯は、丸帯を名古屋帯に仕立て替えたもの。

「菊は季無し」と言われ、デザインとして、いつの季節にもお召しになれます。

地色の紫に、明るい色の菊の連続模様が、華やかさえを添えます。

カジュアル感のある紬の縞に、丸帯が品を添えて、グッとお出かけ感が増しますね。

さらに、籠巾着をお持ちになるといかがでしょうか?

こちらは、浦野理一のあられ模様の江戸小紋四枚を継いだもの。

着物らしさが、増しますよね。

今月は歌舞伎座の仁左衛門、玉三郎の「桜姫東文章」の上演で、気持ちは上がりっぱなしでしたが、昨日、残念なニュースがありました。

それは、文楽人形遣いの人間国宝、吉田簔助さんが、今月の大阪公演で引退するということです。

「エッ!!」と驚きましたが、すでに87才であることを知り、また、今の状況では東京公演には参加できないので、この急な引退もいたしかたないなと・・・。

人形は三人で遣うものですが、最近は、簔助師匠の腰の辺りをささえるお弟子さんが、もう一人ついていました。

出演時間がわずかでも、師匠が出ると、客席からは大きな拍手が湧き、短い場面でも、うっとりとした特別な時間が流れます。そういう別格の方でした。

「素晴らしい芸を、今まで見せてくださってありがとうございます」という、感謝の気持ちでいっぱいです。

袷紬着物:着丈4尺2寸/裄1尺7寸 55,000円

名古屋帯:22,000円、丸ぐけ4,500円、帯揚げ、4,300円

籠巾着:28,000円 籠サイズ 17X20X5cm(価格はすべて税込)

 

 

春の陽

燕の可愛い姿に出会えるのも、もうすぐでしょう。

着物を着ているのが、ちょうど心地良い気温です。

ご来店頂いたお客様の季節の装いをご紹介させて頂ます。

店内は、お掃除の際には、畳を除菌して、営業時間中は、風を通して換気を良くしております。

ご来店の際には、除菌にご協力お願いいたします。

4月14日(水)は、定休日を頂きます。

 

銀座の柳も風に揺れてます

 

外国布を帆に波しぶきをあげて進む船をコラージュした灯屋2の創作帯。

明るい縞の紬に大空を飛ぶカモメの姿、爽快です。

笹の小紋に雀踊の帯。楽しい装いですね♪

春爛漫蝶々の羽織

浦野理一経節紬に華やかな刺繍帯

更紗という響きは、魅惑の世界です。

袖からのぞく、お襦袢の更紗も素敵ですね。

春の銀座へ、皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げます。

そろそろ衣替のお支度を

空気が澄んで、緑が青々と鮮やかに見える季節となりました。

まだまだ肌寒い日もありますが、季節は着実に移り変わっていきます。

そろそろ衣替をする気持ちになってきました。

ご紹介の着物は、今はもう作られなくなった錦紗の単衣着物です。

透け感がなんとも言えず美しく、描かれた文様と重なって優美な雰囲気です。

雲取りの合間から見える可憐な草花や千鳥が舞う様子を楽しみながら着る着物です。

穏やかな遠山文様の夏帯に鼓の帯留を合わせて、新緑の季節を楽しみたいです。

 

藤暈し秋草の単衣付下  49,500円(税込)  (着物21-04-16)

身丈:4尺(約152cm)
裄 :1尺7寸3分(約65.7cm)

 

黒地絽綴遠山に波織名古屋帯 27,500円(税込)

鼓の帯留(オニキス)    38,500円(税込)

 

新入荷 二部式襦袢袖

とても柔らかい質感のアンティーク布で仕立てた襦袢袖です。

貴重な布で、裾除けは作れませんでした。

マジックテープが付いているので、半襦袢にセットしておたのしみください。

肌触りも心地良い、極上の下着のお洒落をどうぞ。

 

 

アンティーク布で仕立てた襦袢無双袖

紫水仙文様

青傘文様

どちらも税込価格 26,400円

寸法どちらも袖巾 8寸5分(約32,2㎝)    袖丈(約48,5㎝)

 

軽やかに縞の単衣とジャワ更紗帯

今日は少しひんやりとしましたが、まさしく春ですね!

皆様もそろそろ単衣を探されている頃でしょう。

新入荷の深いグリーンの粋な細縞の単衣をご紹介しますね。

お財布にも優しいこのお着物、気軽なお出かけにいかがでしょうか?

ジャワ更紗の帯を合わせてみました。

チャンチンという道具を使って、手仕事によるろうけつ染め(バティック)で、非常に繊細な文様が描かれています。

バティックは、そのほとんどが両面染めとなっていますが、制作には半年はかかるとても手の込んだもの。

綿の布地も砧打ちされた、上質で滑らかな肌さわりです。

青みがかったグリーンと辛子色に茶がアクセントで入っています。

翡翠の帯留めと三分紐ですっきりと。

ジャワ更紗帯 21-4-6

縞の着物  裄1尺7寸5分 身丈4尺2寸

翡翠の帯留と三分紐 24,000円(税込)

 

 

 

 

4月大歌舞伎『桜姫東文章』初日観劇

汗ばむような陽気が、ちょっと冷んやりしたお天気に変わりましたね。でも、一度明るくなった日差しは、私たちの気持ちを春に変えます。

そんな時にぴったりなのがサリーの帯。キラキラ感と、生地の透け感が、何とも春らしい。単衣の時期にも使えるので、今揃えておくと、とても役立ちます

さて、4月歌舞伎、初日のご報告です。

待ちに待った芝居。開演5分前になると、ドキドキしてきました。

仁左衛門と玉三郎の清玄と白菊丸が、花道に登場。その時の拍手の、なんと熱かったことか❗️このゴールデンコンビの奇跡の復活上演を、皆が、心から喜んでいるのを感じました。

6月の第2部で、今月の「上の巻」に続き「下の巻」が上演されることも発表されました。本来4時間ほどで通し上演される演目なので、予測はしていましたが、やはり嬉しい😃

いつもは借りないイヤホンガイドですが、2人の特別放送があるというので借りました。

開幕前は玉三郎丈の演目の解説。幕間には仁左衛門丈へのインタビューで、柔らかいお声が聞けて、気持ちが上がります。

桜姫は、赤い着物に、キラキラとした華やかなかんざしの「赤姫」姿。世間知らずのお姫様感、満載です。

仁左衛門丈の高僧清玄は、さすがの品格です。白塗りから化粧替えして悪党の釣り鐘権助になるのですが、なんとかっこいいことか!

この演目の最初の見せ場が、桜姫が権助と出会い、急に変わっていくところですね。恥じらいながらも積極的に迫り、権助はシメシメ。そして、ポスターにもなっている2人の濃厚な濡れ場に💕。

今回、私が新たに見つけた楽しみは、破戒して桜姫を求めてさまよう清玄です。仁左衛門様が、こんな情けない役をすることはないので、なんだか新鮮で可愛くて、すっかり好きにってしまいました。これからどんな風に役が深まっていくのか,楽しみです。

サリー名古屋帯 税込価格

抹茶色とオレンジ色 71,500円

白地 66,000円

 

 

 

 

 

素敵!ジャワ金更紗の継ぎ名古屋と伊兵衛織

わぁ!思わずため息の出てしまうジャワ金更紗の継ぎ帯の登場です!

時代を経た渋い光を放つジャワ金更紗をメインに継ぎ、ヨーロッパ更紗の繊細な美しさもお楽しみいただけます。インド更紗、大正更紗の姿も見えます。

とても素敵なハイグレードな帯になりました。どんな着物に合わせましょうか?

本日は大人気の伊兵衛織を合わせてみました。伊兵衛と言えば、着物自体個性が強いイメージですが、こちらは個性ある帯も受け入れる洒落紬。

芝かん茶に黄土色が交差し、細い縞が織り出されています。

伊兵衛の中でも薄手なのでとても着やすいと思いますよ。

歌舞伎役者にちなんで江戸時代にたいそう流行ったお色だそう。

どこか時代感覚がマッチする組み合わせになったでしょうか?

ややくすんだオレンジ色の帯揚げと真田紐に紺色のトンボ玉も密かなアクセントですよ。

 

ジャワ金更紗の継ぎ名古屋帯 21-04-10 264,000円(税込)

伊兵衛織着物 21-04-04 154,000円(税込)

トンボ玉帯留めと真田紐 13,200円(税込み)

帯揚げ 3,500円(税込)

 

 

 

 

 

ツバメの単羽織

4月になり、まるで初夏のような気温になりました。

ごれからは単衣にご注目下さい。

海のようにも空のようにも見えるブルー。

ツバメがたくさん舞飛んでいます。

なんて美しい羽織でしょう。

まるで翼を手に入れた気持ちになります。

 

大波に片輪車と燕の単衣羽織

着物20-04-21

身丈:2尺5寸7分(約97.6cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)