お客様のお写真」カテゴリーアーカイブ

青梵ギャラリーで夢のトークショー

青梵で開かれたガラス作家、狩野智弘氏によるトークイベントに行ってきました。

氏は40年前、灯屋創業時のアルバイター一期生であり、日本画の狩野派の末裔でもあります。

ガラスの造形作家で、パートドヴェール技法を使う大きな作品は、近美をはじめとするミュージアムや、コンラッド東京の車寄せスペースにも見ることができます。

そして最近、茶道の世界観に触れて、抹茶茶碗を作り始めたそうです。
今回は、特別に、中でもお気に入りの1客を拝見することができました。


飲み干した時、茶碗の中に宇宙が内包されている、と見える。
画像をごらんください。

一見、黒楽、光にかざすと、どうでしょうか。

麻布のアトリエでは、帯留め教室もやっているそうです。
興味おありの方は、検索してみてくださいね。

当日は、続いて津軽三味線、それからなぜか、発酵デザートのトーク販売会、最後はシャンパンで乾杯!と、青梵2階の非現実空間は盛り上がっていきました。

来春は、花見の会をやるぞー。

ご満悦の灯屋2店主

やっぱり、笑顔のアニバーサリー

 

 

 

お誕生会盛況でした。

昨日は、6月とは思えない極暑になりましたが、それにめげないで、それぞれ美しいお姿でお集まりになりました。

みなさま、どこそこに行こうではなくて、灯屋2に行きたいから、出かけていらっしゃると言う事のようで、我々を本当に喜ばせてくれます。

冷たい飲み物で乾杯をして、通りで記念撮影をと、気がついたらすでにホコ天は終わっていましたが、みなさまのはじけるような笑顔をご覧いただきたいです。

そして、今後ともおしゃれをしてお出かけ下さいませ。

お待ちしています。

灯屋2 店主渋谷

 

灯屋2銀座店 中央区銀座2-6-5アサコビル2階 営業時間11時より19時まで

定休日水曜日   電話 03 3564 1191

 

 

 

 

ご来店お客様の装い✨季節の頁 晴明〜穀雨〜立夏へ

鳥たちのさえずりが、青空に響きわたる

山間には、雉のつがいもよく顔を見せていたっけ、刺繍に愛でた、雉と笹、日本の美。

小雨の日でもお着物でいたいから、綿の単衣に季節の帯は、銀座で遊ぶ、お散歩きもの♫♪

枇杷の黄色が、新鮮です!

浦野理一の布で作った、花緒、お草履にすげていらっしゃいます。

綿唐桟は、クセになる♫外国裂は、はまっちゃう♪♫

さらり縞着物、やさしさが、漂います

綿薩摩、花唐草文様の絣、印影に和更紗の花文様が、浮かんでます

更紗の源流、インド更紗が、日本で花開いた和更紗名古屋帯

久留米絣の綿は、ハートに触れて、ほっとする感触、面白柄が、いかにも楽しそうな半幅帯

丸ぐけは、灯屋2ツートーンの丸ぐけとチラリ、サリーのお襦袢♫かわいい

 

黄八?いえいえ、浦野理一作、木綿の縞着物。

浦野染織工房は、本当にたくさんの織物や染め物を作り出したのですね!


和更紗の継ぎ帯を合わせた、丸ぐけのお色が、絶妙です💕

インドネシアのバタビアとよばれる地白染めバティックの名古屋帯。

白い部分を蝋でふせて防染し、藍甕に付けて染める、希少な布、バティックです。

インドネシアのジャカルタを昔、バタビアと呼んだそうです。

ロマンティックですね、なんだか、よけいに愛しく思えてきます。

浦野理一の花緒もキュートです✨🇺🇦ご自身で組んだ道明の帯締めを合わせていらっしゃいます。

唐桟の継ぎ着物に青楓の継ぎ帯は、灯屋2のオリジナル♫♪

藍を中心にした縞、色の組み合わせの無限に広がりを感じます。

この時代の唐桟は、砧打ちが、されているので、まるで、絹のようななめらかな感触です。

こちらは日本の蓼藍で染めた、多色の型染め名古屋帯をお召しです。

きっちりとした仕事にまさしく、日本の職人気質を感じさせてくれます。

綿薩摩とバティックの相性は、着心地が、抜群に良い事でもわかります。

何ヶ月もかけて、作られる手仕事のジャワ更紗、南国の明るい色と柄が、藍に映えて、配色も最高!

久留米絣の明るい水色、菱紋の絣は、森山虎雄作の単衣だそうです。

小さな菱紋が作る、きっちりと並んだ、斜めの線が、綺麗です。

限りなくさりげないやさしい縞の美しさ、藍を引き立て、明るく寄り添う素敵な帯。

浦野理一の型染めは、目を引き付ける魅力を持っていますね。

迷ったら、藍の紬にお洒落帯のお出かけなら、1日を楽しめそうです。

浦野理一といえば、ミスター♪♫ご登場!

木綿の弁慶格子は、浦野理一作品の中でもミセスでも不動の人気だったそうです。

 

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

 

 

 

 

 

ご来店お客様の装い✨季節の頁・晴明〜穀雨

ドクダミも白い花をつけました、小雨の日は、紬や木綿が大活躍!

浦野理一継ぎ着物「江戸格子」に灯屋2創作のコラージュ帯をされています。

お着物も帯も大事に愛されているのが、よくわかります。

ブルートーンの小物を合わせて、上手な着こなしです。

 

緑一面の田園に舞う、白鷺の刺繍帯。

浦野理一の経節紬に可愛いレンゲとスミレの刺繍は、灯屋2のオリジナル帯です。

明るいラベンダーが、心を和ませてくれます。

花緒も浦野理一です❣️この花緒へのお買い上げは、経費を除いて、ウクライナ からの学生さんへの京都大学の支援基金へ寄付させていただいております。

白の小格子は、珍しい黄八丈に藤の花が、風に揺れる花篭の灯屋2オリジナルの手描き帯の合わせが、とっても素敵です。

この季節のヒーロー燕の刺繍帯。帯地が、また印象的です。

紬の時にも気をぬかず、小物あしらいでひと味ちがう、着こなしです。

ため息の出る、細工が施された小物入れ、可愛いワンコは、昔はちがう目的で使われていましたが、灯屋2でアレンジしました。ずっと、胸元から、つぶらな瞳でずっと見つめられてらっしゃいます。

 

本場結城は、単衣仕立てが、軽い着心地で少し気温が、低い日でも身体を包む心地良さ、浦野理一作の型染め帯でやさしい大人色のコーデです。

山下八重子作の黄八丈に花織の丸帯が、とっても素敵です!丸帯だから、昔の花織なんだけど、なんとも美しい。

無地紬に、浦野理一ワークショップで作られた継ぎ帯を合わせて、大好きな世界でひとつだけの帯

浦野理一の継ぎ江戸小紋半幅帯は、あられ紋様各色の縮緬が、半幅ながらに存在感を放っています。水玉の可愛らしさとモダンは、不滅の大人気!

黄色の風景絣模様の珍しい結城紬とのコラボに思わず、ご着用の帯と取り替えてお召しになって行かれました。うれしい!!

生成りの単衣紬に丹波木綿の格子が、キュートです

格子や水玉のかっこ良さにまいります

黒髪のボブが、着姿を盛り上げてますね。

アールデコの横段、縞に花、明るくてやさしい感じが、とってもステキ。

黄色が、効いてる、やりますね。

この帯は、浦野理一さん宅に大きな見本裂が、置いてあって、その表装に使われていた型染め布です。

小津映画の中でも、印象的なお太鼓姿が、ありましたね。

ご来店お客様の装いは、続きます。

ご来店お客様の装い✨布を愛しむ

小さな布も愛しんで、灯屋2で継いだ帯は、お客さまのもとでまた、愛されて、身に纏われる。

こんなうれしいことは、ありません。

明治時代の縮緬は、図柄、色、手触りもまさしく、日本の伝統美です。

先人たちに感謝を込めて、こんなにきれいな物を作ってくれて、ありがとうございます。

こちらのお客様は、灯屋2で制作した、浦野理一藍色の継ぎショールを  「2枚合わせたら、半幅帯が、出来上がりますよ♫」とスタッフが、お話したら、本当にご自身でお仕立てして、お召し頂きました。

拍手喝采!まさしく、手仕事のよろこびです。

ミスターの角帯は、浦野理一の継ぎ帯ワークショップで藍の型染め尽くし愛しの帯。

なじみの深い和更紗の継ぎ帯は、ひと目惚れが、多発しております。

迷ったら紬に継ぎ帯の装いが、お薦めいたします。

自身新しいMODOの風を吹かせてみてください。

 

灯屋2銀座店中央通り2丁目で営業しております。

水曜日定休日 営業時間は、11時から19時です。

ご来店のお客様✨晴明の頃〜紬と諸外国布の装い

自然からの色は、心を華やかに喜ばせてくれる。

宮田あや作の紬、日本の色が、海を越えて、茜の帯、インドネシアの浮き織りと出逢った装い

大島紬にヨーロッパ更紗のケシの花が、咲きました

日本の結城紬とラオスの浮き織り、海を越えて、出会った、不思議。

天然の染料が、深い色の紬にとってもきれいです

紫の蚊絣大島紬には、インドのチカンカリ刺繍帯♫きれいな色合わせですね

ラスムのバティック、茜色が、蚊絣の結城に映える美しさ

 

砧打ちされた、滑らかな綿にチャンチンの蝋で丁寧に時間をかけて、描かれ、染められた、80年くらい前の美しいジャワ更紗。通称バティック。

帯になっているラセムの茜色は、バティックの赤を代表するといわれています。


今年の4月は、不安定な気温でしたが、それをなんなくこなす、懐の深い衣服は、お着物だとつくづく、感じさせられました。

その着物の中でも、柔軟で心強い、たよりになるのが、紬という織り物です。

ウズベキスタンの経絣アドラスは、紬にしっくりと装いです

アドラスに丸ぐけのお色もピッタリ♫♪

どんな帯を合わせるかも、紬の表現と楽しみ♪♬

ビーズも可愛い、インドサリー名古屋帯の茜色♫♪

結城紬の縞が、抜群に素敵です。

帯は、インドネシアに向けて作られたインド更紗。

ご来店のお客様に混じって、インドネシアモール織りの帯をつけた、スタッフの装いです

本場結城のやさしい色に咲く、ウズベキスタンスザニのチューリップ刺繍。

大人の赤い丸ぐけ、素敵な色合いです。

まだまだ、紬の装い、素敵な皆さまの着こなしが、続きます♪♫

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時

東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191 

 

ご来店お客様の装い✨羽織を楽しむ

羽織の楽しみは、また格別。

シャランと音が、鳴りそうな、絹の心地良さ。

笹と雀の図柄、可愛らしい雀と緑が、綺麗です。

白梅の清らかな美しさ、いつまでも可愛らしい。

艶やかな黒羽織、静かな墨色、鮮やかな色合いを楽しめる黒地羽織。

本当にさまざまな楽しみです。

 

この日は、寒くて、、結城の縞継ぎの羽織、早速、お召しになって行かれました。

とっても良くお似合いでした。

ショールを重ねて、楽しめる、結城の縞羽織です。

華やかに仲良く、羽織を楽しまれる、素敵なお二人です。

美しい絵羽織、しっとりと穏やかなやさしさを感じる友禅です。

ミスターの黒羽織、カッコいいー!!

ポーズも決まってる、白と黒。

朱色と黒が、カッコいい👍着物と帯も浦野理一です

 

 

銀座店 - 販売ギャラリー
水曜定休
営業時間11時~19時
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F
03-3564-1191

ご来店お客様の装い✨帯を楽しむ✨

三寒四温のこの季節、しっとりした袷の色無地、帯合わせは、また、楽しい。

無地のお着物にお襦袢も好きな色を重ねて、帯は、ウズベクのアドラス。

大人の素敵な遊び着です。

インドの絞り、サリーの名古屋帯。文様は、インドの絞り七宝文様。

色もとっても素敵です。

浦野理一の格子紬に灯屋2の創作帯、和更紗の継ぎ帯です。

お洋服を着るように紬を纏って、お出かけします。

袷の紬、あたたかくなってしまう前の楽しみです。

灯屋2銀座店は、水曜日が、定休日。

営業時間は、11時より19時までです。

皆様のご来店、通信販売でのご注文、お問い合わせを心よりお待ち申し上げます。

 

ご来店お客様の装い✨ 季節を楽しむ帯

3月8日の国際女性デーは、女性の平等な社会参加が、出来る環境を整えるように呼びかける日となっています。

ミモザの花をシンボルフラワーとして、夫から妻へ、また、友人同士と親愛なる人に贈る事が、習慣になったようです。

可愛らしく、ふんわりとしたイメージの黄色いお花は、小粒な中にしっかりとした意志を秘めた、心の架け橋の役目をする、頼もしいお花ですね。

芽吹きの春、山の美しさに心踊る春が、やって来ました!格子紬もなんと美しい色合いでしょう。

*ミモザ、ぜんまいの刺繍は、灯屋2のオリジナル刺繍帯をお召しいただいております。

 

春色の装いに心もほどけてゆくような、花籠の染め帯、自然体の笑顔が、また、とても素敵です。

包み込むような、紫紺染めのあたたかさと華やかさ、麻の葉文様の鮮やかさが、美しくて心地よいですね。

いつも皆様にお着物でご来店いただけること、心より、感謝申し上げます。

ご来店お客様の装い、続いて、お楽しみにごらんください。

 

 

 

ご来店お客様の装い✨華やかな染めと刺繍

梅芳しく、春は萌立つ

春の彩りも気品を感じる、薄紫と薄紅の美しさ。

薄紫の春霞、浦野理一の経節紬に藍と若草色が、季節を告げる

 

遠くの空にまでとどくような、鳥たちの澄んだ声。

頬にまだ、少し冷たい空気を感じる春浅き頃。

春の彩りに、心は軽やかに、ときめいてゆくような気持ちになるお着物ですね。

ちょっとだけ、前のことなのに日本には、エレガントで美しいデザインのお着物が、たくさんあったのでしょう。

ぼかしの中は、本当の空のよう、現実と物語の間にある世界のようにも思えます。

鳥たちは、互いに見つめ合い、どんなお話をしているのでしょうか。

猫柳につがいの翡翠、白と緑の美しさ。

縮緬の紫、重ねを連想させるしっとりとした質感、膨らんだ優雅な裾のふき。

下前に隠れた、流水に千鳥。

八掛の美しさ、わかってたのに、思わずもれた、感嘆の溜息。

アールデコのお散歩着は、もちろん縮緬。大正時代の贅沢な質感が、シルエットに浮かんでます。

凛と鼻を上げた、珍の帯も縮緬、縞を継いだ灯屋2の創作帯です。

上前に粟の刺繍のお散歩着、なんとも豊かな気持ちにさせてくれます。

デコのモダンな図柄とお洒落な色合い、本当に素敵なお着物ですね。

藍と白の美しさに雪輪の丸い文様と波の裾模様。

お着物と帯が、ぴったりと合ったとても素敵な装いです。

赤い手描きの薔薇が咲く小紋に更紗の継ぎ帯。

グレーと赤の配色にグリーンが、加わって、素敵なハーモニーを奏でてます。

黒地に映えるグリーンの帯。

お着物と帯は、珍しい鞠の模様。

地紋の織りを際立たせる、白地に紫の引き染め。

菱紋の色無地にスッキリと帯を合わせた着こなしです。

桜草の小紋に縞の帯を合わせた、大人の素敵な装いですね。

グレーと黒にブルーや黄色の明るい色味が、きいてます。

日本で結婚されて、暮らすうちに、アンティーク着物の素晴らしさにとりこになったそうです。

大好きな鳥の図柄が、良くお似合いです。

灯屋2銀座店の営業時間 11:00~19:00
定休日は、毎週水曜日です

スタッフ一同、皆さまのご来店、通信販売でのご注文、お問合せ心よりお待ち申し上げます。