サリー二部式襦袢 入荷しました

サリーの二部式襦袢が入荷しました!

サイズはM、L、LLの3種類で写真以外の柄もあります。

さらりと肌触りの良いサリーは手洗いも可能で、気軽にお取り扱い頂けるのも嬉しいところ。

袖から振からチョイ見せのおしゃれをお楽しみくださいね。

Mサイズ 税込み 33,000円
袖丈1尺2寸8分(着物袖丈1尺3寸 49cm用)袖幅8寸5分(約32cm)
裾よけ丈 2尺5寸(約95cm)

Lサイズ 税込み 33,000円
袖丈1尺2寸8分(着物袖丈1尺3寸 49cm用)袖幅9寸(約34cm)
裾よけ丈 2尺6寸(約99cm)

LLサイズ 税込み 33,000円
袖丈1尺2寸8分(着物袖丈1尺3寸 49cm用)袖幅9寸(約34cm)
裾よけ丈 2尺7寸 (約103cm)

■■■年末年始の営業のお知らせ■■■

12月28日 17:00閉店
12月29日~1月2日 年末年始休業
1月3日~5日 18:00閉店

どうぞよろしくお願いいたします。

クラシカルな雰囲気で出かけみませんか・・・

慌ただしい季節になりました。

冬のイベント目白押しです!!

華やかなお着物で出かけてみませんか?

クリスマスも忘年会も来年のお正月まで華やかなアンティーク着物で雰囲気良く・・・

 

 

 

ご紹介の着物は、松竹梅の図柄が絞りや刺繍で豪華に配された訪問着です。

 

梅の花が二色使いで刺繍され、絞りの中に奥行きを出しています。

 

 

帯は糸巻きの織帯。

糸巻き一つ一つの中に季節の花々やおめでたい図柄が織り込まれて一層華やかです。

 

 

 

 

臙脂地松竹梅絞り刺繍訪問着(着物:17-3-8)151,200円

身丈:4尺5分(約153.9㎝) 裄:1尺6寸8分(約63.8㎝)

 

黒地糸巻きの図織名古屋帯  33,000円

 

新春のきもの展へのご来場ありがとうございました!

新春のきもの展へ今回も沢山のお客様にご来店頂けた事をスタッフ一同、心より、感謝御礼申し上げます。

初日は、お寒い中を開店前より、お待ち頂いたお客様の熱意に店内の雪景色も「春がもう訪れたか…」とまちがうような熱気に包まれました。

また、国内の遠方からご来店頂いただけでも有り難い事ですのに海外からもいらして頂け、とても励みになりました。

皆さま、灯屋2をご愛顧頂き、本当にありがとうございます!

新春のきもの展の会期は、終了いたしましたが、これからの新作をインスタグラム、ブログにてご紹介していきますので、どうぞ、ご油断めさらぬようチェックお願いいたします。

年内も27日(金)までは、11時〜19時、28日(土)は17時閉店。

無休で営業しております。

お正月のお召し物で合わせたいお着物や帯が有る時には、どうぞ、ご遠慮なくご持参ください。

クリスマスイルミネーションに光る中央通りもお楽しみください!

19-4-13紅花紬身丈4尺3寸裄1尺8寸140,000+税19-12-5紅白梅梅の図刺繍名古屋帯90,000+税

新春のきもの展はじまりました!

小雨の中、早朝より、お寒い中をご来店頂き、幕が開いた「新春のきもの展」です。

お客様の灯屋2の新作への熱意にスタッフ一同、心より感謝、御礼申し上げます。

南天に水仙、新春の顔とも言える立派な松の意匠やほころぶ梅の刺繍が、華やぐ銀座店内です。

「もう、お正月ね」と令和元年を振り返るお客様の言葉と笑顔が印象的な初日でした。

新年に向け、合わせたいお着物や帯がおありになれば、ご遠慮なくお持ちください。

皆様の灯屋2銀座展へのご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

 

令和のお正月はアンティーク着物でどうぞ

今あらためて日本の伝統衣装である着物に注目が集まっています。

古き良き美しい布は、違いのわかるお洒落達人を魅了してやみません。

この江戸小紋をご覧になって下さい。

渋い色調のなかに描かれた冬景色です。

橋や柳、笹に積もった柔らかい雪。

さえずる雀たち。

そして誰の忘れ物か片方だけの草履と戯れる子犬。

一面の細かな江戸小紋は柄は、兎です。

表柄はシルエットのみで、色違いの共八掛柄には小さな耳と足がついています。

なんとこころにくい美的感覚でしょう。

渋い色味からわずかに覗く紅絹の鮮やかなこと!

令和のお正月は、こんな江戸小紋でお迎えになってはいかがでしょう。

新しい時代にアンティーク着物の持つ豊かさ優しさを再発見なさってください。

7日からの展示会を、どうぞお楽しみに!

 

企画展「新春のきもの展」

 会期:2019年12月7日(土)~15日(日)

11:00〜19:00

会場:灯屋2銀座店
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F

今回の企画展はお葉書でのご案内はしておりません。
灯屋2ウェブサイト、facebookのみでのご案内となります。

年末年始のお洒落

ついに今年も最終月になりました。
あっという間ですね。
寒さも増して、紬の出番です。
半襟や小物の色合わせも、是非楽しんでください。
帯にはいきいきとした鳥の刺繍があれば心もはずみます。


茶地縦縞結城新機袷140000円+税
着物19-10-31
お仕立て直し 身丈:4尺3寸(約163.4cm)  裄:1尺8寸2分(約69.2cm)

ヤマガラの刺繍開き名古屋帯 90000円+税

7日からは「新春のきもの展」も開催されます。
さあ、まだまだ元気よくまいりましょう!

 

  企画展「新春のきもの展」

会期:2019年12月7日(土)~15日(日)

11:00〜19:00
会場:灯屋2銀座店
東京都中央区銀座2-6-5 アサコ銀座ビル2F

今回の企画展はお葉書でのご案内はしておりません。
灯屋2ウェブサイト、facebookのみでのご案内となります。

藍への愛

明治初めに来日したイギリス人化学者が、町のあちこちに見られる藍色を「ジャパンブルー」と呼んで称賛した藍。

素朴であたたかな紺色は、後にも様々なシーンで日本の色として登場しています。

世界中でも最古の藍は、紀元前3000年頃のインダス文明からと気の遠くなる長い歴史です。

藍と言えば、安土桃山時代から藩の殖産事業となった、徳島の蓼藍思い出される方も多いのではないでしょうか。

その徳島でも戦時中は、食糧増産の為、藍の栽培は禁止作物になりました。

藍は、一年草で毎年種を採り続けないと途絶えてしまう為、憲兵の目を逃れ命がけで、藍の栽培を6年間続けた方が、いらっしゃいました。

徳島で藍の母と呼ばれる岩田ツヤ子(明治39年~平成9年)という勇気ある女性です。

山の林の中で人知れず守られた「白花小上粉(しろばなこじょうこ)」は、今も本藍染め佐藤家で作り続けられています。

岩田さんの石碑は、藍が育てられた場所、美しい緑と澄んだ空の元にひっそりと建っています。

あたたかい木綿に藍染めの絞りは、触るだけでも気持ちがよく、藍の素朴さに心が癒されていくようです。

大切に手をかけ育て、染めた方々の思いが、伝わってくるかのようです。

何を着てみようかな。。と迷ったら、藍をひとつおすすめしたいです。

無地紬縫い一つ紋袷88,000円身丈4尺3寸裄1尺7寸(1尺8すん3分可)

藍絞り名古屋帯66,000円

浦野理一ワークショップ終わりました。

浦野理一ワークショップ終わりました。

23日は、そぼ降る雨を打ち払って、みなさまの期待満々のお顔が集まってきました。
24畳の大広間に、裂を満杯にした段ボールたちと、机には帯の型紙を置いて、先ず好みの裂探しから始まりました。
あれもこれもと、いとしい裂を沢山抱え込んで、始めの1時間は途方にくれます。
それから、小さな型の中に押し込んでは取り替えてを繰り返していきます。
やがてかなりの諦めを乗り越えてお太鼓柄が決まると、続いて垂れ先、前柄、最後に手先が待っています。
ここで、またお太鼓裂をいじったりして、やっとできあがりです。

 

縞、格子、型染め、絣と全てを散りばめて個性を放つ方、千鳥の絣をメインに縞や格子でかわいくまとめる方、紅型や、中型小紋に江戸小紋の色を重ねて優雅に決めていく方、中には紬と縮緬の両方を入れる希望者もいらっしゃいましたが、縮緬がしっかりしているので、それもあり、となりました。

 

こうして3時間は瞬く間に過ぎて行きましたが、みなさま緊張して頑張ったという達成感の面持ちを残して帰っていかれました。
お客さまのお喜びのお顔を拝見したくて、できあがった帯はなるべく銀座店でお渡ししています。
縫製されてみると、その綺麗さに驚かれる方がほとんどです。

ご参加されたみなさま、ありがとうございました。

 

華やかなる纐纈織の帯

秋がぐっと深まってきました。

店頭には、新しい品物がぞくぞくと入荷してます‼︎

ご紹介のコーディネートは、菊柄の付下に纐纈織の袋帯。

 

着物は地紋にも菊の花が織り出され、裾の菊の図柄にはあしらいの刺繍が施されています。

帯は、絞り染めの纐纈の雰囲気を織りで表現した纐纈織の帯です。

布がぷくぷくとふくらんだ部分が、絞りの雰囲気を表現しているように見えます。

 

纐纈(こうけち)とは、夾纈(きょうけち)・﨟纈(ろうけち)とともに三纈と呼ばれる絞り染の一つです。布に一部をつまみ、糸で括ったり、巻き締めたり、縫い締めたりして防染し、浸し染めしたものです。インドで発生し、中央アジアを経て中国、日本へ伝播したとされます。奈良時代の染織品にも多用され、正倉院宝物にも多く見られます。多色の夾纈と﨟纈は平安時代中期以降に一時すたれましたが、纐纈は装飾品や衣服の模様に今も用いられています。

 

菊に流水文様付下    30,000円+税

身丈:4尺(約152㎝)    裄:1尺6寸8分(約63.8㎝)

 

唐華文様纐纈織袋帯  30,000円+税

和更紗の名古屋帯がたくさん入荷しています!

 

気がつくと、クリスマスイルミネーションが、そこかしこに見られる季節にりました。

早いものですね。

季節の移り変わりを、何より店内の商品でしみじみ感じます。

あたたかみのある布が増えてくるこの時期。

今、和更紗が個性を発揮しています。

写真はHPに載っていない商品です。

ぜひご来店のうえ、お手にとってご覧ください。

思えば、クリスマスも更紗も、海の向こうからやってきたお楽しみ。

今こうして、恩恵を受ける事の出来る喜びを、満喫いたしましょう。

和更紗名古屋帯各種   40,000+税〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む