TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



秋草の小千谷縮小紋

 

秋草の小千谷縮小紋
ご売約済み
着物19-6-39

身丈:4尺2寸5分(約161.5cm)
裄:1尺8寸(約68.4cm)

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
秋草の小千谷縮小紋 上前 秋草の小千谷縮小紋 上前 秋草の小千谷縮小紋 質感・風合

秋草の小千谷縮小紋 質感・風合

山葡萄の葉陰に、萩やオミナエシの花が咲き誇り、情緒ある日本の夏をじゅうぶんに堪能させてくれます。
手績みの上質な糸なので、さらりとしなやかで、涼やかな着心地が見てとれます。
後ろに接ぎを入れて大きくお仕立てしました。


濃紫色萩の絽小紋

 

濃紫色萩の絽小紋
ご売約済み
着物19-6-42

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺7寸7分(約67.3cm)

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
濃紫色萩の絽小紋 上前 濃紫色萩の絽小紋 上前 濃紫色萩の絽小紋 質感・風合

濃紫色萩の絽小紋 質感・風合

一面の萩野に、彷彿とさせられます。
情緒を秘めた、品性ある夏きものです。
虫の帯や、流水の帯など、持ってきたいですね。サイズもおおきいです。


小宮康孝作 石畳文様紗の江戸小紋

 

小宮康孝作 石畳文様紗の江戸小紋
ご売約済
着物19-6-29

身丈:4尺5分(約153.9cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
小宮康孝作 石畳文様紗の江戸小紋 上前 小宮康孝作 石畳文様紗の江戸小紋 上前 小宮康孝作 石畳文様紗の江戸小紋 質感・風合

小宮康孝作 石畳文様紗の江戸小紋 質感・風合 小宮康孝作 石畳文様紗の江戸小紋 落款

石畳の文様の大きさが、お召しいただくには程よく、抑えた色調の緑色と相まって、清潔感溢れる凛としたお着物です。
帯がポイントと思われますので、思い切りの良い格上のものを置きたいですね。


銀ヤンマ紋紗付下

 

銀ヤンマ紋紗付下
ご売約済み
着物19-6-32

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
銀ヤンマ紋紗付下 上前 銀ヤンマ紋紗付下 上前 銀ヤンマ紋紗付下 質感・風合

銀ヤンマ紋紗付下 質感・風合

上質な糸で重ね菱紋が織り込まれた紋紗の着物。
紗のハリ感と柔らかさが、なんとも心地よい。
羽根をいっぱい広げた可愛い銀ヤンマが刺繍された夏の付下です。


紫地青ぶどうの名古屋帯

 

紫地青ぶどうの名古屋帯
ご売約済み
帯19-6-32

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
紫地青ぶどうの名古屋帯 帯裏 紫地青ぶどうの名古屋帯 前柄 紫地青ぶどうの名古屋帯 質感・風合

紫地青ぶどうの名古屋帯 質感・風合

これも絽の夏着物地から仕立てました。
江戸紫の中に、青い葡萄の実が、大きくておいしそうです。
お若い方がちょっと大人っぽくお召しになる時の着こなしにいかがでしょうか。


古今集文芸文様単衣付下

 

古今集文芸文様単衣付下
ご売約済
着物19-6-16
お仕立て直し

身丈:4尺5分(約153.9cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
古今集文芸文様単衣付下 上前 古今集文芸文様単衣付下 上前 古今集文芸文様単衣付下 質感・風合

古今集文芸文様単衣付下 質感・風合

古今集小野小町と紀友則の短歌が染め出されています。
馬の轡と琴柱が、古の宮廷文化を伝え、几帳の飾り紐が縦に装飾的にあしらわれています。
銀糸が横に細く織り込まれて、雅で、さりげなく格調が表現された付下です。


黒地鳥尽くし紗の訪問着

 

黒地鳥尽くし紗の訪問着
ご売約済
着物19-6-01

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
黒地鳥尽くし紗の訪問着 上前 黒地鳥尽くし紗の訪問着 上前 黒地鳥尽くし紗の訪問着 質感・風合

黒地鳥尽くし紗の訪問着 質感・風合 黒地鳥尽くし紗の訪問着 質感・風合

16羽の鳥たちが、まるで図鑑のように彩色されて描かれています。
銀糸を織り込んで竹林が表現され、鳥たちの様子と相まって、まるで極楽浄土のよう。
花菱の染め抜き3つ紋があります。
経年変化で優しい黒地になっていて、試着してもキツさが勝ちません。
どのような方のご注文であったのか、思いは膨らむばかりです。


荒磯にエビの絽地訪問着

 

荒磯にエビの絽地訪問着
ご売約済み
着物19-6-02

身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
荒磯にエビの絽地訪問着 上前 荒磯にエビの絽地訪問着 上前 荒磯にエビの絽地訪問着 質感・風合

荒磯にエビの絽地訪問着 質感・風合 荒磯にエビの絽地訪問着 質感・風合

エビといえば食べる、とまず来ますが、このエビはどこか自立しているようで、愛嬌があります。
白い波頭もエビたちの遊園地です。
こんなデザインの発想が面白く、楽しんでお召し頂きたいと思います。


萱の原に葛の絽地訪問着

 

萱の原に葛の絽地訪問着
ご売約済
着物19-6-04

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺7寸3分(約65.7cm)

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
萱の原に葛の絽地訪問着 上前 萱の原に葛の絽地訪問着 上前 萱の原に葛の絽地訪問着 質感・風合

萱の原に葛の絽地訪問着 質感・風合

色がなく、一面に白い萱の原に、葛の葉っぱが黒く存在していて、何か静寂が支配している気配が漂っている文様です。
ベージュのさらりとした帯で、さりげなくお召しいただくと、都会的な装いになります。


葵唐草文様小千谷縮

 

葵唐草文様小千谷縮
ご売約済
着物19-6-11
お仕立て直し

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺8寸3分(約69.5cm)

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
葵唐草文様小千谷縮 上前 葵唐草文様小千谷縮 上前 葵唐草文様小千谷縮 質感・風合

葵唐草文様小千谷縮 質感・風合

徳川家の御紋である葵が、唐草で永遠に繋がれていきますように、との意味が込められた大らかなイメージのお着物です。
お仕立て直しで、幅も丈もたっぷりとしています。
昔着物は、サイズが大きくなると、ついうれしくなります。
この時代の小千谷縮は、糸がしっとりとしてお体に添い、お召しやすいものと思われます。
まだ大きくなります。


微塵格子の越後上布

 

微塵格子の越後上布
ご売約済
着物19-6-14
お仕立て直し

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺7寸7分(約67.3cm)

6月8日より開催の
「涼夏の誘い」にて
展示販売



 

追加画像・商品説明
微塵格子の越後上布 上前 微塵格子の越後上布 上前 微塵格子の越後上布 質感・風合

微塵格子の越後上布 質感・風合

着心地とセンスの良さが保証された越後上布です。
どのような帯を置くかがお楽しみです。
昭和の中頃の男物で、キズもありますが、当店一押しなことは、お客様も良くご存知でいらっしゃいます。


黒地茶格子夏黄八丈

 

黒地茶格子夏黄八丈
ご売約済み
着物19-5-37

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺7寸2分(約65.4cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
黒地茶格子夏黄八丈 上前 黒地茶格子夏黄八丈 上前 黒地茶格子夏黄八丈 質感・風合

黒地茶格子夏黄八丈 質感・風合

夏黄八丈は、黄八丈の草木染めと、小千谷の織布技術とが融合してできた、近年の夏織物です。
黄八丈の西篠吉弘さんの工房で染められた糸は、小千谷へ送られて、細い強撚糸を荒い密度で織ることにより、透け感のある織物ができあがります。
コブナグサの黄色や、タブの木で染めた茶色の縞が、凛々しく浮かんできます。


青戸由美江作 熨斗目文様出雲絣

 

青戸柚美江作 熨斗目文様出雲絣
ご売約済
着物19-5-38

身丈:4尺2寸3分(約160.7cm)
裄:1尺7寸7分(約67.3cm)



 

追加画像・商品説明
青戸由美江作 熨斗目文様出雲絣 上前 青戸由美江作 熨斗目文様出雲絣 上前 青戸由美江作 熨斗目文様出雲絣 質感・風合

青戸由美江作 熨斗目文様出雲絣 質感・風合

山陰地方には古くから鳥取砂丘で木綿を産し、藍染の絣や筒描が盛んでしたが、それらの技術が荒んでいく中で、青戸さんは一人、出雲絣として復興させました。
その仕事は、木綿の種蒔きから始まり、糸作りから染め、織りと全てをお一人でこなしています。
そして作品には、手作りの素朴さ、民芸的な美しさと、斬新なデザイン性とが内包されています。
触って試着してご確認下さい。


三浦絞り紫根染め単衣

 

三浦絞り紫根染め単衣
ご売約済
着物19-5-40

身丈:3尺9寸(約148.2cm)
裄:1尺6寸6分(約63.1cm)



 

追加画像・商品説明
三浦絞り紫根染め単衣 上前 三浦絞り紫根染め単衣 上前 三浦絞り紫根染め単衣 質感・風合

三浦絞り紫根染め単衣 質感・風合

錦紗の地に優しくふわっと絞りがなされ、一つ一つの針穴がまるで息使いをしているかのような気にさせてくれます。
単衣なので、その柔らかさが更に愛しく感じられます。
惜しむらくは、サイズが小さいことですが、どんなにかお召しになりやすいことでしょう。


黒地金魚の図紗単衣羽織


黒地金魚の図紗単衣羽織
ご売約済
着物19-5-41

身丈:2尺6寸(約98.8cm)
裄:1尺7寸2分(約65.4cm)



追加画像・商品説明

黒地金魚の図紗単衣羽織 正面黒地金魚の図紗単衣羽織 質感・風合黒地金魚の図紗単衣羽織 質感・風合

昭和初期の錦紗のお着物を羽織にしました。
この時期、単衣のお羽織は、お出かけ時の心強い味方です。
当店では、紗合わせの羽織も単衣に直して涼しく、美しくお召し頂いています。
水の中に金魚が泳ぐ爽やかな文様です。


Page 1 of 12112345...102030...Last »

TOPに戻る

灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル