名古屋帯」タグアーカイブ

新入荷、優しい雰囲気の帯ご紹介

本日は新入荷の優しい雰囲気の帯をご紹介します。

1本目は元は丸帯だったものに古裂をパッチワークをほどこしました。

雪持ち笹と雀。今すぐ締めたい題材ですね。昼と夜でしょうか?

胴前にも笹から雀が飛び立っています。

地の丸帯も良いお色です。

二本目は男の子の祝着だったものでしょうか?

松と山が見える水辺の風景に刺繍の千鳥が飛んでいます。

よく見ると刺繍の舟も見えますね。

黒に近い紫色の地に繊細な淡い水色。

金糸、銀糸もさりげなくあしらわれてお目出度い風景ですね。

 

雀と雪景色丸帯崩し帯 80,000円+税

紫地祝着崩し帯 40,000円+税

グレー地ぜんまい紬袷 20-02-07 裄1尺8寸(68.3cm)4尺3寸(163.4cm)

通信販売も承っております。詳しくはhttps://www.akariya2.com/tsuhan.html

1月中は、感謝を込めてお買い上げ価格10%の灯屋2クーポンを進呈いたします(セール品は除外)

当面は、灯屋2銀座店、水曜日を定休日。11時から18時閉店の営業です。

店内出来るだけの除菌に努め、換気をよくしております。

可愛いうさぎがやって来きました

新作の帯からのご紹介です。

可愛いふり向きうさぎの帯はいかがでしょうか?白一色で刺繍されています。

小豆色の地色が落ち着いた雰囲気。

同じ色が入った郡上紬に合わせてみたらぴったりでした。

素材はビロードの織り出しです。

 

ほっこりと明るい組み合わせになりました。

1月中は、お買上げ商品価格10%の灯屋2クーポンを進呈させて頂きます。(セール品除外です)

店内出来るだけの除菌につとめ、換気をしております。

皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。

ふりむきウサギの名古屋帯 100,000円+税 21-01-23

郡上紬 240,000円+税 裄1尺7寸5分66.5cm 身丈4尺1寸5分 157.7cm 17-1-11

 

 

洋服感覚で取り入れる帯

着物日和りが続きます。

洋服感覚のセンスを感じる帯で気軽なお出かけいかがでしょうか?

まずは、洋服でも馴染みのある大きなチェック。紺、ベージュ、茶の色は、すぐに着物にも取り入れられそうですね。

次の帯は座ぶとんの上に毛並みの良い黒い猫が座っています。カーキ地に赤い座布団が効いています。可愛すぎないところが良いですね。

最後に紺と青の細い縞の帯。こちらは無地感覚で使えるので、柄のお着物にも使えて重宝です。粋な感じが素敵です。

 

大きなチェック柄帯

猫の刺繍帯 90,000円+税

紺と青の細縞帯 30,000円+税

セール開催中 銀座で世界布紀行の旅はいかが?

銀座で世界布紀行の旅はいかが?

当店では、上質な外国布を使った帯が、たくさん揃っています。

インドネシア、インド、ウズベキスタン、パキスタン、ラオス、ミャンマー、アフリカ諸国、ヨーロッパ諸国、などなど。あなたはどちらへの旅をご希望なさいますか?

ベテランスタッフが、面白く、丁寧にご案内します。

世界が広がると共に、あなたの着物ワールドも豊かになっていくかもしれません。

20パーセントオフのこの機会をご利用下さい。

 

◆灯屋2夏にセールのお知らせ

店内商品20%OFF

日時 7月13日(土)〜21日(日)
月〜土:11時〜20時 日曜:11時〜19時

日頃のご愛顧に感謝を込めて灯屋2夏のセールを開催いたします。
みなさまのご来店お待ち申し上げます。

*「ひとえ展」以降のHP紹介商品は対象外となります
*通信販売は15日(月)13時〜 となります

 

◆灯屋2 臨時休業のお知らせ

7月25日(木)・26日(金)は社員研修のため臨時休業致します
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします

単衣の楽しみ

前回のブログで単衣の時期に楽しめる紋錦紗のご紹介をしましたが、本日も引き続き単衣時期に楽しめる絽縮緬の染帯をご紹介いたします。

絽目がありますが絽縮緬ですので薄物ではなく単衣に合わせて頂け6月にちょうどお使い頂けます。

三本絽が10段あり同じだけ平織りされているため、涼しさの中に暖かみがあり、単衣時期にぴったりの織物です。

本手刷りの型友禅で染められた扇面柄の中には、萩、撫子、朝顔、桔梗、そして鮎でしょうか?お魚も泳いでおりこれからの季節を待ちわびるような、優しい名古屋帯です。

元は引き抜き帯でしたので、簡単にお太鼓が結べるよう柄を切り替え名古屋帯に仕立て替えました。

お着物はぼかし染めの上に銀糸で波が織り込まれ、上前と右肩にかわいいトンボが飛んでいます。

こちらも単衣で、目にも涼しく6月にピッタリです。

この季節しか楽しめない贅沢、手にして頂けるととても心が華やぐと思います。

  

波紋にトンボの単衣付下(着物19-5-09)90,000円+税
身丈:4尺(約152cm) 裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

扇面散らし絽縮緬名古屋帯 20,000円+税

雲形桔梗(光長)帯留め 25,000円+税 素材:四分一

 

 

城間栄順氏作芭蕉布紅型染名古屋帯

拡大写真の左右をクリックすると前後の写真がご覧いただけます。

 

 

城間栄順氏作芭蕉布紅型染名古屋帯
帯7-1
483000円
通信販売可

展示店舗:銀座店
TEL:03-3564-1191

クリックすると拡大写真がご覧になれます。


 

追加画像・商品説明
アンティーク着物、大きな画像がご覧になれます アンティーク着物、大きな画像がご覧になれます アンティーク着物、大きな画像がご覧になれます アンティーク着物、大きな画像がご覧になれます

    質感・風合          帯裏           前中心           落款

紅型三宗家の一家である「城間家」の第十五代・城間栄順さん作の紅型染の名古屋帯です。
栄順さんは沖縄の伝統的な染色技法である「紅型」の技法を復興させた先代の人間国宝・城間栄喜氏の長男として生まれ、栄喜氏に学び、さらに発展させた技法で作品を生み出しています。
栄順さんは、「海が大好き」そして「魚が大好き」。自然をこよなく愛し、海、魚、珊瑚など人の手に荒らされていない綺麗な沖縄の海をモチーフにしたものが多く作られています。

今回紹介する帯は海をモチーフにしたものではありませんが、藍色の濃淡と墨色で牡丹唐草に蝶が配されており
静けさの中に華やかさが溢れる存在感のある名古屋帯です。

古上布と合わせて夏の主役の帯としてご愛用ください。

銀座店 白井

古上布と夏帯展@akariya2.comはこちらからどうぞ。

蛍の光

クリックすると大きな写真がご覧いただけます。

早いものでもうすぐ7月…

先日、玉川上水沿いで蛍を見ました。
あの小さいからだから出る淡く優しげな光…いつも不思議な感覚にとらわれます。

町のネオンに慣れすぎた私たちにの目には、新鮮な、
派手ではないけれど、つい目で追ってしまう魅力と、ほっとするような温もり。

着物の着姿もそんなふうに感じてもらえるような提案が出来たら…と思います。

今日の着物は

切り継ぎ近江上布 147000円
麻地蛍柄名古屋帯 54600円
麻の巾着 14700円

夏着物に合わせ、
麻や芭蕉布の巾着
古上布、麻地の半襟、帯揚などを揃えております。

夏の準備はいかがですか?

代々木店2階 斎藤

麻地蛍柄名古屋帯は帯紹介のページにて詳しく紹介しております。

浦野理一名古屋帯

拡大写真の左右をクリックすると前後の写真がご覧いただけます。

 

 

 

浦野理一名古屋帯
帯6-18
99750円
通信販売可
展示店舗:銀座店
TEL:03-3564-1191

クリックすると拡大写真がご覧になれます。


 

追加画像・商品説明
アンティーク着物、大きな画像がご覧になれます   クリックすると、大きな画像がご覧になれます

    質感・風合           帯裏

今回は珍しくお知らせどおりの日にちで着物、帯紹介を更新することが出来ました。
それぞれ10点くらいずつ紹介しておりますが、そのなかから1点ブログでも浦野さんの作品をご紹介。
着物だったものを帯に仕立て直しました。
縦に入ったラインが伸びやかでとても個性的です。

その他の着物、帯の写真もぜひご覧ください。

代々木店店長 菊池(カイ)

本日更新の着物
本日更新の帯

小千谷縮市松柄名古屋帯 「古上布と夏帯展」にて展示

拡大写真の左右をクリックすると前後の写真がご覧いただけます。

 

 

 

小千谷縮市松柄名古屋帯
帯6-4
SOLD
展示店舗:展示会会場にて販売


追加画像・商品説明

アンティーク着物、大きな画像がご覧になれます
  クリックすると、大きな画像がご覧になれます  クリックすると、大きな画像がご覧になれます

    質感・風合          帯裏           前中心

小千谷縮を名古屋帯に仕立てて見ました。
葡萄色の市松がシャープな印象の帯ですが、思いのほかいろいろな着物に合わせてお使いいただけます。

今までの帯の一覧はこちらからどうぞ。

越後上布竹に雀柄名古屋帯 「古上布と夏帯展」にて展示

拡大写真の左右をクリックすると前後の写真がご覧いただけます。

 

 

越後上布竹に雀柄名古屋帯
帯6-3
SOLD
展示店舗:展示会会場にて販売


 追加画像・商品説明

アンティーク着物、大きな画像がご覧になれます
  クリックすると、大きな画像がご覧になれます  クリックすると、大きな画像がご覧になれます

    質感・風合          帯裏           前中心

明治時代の越後上布で、男の子の着物でした。
竹に雀の柄がいかにも可愛らしく、思わず帯に仕立ててみました。

今までの帯の一覧はこちらからどうぞ。