TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



志村ふくみさんの着物

灯屋2では作家もののなかでも、特に志村ふくみさんの着物を力を入れて集めています。
見る人を魅了してやまない志村さんの着物。
今までも多くの方にその魅力をお届けしてきましたが、これほど多く志村さんの着物を集めているところは珍しいのではないでしょうか。
当店で入手したもので作品名が分からないものは、志村さんご本人にご鑑定いただき、直筆にて作品名を書いた色紙をいただいております。

お値段に関してはホームページ上には掲載しておりませんので、銀座店までお問い合わせください。

志村ふくみ作 十字絣単衣 仮絵羽

 

志村ふくみ作 十字絣単衣 仮絵羽
ご売約済
着物19-5-32
鑑定書付



 

追加画像・商品説明
志村ふくみ作 十字絣単衣 仮絵羽 上前 志村ふくみ作 十字絣単衣 仮絵羽 上前 志村ふくみ作 十字絣単衣 仮絵羽 質感・風合

志村ふくみ作 十字絣単衣 仮絵羽 質感・風合

藍の濃淡の中に雨絣が走り、その上に白十字がポッカリと浮いています。
十字の縦の絣足は、明かるい藍に繋がれて次の十字へと導かれています。
何か、キリストが負った十字架のイメージを宿した、聖なる光が、横に流れる黄色の線から感じ取れる気がして来ます。
この織物は、単衣用として制作されたようで、少し薄手に作られていますので、素材感がデザインとコラボして、シンプルで明晰な春のお着物となっています。
鑑定書がございます。


志村ふくみ作 「クレーの秋」仮絵羽

 

志村ふくみ作 「クレーの秋」仮絵羽
お値段は店頭にてご確認ください。
着物19-5-33
鑑定書付

店頭にてご覧ください



 

追加画像・商品説明
志村ふくみ作 「クレーの秋」仮絵羽 上前 志村ふくみ作 「クレーの秋」仮絵羽 上前 志村ふくみ作 「クレーの秋」仮絵羽 質感・風合

志村ふくみ作 「クレーの秋」仮絵羽 質感・風合

クレーの秋、と、象徴的な命名をされています。
志村さんは、昭和の終わり頃、ヨーロッパへお出かけになっているので、その後の作品かと思われます。
クレーの絵は、詩的、思索的、音楽的と言われていますが、色の重なり具合や格子縞のデザインなど、志村さんの表現する中にも、同じ感性が感じられます。
そして静かで優しい、ヨーロッパの秋が見えてくるのです。


志村ふくみ作 常盤色無地 仮絵羽

 

志村ふくみ作 常盤色無地 仮絵羽
お値段は店頭にてご確認ください。
着物19-5-35
鑑定書付
ご売約済み
店頭にてご覧ください



 

追加画像・商品説明
志村ふくみ作 常盤色無地 仮絵羽 上前 志村ふくみ作 常盤色無地 仮絵羽 上前 志村ふくみ作 常盤色無地 仮絵羽 質感・風合

志村ふくみ作 常盤色無地 仮絵羽 質感・風合

常盤とは、常に変わらないこと、永久不変なことを表す語句で、常緑樹の緑を讃える美しい言葉です。
そして、松葉色と、新緑の色との2色の糸が絡み合う豪華で華麗なこの反物は、落ち着いて重厚な輝きを放っています。
糸の命が、溢れんばかりに感じられて、若々しい緑、という言葉を改めて使いたくなりました。


志村ふくみ作 梅鼠色無地 仮絵羽

 

志村ふくみ作 梅鼠色無地 仮絵羽
ご売約済み
着物19-5-36
鑑定書付



 

追加画像・商品説明
志村ふくみ作 梅鼠色無地 仮絵羽 上前 志村ふくみ作 梅鼠色無地 仮絵羽 上前 志村ふくみ作 梅鼠色無地 仮絵羽 質感・風合

志村ふくみ作 梅鼠色無地 仮絵羽 質感・風合

頂戴した鑑定書には、無地単衣とだけあったので、梅鼠色とは、当店でつけました。
少し紫がかっているようにも見えますが、染料はわかりません。
華やかさはありませんが、穏やかで品格と奥行きのある、我々日本人の肌にはとても似合うお色かと思います。
また、季節や年齢を選びませんし、帯合わせによっては、巾広くお出かけができます。


Page 1 of 11

TOPに戻る

灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル