TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



志村ふくみさんの着物

見る人を魅了してやまない志村さんの着物。
灯屋2では作家もののなかでも、特に志村ふくみさんの着物を力を入れて集め取り扱っております。

今まで多くの方にその魅力をお届けしてきましたが、これほど多く志村さんの着物を集めているところは珍しいのではないでしょうか。

当店で入手したもので作品名が分からないものは、アトリエ志村にてご鑑定いただいております。

お値段に関してはホームページ上には掲載しておりませんので、銀座店までお問い合わせください。

志村ふくみ作 藍熨斗目袷

 

志村ふくみ作 藍熨斗目袷

志村19-9-01
お仕立て直し付き

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

ご売約済



 

追加画像・商品説明
志村ふくみ作 藍熨斗目袷 上前 志村ふくみ作 藍熨斗目袷 上前 志村ふくみ作 藍熨斗目袷 質感・風合

志村ふくみ作 藍熨斗目袷 質感・風合 志村ふくみ作 藍熨斗目袷 質感・風合 志村ふくみ作 藍熨斗目袷 銘入りの桐箱

志村ふくみ作 藍熨斗目袷 掲載紙

熨斗目とは本来、江戸時代の武家で、小袖の生地とされた練貫という絹織物のことです。
その中で、袖の下部や腰まわりの色をかえたり、縞を織り出したりしたものを腰替わりといい、やがてそのデザインを指すようになりました。
そして能や狂言衣裳としても用いられたので、格調のあるデザインとしてのイメージが定着してきました。
この藍熨斗目は1975年に作られていますので、志村さん50歳頃の藍建てへの道筋がついた頃の作品のようです。

白地に小格子の肩裾と、明るい藍の腰替わりとが激しく呼応し合って、藍の華がほとばしり、美しさの高みへと向かっています。
清楚で、しかも生命力に溢れる作品です。
色紙と多当紙がつきます。


志村ふくみ作 笹竜胆(ささりんどう)袷

 

志村ふくみ作 笹竜胆(ささりんどう)袷

志村19-9-03
お仕立て上がり

ご売約済み

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)



 

追加画像・商品説明
志村ふくみ作 笹竜胆(ささりんどう)袷 上前 志村ふくみ作 笹竜胆(ささりんどう)袷 上前 志村ふくみ作 笹竜胆(ささりんどう)袷 質感・風合

志村ふくみ作 笹竜胆(ささりんどう)袷 質感・風合 志村ふくみ作 笹竜胆(ささりんどう)袷 銘入りの桐箱

笹竜胆は源氏を代表する家紋なので、源氏物語、ひいてはひかるの君をイメージしての作品かと想像しています。深い翠に囲まれた寝殿で待つ、ひかるの源氏を取り巻く姫君たちのつのる想いは、千々に乱れ、交錯して、それでも瑞々しく浄化されていきます。
その深淵な情緒の世界を、志村さんは、ご自分の色で、心ゆくまで表現されています。
さぞかし楽しい心踊るお仕事でありましたことでしょう。みなさまには、どうぞ、ゆっくりとご覧あれ、と申し上げます。


志村ふくみ作 冬青(そよご)

 

志村ふくみ作 冬青(そよご)
仮絵羽

志村19-9-04
お仕立て付き

ご売約済



 

追加画像・商品説明
志村ふくみ作 冬青(そよご) 上前 志村ふくみ作 冬青(そよご) 上前 志村ふくみ作 冬青(そよご) 質感・風合

志村ふくみ作 冬青(そよご) 質感・風合 志村ふくみ作 冬青(そよご) 質感・風合 志村ふくみ作 冬青(そよご) 銘入りの桐箱

風に戦(そよ)いで葉が特徴的な音を立てる様がそよごの由来とされています。
又、常緑樹で冬も青々としている所から冬青と書かれています。
初夏に白くかわいい花が咲き、赤い実を付けます。その可憐な姿が庭師に選ばれて、かつて代々木の店先に植えられていたことを思い出しました。
今、この作品を見て、あの葉っぱは十字絣に、赤い実はピンクのドットに昇華されたことに納得しました。
しかしこの愛らしいピンクに、心奪われない人はいません。そして志村さんの十字には、いつも天空の光を見たり、音を聞いたりしてしまうのです。
小さな格子柄でありながら、タテ糸がわずかに控えているのにも、精緻でみずみずしい感性が感じられます。


志村ふくみ作 紅芙蓉

 

志村ふくみ作 紅芙蓉
仮絵羽

志村19-9-05
お仕立て上がり

ご売約済



 

追加画像・商品説明
志村ふくみ作 紅芙蓉 上前 志村ふくみ作 紅芙蓉 上前 志村ふくみ作 紅芙蓉 質感・風合

志村ふくみ作 紅芙蓉 質感・風合 志村ふくみ作 紅芙蓉 質感・風合 志村ふくみ作 紅芙蓉 銘入りの桐箱

芙蓉の花は、この季節、初秋になると、少し庭のあるお家では、わが世の春を謳歌しています。
特に紅芙蓉はその花の色を誇りに、まさに女王さまの様な存在です。
あの色を、志村さんは、思い切りの良い紅花の真紅に、紫根を入れて巧みに表現しています。
なるほど、あの夏の日差しにも負けない艶やかさが浮かんできます。
しかし実は、少しの風のそよぎにもはらりと落ちる花びらの本性も、風情として、美しい暈しで表現しています。
薄紫や亜麻色の濃淡のヨコ糸を巧みに織り込んで、ここに紅芙蓉は完成しています。
志村さんの観察眼に、改めて敬服です。
多当紙がつきます。


志村ふくみ作 律

 

志村ふくみ作 律

志村19-9-06
お仕立て上がり

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

ご売約済



 

追加画像・商品説明
志村ふくみ作 律 上前 志村ふくみ作 律 上前 志村ふくみ作 律 質感・風合

志村ふくみ作 律 質感・風合 志村ふくみ作 律 質感・風合 志村ふくみ作 律 銘入りの桐箱

「律」とは?全ての物事の基本となるおきてという意味のようです。
自然界を律する約束事。それを極めようとして臨んだ作品の様に理解しました。
それはまず、この作品から、染織という手仕事の持つ根幹的な質実な性格が見てとれます。
豊かで落ち着きのある絶妙な色彩感覚、基本である格子柄を中心として、しかも個性あふれる絵羽に仕上げている現代感覚。
ヨコ糸を節紬にしている所からくる、民芸調の温かみある、みずみずしい活力。
なんだか、志村さんがここに居るというオーラを放ったお召しもののようで、持ち主になられた方の着姿に思いを馳せます。


Page 1 of 11

TOPに戻る

灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル