日別アーカイブ: 2021年3月1日

澪つくし、かをるさん的コーディネート

ささやかな毎日の楽しみはBSで再放送中の『澪つくし』。15分のドラマですが、30分は見ている気になる素晴らしい作品です。令和の今は「科捜研の女」になっている主人公「かをる」は、銚子の醤油の蔵元の娘。

娘時代は可憐な着物姿でした。最愛の夫、「惣吉さん」との思い出の地、潮来にかけて菖蒲の帯をコーディネート。

こちらの帯は信じられないことですが、流水模様は手で防染して描き、絞りも全て手で行っていると思われます。単衣の錦紗縮緬に織と銀通しが入った着物を帯にしてあります。

ドラマと同じ昭和初期の物と思われるこの帯。この格子の着物には少し薄手の帯ですが、「かをる」らしい雰囲気で合わせてみました。

いろいろあったけど、今ではすっかり若奥様となり、しかも実家の経営陣に加わっている「かをる」。少しキリリとした姿の中にもやはり可愛らしさの残る着物姿が彼女らしいと思います。

様々な微妙な色彩の細かい格子が入った着物。春を呼ぶ爽やかな帯を合わせてみました。

最近は韓国ドラマ真っ青の展開でいよいよクライマックスです!着物姿とともにぜひオススメいたします!

赤格子着物 132,000円(税込み) 裄1尺6寸8分 身丈4尺2寸

菖蒲帯 27,500円(税込)

薄茶系格子着物 21-2-4https://www.akariya2.com/kimono2021-02-04.html

66,000円(税込み) 裄1尺7寸 身丈4尺3寸

桃枝文名古屋帯 21-2-26https://www.akariya2.com/obi2021-02-25.html

 

 

春の陽気に誘われて

桃の節句の季節となりました。

春の風に誘われるように、次々と花ひらき賑やかな景色へとかわっていきます。

日の光が明るくなると、着物のトーンも一段明るく着たくなります。

ご紹介の着物は、淡い黄色地にゼラニウムの丸い葉と可憐な花が染められた付下です。

所々にあしらいの刺繍が施されていて、染めをより立体的に見せています。

地紋のある織り帯をスッキリ合わせて、春らしい装いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ゼラニウム文様付下(お仕立て直し) 110,000円(税込)       (着物21-02-12)

身丈 :  4尺2寸(約159.6㎝)

裄  :  1尺7寸7分(約67.5㎝)

 

白緑忍冬唐草紋様名古屋帯 22,000円(税込)         (※白緑〜白っぽい緑色)