TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



深山幽谷文様刺繍の袋帯

 

深山幽谷文様刺繍の袋帯
ご売約済
帯19-5-15

令和元年5月1日より開催の
「令旬のひとえ展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
深山幽谷文様刺繍の袋帯 帯裏 深山幽谷文様刺繍の袋帯 前柄 深山幽谷文様刺繍の袋帯 質感・風合

深山幽谷文様刺繍の袋帯 質感・風合

丸帯崩しの、鴨の帯の片面です。
こちらにも鴨が波に躍動していますが、帯としては、みごとな水流を選んでみました。
お着物の意匠を考えて、こちらが、かえって望まれるのでは、と、その出会いをお待ちしています。


カエル三重奏の刺繍名古屋帯

 

カエル三重奏の刺繍名古屋帯
ご売約済
帯19-5-18


 

追加画像・商品説明
カエル三重奏の刺繍名古屋帯 帯裏 カエル三重奏の刺繍名古屋帯 前柄 カエル三重奏の刺繍名古屋帯 質感・風合

カエル三重奏の刺繍名古屋帯 質感・風合

当店オリジナルのカエルたちが、今年も登場です。
綾織で、重ね菱の地紋様の入った素敵な絹の夏素材を得て、彼らも水を得たように元気です。
金銀の輝きを抑えて、素朴に、をセオリーとしました。
前柄は、大好きな蛇籠をえらびました。


さつきに青い鳥の名古屋帯

 

さつきに青い鳥の名古屋帯
ご売約済
帯19-5-19

令和元年5月1日より開催の
「令旬のひとえ展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
さつきに青い鳥の名古屋帯 帯裏 さつきに青い鳥の名古屋帯 前柄 さつきに青い鳥の名古屋帯 質感・風合

さつきに青い鳥の名古屋帯 質感・風合

さつきは深山に自生する6月のお花です。枝に止まるヤマドリを含めて、全ての色が青みで表現されている所が見事です。
帯地も波筬(おさ)織リで、透け感が涼しげなので、初夏から夏いっぱいまでお楽しみ頂けます。


秋野の花の刺繍名古屋帯

 

秋野の花の刺繍名古屋帯
ご売約済み
帯19-5-21

令和元年5月1日より開催の
「令旬のひとえ展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
秋野の花の刺繍名古屋帯 帯裏 秋野の花の刺繍名古屋帯 前柄 秋野の花の刺繍名古屋帯 質感・風合

秋野の花の刺繍名古屋帯 質感・風合

白地に銀糸で大きな青海波が織り込まれていて、浅緑を基調とした刺繍が刺されています。
同色の布を配したら、きれいな色の個性が際立ってきたように見られます。


菖蒲にトンボの名古屋帯

 

菖蒲にトンボの名古屋帯
ご売約済
帯19-4-02


 

追加画像・商品説明
菖蒲にトンボの名古屋帯 帯裏 菖蒲にトンボの名古屋帯 前柄 菖蒲にトンボの名古屋帯 質感・風合

菖蒲にトンボの名古屋帯 質感・風合

桜が華やかにその一生を終えてから、藤や菖蒲はこちらが気を使ってあげないと、案外見過ごされやすいお花です。
それで、春は早くからお楽しみ頂きたく、当店でも早春からお披露目をしていますが、これはお花の上に汚れがあって、お陰で可愛いトンボの舞う帯が誕生しました。


読谷花織名古屋帯

 

読谷花織名古屋帯
ご売約済
帯19-4-05


 

追加画像・商品説明
読谷花織名古屋帯 帯裏 読谷花織名古屋帯 前柄 読谷花織名古屋帯 質感・風合

読谷花織名古屋帯 質感・風合

黒に近い藍の中なので、かわいいお花がいっそう可憐に織り込まれています。
元は、着尺の反物でしたが、帯として生まれ変わりました。


麦と菜の花の染め名古屋帯

 

麦と菜の花の染め名古屋帯
ご売約済
帯19-3-15

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
麦と菜の花の染め名古屋帯 帯裏 麦と菜の花の染め名古屋帯 前柄 麦と菜の花の染め名古屋帯 質感・風合

麦と菜の花の染め名古屋帯 質感・風合

大きな黒い麦と白い菜の花が、とてもカッコよく、センスの光る名古屋帯です。
青い麦が実る初夏の畑の光景が懐かしく、野草と共に愛でる植物のひとつでした。
季節先取りで、晩春の帯と行きましょう。


明治期振袖解き名古屋帯

 

明治期振袖解き名古屋帯

帯19-3-17
ご売約済み
3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
明治期振袖解き名古屋帯 帯裏 明治期振袖解き名古屋帯 前柄 明治期振袖解き名古屋帯 質感・風合

明治期振袖解き名古屋帯 質感・風合

州浜に四季の花々が咲き誇っています。
小袖の解き物や掛け軸、お琴や襖まで干されています。
風に当て、日干しにして、大切な家具やお道具を守る風習が、我が日本にはあったのでしょうが、ここではそんな大変な行事も風流な光景として、友禅で染め上げられています。
綺麗な紫は、明治中頃流行った曙染めで、塩瀬羽二重なのが帯に嬉しいです。


龍村製 「其角歳旦錦」 袋帯

 

龍村製 「其角歳旦錦」 袋帯
ご売約済
帯19-3-18

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
龍村製 「其角歳旦錦」 袋帯 帯裏 龍村製 「其角歳旦錦」 袋帯 前柄 龍村製 「其角歳旦錦」 袋帯 質感・風合

龍村製 「其角歳旦錦」 袋帯 質感・風合 龍村製 「其角歳旦錦」 袋帯 織り出し 龍村製 「其角歳旦錦」 袋帯 織り出し

江戸後期の絵師でもあり俳人でもある酒井抱一の俳句とタンチョウツルの夫婦。
そして、前と垂れ先には、名物中牡丹錦の文様が織り込まれた、龍村の人気度の高い袋帯です。
紬にも訪問着にも春先にかけての出番は待っています。


皆川月華作 花唐草文様名古屋帯

 

皆川月華作 花唐草文様名古屋帯
ご売約済
帯19-3-19

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
皆川月華作 花唐草文様名古屋帯 帯裏 皆川月華作 花唐草文様名古屋帯 前柄 皆川月華作 花唐草文様名古屋帯 質感・風合

皆川月華作 花唐草文様名古屋帯 質感・風合 皆川月華作 花唐草文様名古屋帯 垂れ先と落款

月華は京都で昭和の初、中期に活躍した染色家です。
友禅に洋画の技法を取り入れて、京都祇園祭りの山鉾の作者としても有名です。
この帯は、蒔き糊に友禅と刺繍が刺されていますが、この唐草もどこか洋風な匂いがして、あの時代には、それが異国情緒をくすぐられたのかと想像します。
ダイナミックな流線と刺繍は、もちろん今の我々の心も捉えて離しません。


水色地下がり藤にツバメ刺繍名古屋帯

 

水色地下がり藤にツバメ刺繍名古屋帯
ご売約済
帯19-3-21

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
水色地下がり藤にツバメ刺繍名古屋帯 帯裏 水色地下がり藤にツバメ刺繍名古屋帯 前柄 水色地下がり藤にツバメ刺繍名古屋帯 質感・風合

水色地下がり藤にツバメ刺繍名古屋帯 質感・風合 水色地下がり藤にツバメ刺繍名古屋帯 柄違いの帯

散ってしまったな、と桜の後追いをしているうちに、いつのまにか咲き尽くしてしまうのが藤の花です。
こうして帯として、もう少し長い間愛でてあげるのも、一つの鑑賞法です。
枝垂れ柳に枝垂れ藤、枝垂れ者の下をスイスイとツバメの滑降はお似合いなんですね。
柄違いの双子の帯がございます。


山ぶどうに青い鳥の名古屋帯

 

山ぶどうに青い鳥の名古屋帯
ご売約済
帯19-3-22

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
山ぶどうに青い鳥の名古屋帯 帯裏 山ぶどうに青い鳥の名古屋帯 前柄 山ぶどうに青い鳥の名古屋帯 質感・風合

山ぶどうに青い鳥の名古屋帯 質感・風合

ぶどうの葉っぱが墨絵風に描かれているので、手前にいる小鳥がひときわ美しく輝いて見えます。
そして又、ぶどうの実が美味しそうで、小鳥の目もらんらんです。
秋色を使っていませんので、春にもお召しいただけます。


お庭にムク犬の刺繍名古屋帯

 

お庭にムク犬の刺繍名古屋帯
ご売約済
帯19-3-23

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
お庭にムク犬の刺繍名古屋帯 帯裏 お庭にムク犬の刺繍名古屋帯 前柄 お庭にムク犬の刺繍名古屋帯 質感・風合

お庭にムク犬の刺繍名古屋帯 質感・風合

紺藍色の深い紫に、負けないほどの貫禄を秘めた、可愛いムク犬が鎮座しています。
目尻を垂らしてじっと見つめるこの姿には、愛犬家ならずとも心を惹かれてしまうのではないでしょうか。
刺繍師の技の凄さは、この子犬が今にも歩き出しそうな容姿をしていることにあります。
思わず撫でてあげたくなる愛らしさです。
コレクションとしてお勧めしたいです。


江戸裂柳に雨文様名古屋帯

 

江戸裂柳に雨文様名古屋帯
ご売約済
帯19-3-24

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
江戸裂柳に雨文様名古屋帯 帯裏 江戸裂柳に雨文様名古屋帯 前柄 江戸裂柳に雨文様名古屋帯 質感・風合

江戸裂柳に雨文様名古屋帯 質感・風合

平絹ですが、刈安に藍を掛けた江戸の小袖の断片でした。
枝垂れる柳の中に、楓が舞い、降り注ぐ雨を受ける傘。
小野道風の暗示ででもあるかのようですが、他に何か、文学的要素でもあるのでしょうか。


市女笠に桜の刺繍名古屋帯

 

市女笠に桜の刺繍名古屋帯
ご売約済
帯19-3-25

3月21日から開催の
「新緑の日のきもの展」にて
展示販売


 

追加画像・商品説明
市女笠に桜の刺繍名古屋帯 帯裏 市女笠に桜の刺繍名古屋帯 前柄 市女笠に桜の刺繍名古屋帯 質感・風合

市女笠に桜の刺繍名古屋帯 質感・風合

市女笠は、平安期に高貴な女性が外出する際に被っていたもので、桜と掛けると、雅な王朝文学を暗示させます。
王朝文化や、元禄文化などを象徴する意匠は、時代の流行りに乗ってしばしば登場してきましたが、白緑色にはんなりと刺繍が乗っかって、優しい趣のある帯になっています。


Page 3 of 18012345...102030...Last »

TOPに戻る

灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル