TOPへ

灯屋2銀座店へ問い合わせ



浦野理一作 蝶にバラ文様諸紬袷

 

浦野理一作 蝶にバラ文様諸紬袷
ご売約済
着物19-4-07

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 蝶にバラ文様諸紬袷 上前 浦野理一作 蝶にバラ文様諸紬袷 上前 浦野理一作 蝶にバラ文様諸紬袷 質感・風合

浦野理一作 蝶にバラ文様諸紬袷 質感・風合

ビビットな瑠璃色の中に、蝶とバラの柄が白く浮き出ています。
凛と張り詰めた、爽やかな緊張感の漂うお着物です。
縦節と違って諸糸という優しい縦糸を使って織り込んでいるので、柔らかい感触の紬になっています。


浦野理一作 梅枝文様鬼縮緬地袷

 

浦野理一作 梅枝文様鬼縮緬地袷
ご売約済
着物19-4-08

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 梅枝文様鬼縮緬地袷 上前 浦野理一作 梅枝文様鬼縮緬地袷 上前 浦野理一作 梅枝文様鬼縮緬地袷 質感・風合

浦野理一作 梅枝文様鬼縮緬地袷 質感・風合

梅の幹が籠目紋のように伸びて絡まり、アールデコの様相を帯びたデザインです。
そして太い幹から、優しい枝と可憐な花。藍と白のコントラストが織りなす世界が、力強くしなやかに展開していきます。


浦野理一作 糸巻文様横絣縦節紬

 

浦野理一作 糸巻文様横絣縦節紬
ご売約済
着物19-4-09

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 糸巻文様横絣縦節紬 上前 浦野理一作 糸巻文様横絣縦節紬 上前 浦野理一作 糸巻文様横絣縦節紬 質感・風合

浦野理一作 糸巻文様横絣縦節紬 質感・風合

糸巻きがかわいく並ぶ、素朴な柄の絣です。
縦節紬ですが、経年変化のためか、糸がこなれて、優しい感触の紬になっています。
どんなお色の帯が来ても、全て受け入れてもらえそうですね。


浦野理一作 縞竹文様鬼縮緬地袷

 

浦野理一作 縞竹文様鬼縮緬地袷
ご売約済
着物19-4-10

身丈:4尺(約152cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 縞竹文様鬼縮緬地袷 上前 浦野理一作 縞竹文様鬼縮緬地袷 上前 浦野理一作 縞竹文様鬼縮緬地袷 質感・風合

浦野理一作 縞竹文様鬼縮緬地袷 質感・風合

笹藪から風のささやく音が聞こえて来そうな、密度の濃い小紋柄で、大きすぎもせず、小さすぎもしない。
雀の帯があったら、とてもメルヘンチックな装いになりそうです。
浦野染色工房初期の作品と思われます。
お仕立て直しで大きくなります。


浦野理一作 藍微塵格子経節紬袷

 

浦野理一作 藍微塵格子経節紬袷
ご売約済
着物19-4-12
お仕立て直し

身丈:4尺1寸5分(約157.7cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 藍微塵格子経節紬袷 上前 浦野理一作 藍微塵格子経節紬袷 上前 浦野理一作 藍微塵格子経節紬袷 質感・風合

浦野理一作 藍微塵格子経節紬袷 質感・風合

光沢のある美しい紬糸の明るい藍と黒の細かな格子。
その上に経糸の節が、ふぞろいの小さな水玉のようにモダンなリズムを刻んでいます。
見ているだけでも心踊る布は、纏うとどうなるのだろう…と胸が、高鳴るほど。
時を経て飾らない藍色に惹かれる、素敵な紬です。


浦野理一作 海辺文様紅型染め諸紬 仮絵羽

 

浦野理一作 海辺文様紅型染め諸紬
仮絵羽
ご売約済
着物19-2-24
お仕立て上がり

通信販売可



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 海辺文様紅型染め諸紬 仮絵羽 上前 浦野理一作 海辺文様紅型染め諸紬 仮絵羽 質感・風合 浦野理一作 海辺文様紅型染め諸紬 仮絵羽 質感・風合

春の海辺は賑やかです。
波頭がくだけて、岸には大きな網干と反物が干してあるのでしょうか。
空には雁が飛んできました。
明るい藍が黒の差し色があることにより、爽やかに輝いて見えます。
浦野さんの作品は全体的にはダイナミックなのですが、このデザインは柄が小さいので、小柄な方にも着こなしていただけます。
諸紬は縦節紬よりも薄手なので、袷にして春いっぱいお楽しみ下さい。


浦野理一作 縦縞に絣紋縦節紬 仮絵羽

 

浦野理一作 縦縞に絣紋縦節紬
仮絵羽
ご売約済
着物19-2-25



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 縦縞に絣紋縦節紬 仮絵羽 上前 浦野理一作 縦縞に絣紋縦節紬 仮絵羽 質感・風合 浦野理一作 縦縞に絣紋縦節紬 仮絵羽 質感・風合

ベージュ濃淡の縞に赤と藍の絣が、楽しく軽快な印象のお着物です。
明るいベージュの中で、赤と藍の色が仲良く寄り添って、まるでリズミカルにダンスをしているかのようです。
春光の中で、秋風の中でのお出かけを誘うお着物になりそうです。


浦野理一作 鬼縮緬地大牡丹文様小紋

 

浦野理一作 鬼縮緬地大牡丹文様小紋

着物19-2-26
ご売約済み
身丈:4尺1寸(約155.8cm)
裄:1尺6寸7分(約63.5cm)



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 鬼縮緬地大牡丹文様小紋 上前 浦野理一作 鬼縮緬地大牡丹文様小紋 上前 浦野理一作 鬼縮緬地大牡丹文様小紋 質感・風合

浦野理一作 鬼縮緬地大牡丹文様小紋 質感・風合

透明感のある鉄紺地に、闊達な糸目糊の描線が冴え渡る、精々とした格調高い小紋です。
おおらかで伸びやかなデザインも浦野さんの真骨頂です。
藍色に比べて、明るく、少し緑がかっているので、春、つまり牡丹の季節にふさわしい色調かとお考えだったのでしょう。
鬼縮緬ですが、比較的柔らかく感じられます。


浦野理一作 紬縮緬地橘文様小紋

 

浦野理一作 紬縮緬地橘文様小紋
着物19-2-27
ご売約済

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 紬縮緬地橘文様小紋 上前 浦野理一作 紬縮緬地橘文様小紋 上前 浦野理一作 紬縮緬地橘文様小紋 質感・風合

浦野理一作 紬縮緬地橘文様小紋 質感・風合

橘は、その常緑の葉っぱが、永遠を意味する縁起物として、宮中に植えられたり、文化勲章のデザインに取り入れられたりもしています。
少し紫がかった紺青色のうえに、白い糊置きの線と、綺麗な差し色が輝いています。
赤い八掛は、浦野さんの象徴です。
昭和中期の好景気の時代が反映された、明るくて、溌剌としたお着物です。


浦野理一作 絹紬地唐花文様小紋

 

浦野理一作 絹紬地唐花文様小紋

着物19-2-28

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺6寸8分(約63.8cm)

ご売約済



 

追加画像・商品説明
浦野理一作 絹紬地唐花文様小紋 上前 浦野理一作 絹紬地唐花文様小紋 上前 浦野理一作 絹紬地唐花文様小紋 質感・風合

浦野理一作 絹紬地唐花文様小紋 質感・風合

縦絹糸で、緯糸に強いシボのかかった紬糸の織りを、浦野さんは、絹紬と称しています。
唐花のこの色は、何という濃い紫でしょうか。
日本色彩研究所編の「日本の伝統色」によると、「濃色」となっています。
古来より、色といえば紫と決まっているのだから、紫の濃い色は、濃色で良いそうです。
浦野さんは、色の魔術師のように、自在に色を表現していますが、積年の研究の賜物なのでしょう。
相棒のベンガラ色とのコンビもおしゃれです。


浦野理一作 雲取りに鶴亀の紬縮緬地一方付け

 

 


浦野理一作
雲取りに鶴亀の紬縮緬地一方付け
ご売約済
着物19-1-19

身丈:4尺3寸(約163.4cm)
裄:1尺7寸(約64.6cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
浦野理一作 雲取りに鶴亀の紬縮緬地一方付け 上前 浦野理一作 雲取りに鶴亀の紬縮緬地一方付け 上前 浦野理一作 雲取りに鶴亀の紬縮緬地一方付け 質感・風合

浦野理一作 雲取りに鶴亀の紬縮緬地一方付け 質感・風合 浦野理一作 雲取りに鶴亀の紬縮緬地一方付け 背紋

全体を覆う雲取りの中、遠山に鶴が飛翔し、海に亀が泳いでいます。
浦野の紅型ともいえますが、柄が大きくて上を向いているので、お召しになると品性と共に豪華さが際立ちます。
訪問着にも引けを取らない格調も感じられます。
昭和中頃の作品で、お嬢様仕様に、長いお袖となっています。


浦野理一作 浅緑色縦節紬

 

 

浦野理一作 浅緑色縦節紬

着物19-1-13

身丈:4尺2寸(約159.6cm)
裄:1尺6寸7分(約63.5cm)

ご売約済


 

追加画像・商品説明
浦野理一作 浅緑色縦節紬 上前 浦野理一作 浅緑色縦節紬 上前 浦野理一作 浅緑色縦節紬 質感・風合

浦野理一作 浅緑色縦節紬 質感・風合 浦野理一作 浅緑色縦節紬 背紋

爽やかな緑の色無地は、どなたにもお似合いになる魔法のお色です。
お若い方には、竹を割ったように爽やかに、又、お年を召した方には、清楚で気品を備えたように映ります。
帯の色合わせにも柔軟性があります。
アゲハ蝶の一つ縫い紋がありますが、取り外すことができそうです。


浦野理一作 灰桜色縦節紬単衣

 

 

浦野理一作 灰桜色縦節紬単衣
ご売約済
着物19-1-14

身丈:3尺9寸5分(約150.1cm)
裄:1尺6寸5分(約62.7cm)


 

追加画像・商品説明
浦野理一作 灰桜色縦節紬単衣 上前 浦野理一作 灰桜色縦節紬単衣 上前 浦野理一作 灰桜色縦節紬単衣 質感・風合

浦野理一作 灰桜色縦節紬単衣 質感・風合

ピンクでもなく、ベージュでもない。
いわば大人色、とでも呼びたくなるような、さりげなく上品なお色味の紬です。
単衣仕立てなので、このままですと、桜の散る頃よりのお召し物となりますが、もちろんお仕立て直しもできます。
そして一生の共となることを請合います。


浦野理一作 絹紬地花丸文様小紋

 

 

浦野理一作 絹紬地花丸文様小紋
ご売約済
着物19-1-16
お仕立て直し

身丈:4尺2寸5分(約161.5cm)
裄:1尺7寸5分(約66.5cm)

通信販売可


 

追加画像・商品説明
浦野理一作 絹紬地花丸文様小紋 上前 浦野理一作 絹紬地花丸文様小紋 上前 浦野理一作 絹紬地花丸文様小紋 質感・風合

浦野理一作 絹紬地花丸文様小紋 質感・風合

麻の葉紋の中に白くかわいい花丸模様がうかんでいます。
これも初期作品で、赤い八掛が時代と浦野さんを象徴しています。


浦野理一作 水色鬼絞縮緬地春秋文様色留袖

 

 

浦野理一作
水色鬼絞縮緬地春秋文様色留袖
ご売約済
着物18-11-01

お仕立て上がり


 

追加画像・商品説明
浦野理一作 水色鬼絞縮緬地春秋文様色留袖 上前 浦野理一作 水色鬼絞縮緬地春秋文様色留袖 質感・風合 浦野理一作 水色鬼絞縮緬地春秋文様色留袖 質感・風合

浦野理一作 水色鬼絞縮緬地春秋文様色留袖 背紋

裾に程よく楓と梅が配されて、季節を問わないでお召し頂けるお着物です。
丸に4つ菱の染め3つ紋がありますので、色留袖となります。
色留袖は、昔は既婚女性の正装でしたが、現在では、既婚未婚を問わず、礼装から準礼装まで幅広くお召し頂けます。
むしろ刺繍の半衿や伊達襟で、個性をお楽しみになれます。
白抜きの部分が多いので、水色とのコンビネーションがエレガントで、清楚な印象を受けます。
裾に地色を残しているのも、装いに落ち着きが見られます。
仮絵羽仕立てなので、お客様に合わせてお仕立てします。


着物レンタルの灯屋2TOP > 浦野着物売約済 > 浦野理一作 水色鬼絞縮緬地春秋文様色留袖
ご売約済

ページの先頭へ


灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋青梵ギャラリー
着物レンタル婚礼衣裳レンタル訪問着レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル