大津絵に惹かれて

大津絵の帯製作中

江戸の初め、民衆の間で信仰と結び付き仏絵として描き売られた大津絵は、時代の流れに伴って風俗絵に転じました。
絵に登場する神仏、鬼、人間、動物は社会を風刺し、人が持つべき心を語ったり、時には癒す役も務めます。
素朴で明朗、大胆な表現は今にも人気を保って続いています。
春が近づいてきたとは言ってもまだ寒く少々薄暗いこの時期、暖かい紬に身を纏い、楽しい帯を締めお出かけませんか。

写真は焦げ茶色の紬に、縮の大津絵をアップリケして名古屋帯に仕立てているところです。

アトリエ担当 森

大津絵に惹かれて」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: アンティーク着物の灯屋2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です