TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



喜多川平朗作 白亀甲地に桜の花丸紋開き名古屋帯

 

 

喜多川平朗作 白亀甲地に桜の花丸紋開き名古屋帯
帯13-12-6


 

追加画像・商品説明
喜多川平朗作 白亀甲地に桜の花丸紋開き名古屋帯  質感・風合 喜多川平朗作 白亀甲地に桜の花丸紋開き名古屋帯  帯裏 喜多川平朗作 白亀甲地に桜の花丸紋開き名古屋帯  前中心

こちらの帯は二部織物で織られた帯になります。
二部織物とは全面に亀甲や唐草などの連続紋を織り出して地紋とし、その上に「上紋(うわもん)」と称して丸文や花鳥文などを地とは別の色糸で飛び飛びに織り出したものです。
優しい色合いの桜の花丸紋が、お着物を更に品良くまとめてくれる帯になってくれます。
名古屋帯ではありますが、付下や色無地のお着物に合わせてコーディネートしてみて下さい。
少々汚れがありますので店頭にてご確認下さい。


アンティーク着物の灯屋2TOP > 帯 売約済み > 喜多川平朗作 白亀甲地に桜の花丸紋開き名古屋帯

ページの先頭へ


灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル