浦野理一の布を継ぐ 「継ぎ裂」展  のお知らせです。

浦野理一の布を継ぐ

「継ぎ裂」  展     のお知らせです。

2016年以来温めてきた企画展を、やっと開催することになりました。

浦野理一の残した膨大な小布(こふ)を一枚一枚継いで、きものやおびにしていく中で、その裂に宿る浦野さん父子の60年におよぶ仕事への想いや、培われた美意識も、しっかりと継いで行くのだということに気付かされました。

そして、展示会を「継ぎ裂」展、その作品を「継ぎ裂きもの」「継ぎ裂おび」としました。

今、その作品群を見て、確かにこれは、灯屋2にこそふさわしい仕事だったのだと確信しています。昨日、一昨日と図録のための撮影をしましたが、新たな命を吹き込まれた継ぎ裂たちが、美しいきものやおびとして蘇りました。

どのように美しく蘇ったのか。それには、どうぞ図録のでき上りをご期待ください。

10月初めにはご覧いただける予定です。

なお今回は、どちらへも神出鬼没の、山田英幸さんの助力も得て進めて行きますので、よろしくお願いします。

灯屋2   渋谷公子

 浦野理一の布を継ぐ

「継ぎ裂」展     ー   灯屋2

会場    洋協ホール    中央区銀座6-3-2

Tell 03-3571-3402

会期    11月21日(土曜日)〜26日(木曜日)

 #詳細は追ってお知らせします。 また、ブログ、インスタ、FBもご覧下さい。