おもしろ柄帯

紺色縞紬袷着物にキューピーおもしろ柄接ぎ名古屋帯「花の季節の着物展」、店内はまだまだ花盛りで開催中です。
ぜひ着物の花園に酔いしれてくださいませ。

新商品も次々と入荷しております。
こんな楽しい帯も!
とんがり頭に大きな眼、キューピーさんでしょうか。
いろんな装束で演技している様子は、いまどきのコスプレのよう。接ぎ布、裏布も素敵です。

合わせる着物は、大きめに仕立てあがっております。
紺地に、広目にほどこされた細い縞。
横糸に撚りがかかっている素朴な布です。
春のお出かけを、いきいきと楽しくしてくれることでしょう。

キューピーおもしろ柄接ぎ名古屋帯 
紺色縞紬袷着物 108,000円
身丈:4尺3寸5分(約165.3㎝) 裄:1尺8寸(約68.4㎝)

紺色縞紬袷着物キューピーおもしろ柄接ぎ名古屋帯

海老沢

鳥に春の花切継ぎ帯

格子紬袷に鳥に春の花切継ぎ帯雛祭りも終わり、日差しは春めいてきました。
たくさんの春の花と鳥が染められた生地と、縞や織を切継ぎした帯をご紹介します。
はんなりした染帯に、織りの生地が額縁のように添えられ粋な雰囲気に生まれ変わりました。

他にも切継ぎの帯は、江戸裂のものや染めのものなど沢山ございます。
世界に一つの灯屋2アレンジの帯です。

この季節にすっきり着られる格子の袷を合わせてみました。
帯しだいでカジュアルにも、粋な感じにもお召しいただけます。
サイズも充分ございます。
日差しに映える天然石の帯留を合わせました。

鳥に春の花切継ぎ帯 
格子紬袷 86,400円
身丈:4尺2寸8分(約162.6㎝) 裄:1尺7寸5分(約66.5㎝)
メノウ・紅水晶・オパールの宝珠三連帯留 48,600円

格子紬袷鳥に春の花切継ぎ帯にメノウ・紅水晶・オパールの宝珠三連帯留

田中

眠り猫ちゃんの付下

眠りネコちゃんの付下に黒地バラの花名古屋帯猫好きの皆さま、お待たせいたしました!

粋で洒落た雰囲気の斜め縞の小紋に、気持ち良さそうに眠る猫ちゃんのオリジナルの刺繍をお入れしました。
座ると、ちょうど膝の上で寝ているように見える位置にいるのです。
ふくふくとした表情と投げ出された足が無防備で、「あ~いるいる、こういう猫」、と思わず笑みがこぼれます。

白黒のぶちのコントラストが深いストライプの地色に映えて、全体の印象がきりりとひきしまっています。

モダンな縞の雰囲気に合わせて、大胆な薔薇の染名古屋帯をコーディネートしました。
立ち姿になると、猫ちゃんは薔薇の垣根の下でお昼寝しているように見え方が変わります。

猫モチーフのお着物や帯は、一度手に入れた方はそうそう手放さないとかで、なかなか出てこないものです。
であればと、オリジナルで灯屋好みの猫ちゃんをお作りしました。
これからも、絶妙な猫の魅力を発信していく予定です!?

眠りネコちゃんの付下 (着物17-1-25) 129600円
身丈:4尺1寸(約155.8cm) 裄:1尺6寸8分(約63.8cm) お仕立て直し
黒地バラの花名古屋帯 43200円

眠りネコちゃんの付下眠りネコちゃんの付下に黒地バラの花名古屋帯

櫻井

本場結城紬と猫ちゃんの刺繍帯

本場結城紬に猫ちゃんに秋海棠の名古屋帯三月に入り、寒さもほんの少しですが和らいできたようです。
桜の便りが待ち遠しい今日この頃です。
春らしい淡い色でまとめたコーディネートをご紹介。

着物は美しい象牙色に、鉄紺と臙脂色で波の様な柄を表現した大胆な結城。
本場結城紬ですが新機で織られた節の美しい着物です。
風合いもさらりとして春先にすっきりお召しになって頂きたい一枚。

合わせた猫ちゃんの帯は、灯屋で人気の猫の刺繍の帯です。
ビーズやレースの秋海棠の葉が心浮き立ちます。
猫ちゃんの気持ちになって蝶を目で追ってしまいそうです…
きりっとした茶格子の丸ぐけを合わせてみました。

猫ちゃんに秋海棠の名古屋帯 (帯17-3-22) 129,600円
本場結城紬 
身丈:4尺5分(約153.9㎝)  裄:1尺7寸5(約66.5㎝)
格子丸ぐけ 3,990円

本場結城紬本場結城紬に猫ちゃんに秋海棠の名古屋帯

田中

さくら舞う

桜と楓文様小紋に雲取りに枝桜綸子染名古屋灯屋2では「花の季節の着物展」を開催中!!
一段と華やかな店内で、花々の描かれた着物や刺繍の美しい帯で店内が埋め尽くされています。
いつもになく華やかな着物をきてご紹介です。

日の光はすっかり春色で、ワント―ン明るい着物に目がとまります。
ご紹介の着物は縞に桜や楓が舞う優しい着物です。

若草色で染められていますが、染まりにくい野蚕糸を使って縞の濃淡を出しているかもしれません。
地紋にも縞、2種の糸を使って染分けて、さりげなく凝った着物です。
あわせた帯も桜。
本紋綸子に緋色で雲取りが染められ、枝桜が描かれています。
ところどころに刺繍が施され、はんなり優しい色合いです。

桜と楓文様小紋 (着物16-1-2) 151,200円
身丈:4尺2寸5分(約161.5㎝) 裄:1尺7寸5分(約66.5㎝)
雲取りに枝桜綸子染名古屋 (帯15-1-20) 43,200円

桜と楓文様小紋雲取りに枝桜綸子染名古屋

徳永

優美な紫のお散歩着

牡丹に蝶一つ紋散歩着満開になった大輪の牡丹に、ふわりと蝶がやってきました。
ロマンチックな雰囲気漂うお散歩着です。

明治のころ、江戸小紋の裾にポイントとして図案を入れた着物が流行った時代がありました。
それが少しずつ姿を変え、大正から昭和のはじめ頃、大阪船場の奥様やお嬢様のお洒落なお出かけ着として再流行したものが、こちらのお散歩着です。
全体は小紋柄になっていますが、上前の裾にだけ、刺繍や文様が付けられています。
白い曲線は、巧みな絞りで染められているようです。

小紋から付下くらいの格としてお召しいただけます。
さらりとまとっての美術鑑賞も素敵ですね。

牡丹に蝶一つ紋散歩着 (着物17-3-6) 108000円
身丈:3尺9寸5分(約150.1cm) 裄:1尺7寸(約64.6cm)
お仕立て直し

櫻井

「花の季節の着物展」 素敵な帯たちがお迎えします!

「花の季節の着物展」で展示している、春らしい帯を一部ご紹介させて頂きます。

枝垂れ藤の染め帯

 

 

枝垂れ藤の染め帯

帯17-3-10


藤の花の魅力たるや、その枝垂れた姿の優雅さにあるのではないでしょうか。
先にいくに従って細く花をつけるシルエット、蔓の巻き方や花弁の翻りまで、藤らしさの出る部分を最低限の筆致で見事に捉えて描ききっています。
美しい濃淡で水墨画のような品をたたえた佇まいです。
部分的に刺繍もあしらわれて、優雅な雰囲気を醸し出しています。

枝垂れ藤の染め帯 枝垂れ藤の染め帯


枝垂桜に御籤名古屋帯

 

 

枝垂桜に御籤名古屋帯

帯17-3-7


ベージュ地に青い桜とピンクの桜の刺繍が、大人と少女のふたつの表情を映しているような名古屋帯です。
まだ蕾をつけた枝垂桜に、おみくじがちらほらと結び付けられています。
お嬢さんが恋占いをしたのでしょうか。
咲き始めた桜と初々しい乙女心が相乗して、甘酸っぱい気持ちにさせてくれます。

枝垂桜に御籤名古屋帯 枝垂桜に御籤名古屋帯


桜に紅葉文様半幅帯

 

 

桜に紅葉文様半幅帯

帯17-3-13


最近当店で高まりを見せる半巾帯の人気!
さっと締められる気軽さと、見た目のこなれ感は半巾ならでは。
こちらは、桜と紅葉が細やかに散らされた大人の半巾帯です。
シックな色味で、品のある着こなしが叶います。
部分的に入った黒い織と渦巻き文様が、くっと粋な印象を生みます。

桜に紅葉文様半幅帯

櫻井

「花の季節の着物展」 いよいよ始まります。

「花の季節の着物展」 いよいよ始まります。

25日からの「花の季節の着物展」、皆さま楽しみにされている事と思います。
春らしく心あたたまる帯を、ほんの一部、ご紹介させて頂きます。

春の野原とうさぎの刺繍帯

 

 

春の野原とうさぎの刺繍帯
86400円
帯17-3-15


こちらは、オリジナル刺繍の名古屋帯。
兎のいる風景はどうしてこんなに心和むのでしょう。
あたたかな日だまりの中で、思い思いに寛ぐうさぎたち。
春の野にたんぽぽとワラビが芽吹き、優しい空気が漂っています。
切り継いだ格子と、縞の生地も大らかな雰囲気です。

春の野原とうさぎの刺繍帯 春の野原とうさぎの刺繍帯


ミモザと小鳥刺繍帯

 

 

ミモザと小鳥刺繍帯

帯17-3-16


ミモザにやってきた可愛い小鳥。
こちらも灯屋2オリジナル刺繍です。
帯にミモザのお花とは、なかなか珍しいのではないでしょうか。
相良刺繍でミモザのフワフワ感が良く表現されています。
優しい黄色が春を告げる、あたたかで爽やかな帯です。

ミモザと小鳥刺繍帯 ミモザと小鳥刺繍帯


四季の花々丸紋刺繍名古屋帯

 

 

四季の花々丸紋刺繍名古屋帯
108000円
帯17-3-6


3種類の布を接ぎ合せた、洒落感のある帯です。
青磁色と薄色が落ち着いた雰囲気を与えながらも、立体的に施されたアンティークの椿、笹、楓、梅、菊の刺繍が何とも見事。
豪華な刺繍が載せられている地は総絞りで、手のこんだものですが、さらりとお締め頂ける軽やかさも併せ持っています。

四季の花々丸紋刺繍名古屋帯 四季の花々丸紋刺繍名古屋帯

櫻井

細雪の世界

枝垂れ桜の羽織満開の枝垂れ桜。
谷崎潤一郎「細雪」のなかで、四姉妹は毎年京都の平安神宮にお花見に出掛けます。
その場面をほうふつとさせる羽織りがこちら

姉妹それぞれが、様々な思いを胸に見上げる桜。
京都府の府花でもあります。

霞のなかで、ひとつひとつが感情をもっているように咲く花。
その表現は、見事としか言いようがありません。

枝垂れ桜の羽織 (着物17-3-10)  
身丈:2尺6寸(約98.8㎝) 裄:1尺7寸2分(約65.4㎝) 
お仕立て直し

海老沢

※ご紹介の商品は「花の季節の着物展」2月25日からご覧いただけます。

更紗に春告げ鳥の刺繍帯

芝翫茶の縞結城紬に更紗に極楽鳥刺繍名古屋帯日増しに春の気配を感じられる、今日この頃。
着物に気持ちの良い季節です。
ご紹介の帯は、紫地の繻子に黒のたたきで宝尽くしと地紋を表現した上に、刺繍で更紗と鳥を刺繍しています。
鳥は極楽鳥でしょうか。
独特な色合いが魅力的です。
合わせた着物は、珍しい色の縞結城。
凛とした二本縞が都会的な印象になります。
帯によって表情を替えられる一枚です。
サイズも充分あります。
春らしい土筆の帯留を合わせてみました。

芥子の花と鳥刺繍名古屋帯 (帯17-3-19) 
芝翫茶の縞結城紬 (着物17-2-22) 172,800円
身丈:4尺3寸(約163.4㎝)  裄:1尺8寸(約68.4㎝) 仕立て直し
土筆帯留

芝翫茶の縞結城紬更紗に極楽鳥刺繍名古屋帯

更紗に極楽鳥刺繍名古屋帯に土筆帯留

田中

※ご紹介の商品は「花の季節の着物展」2月25日からご覧いただけます。