雪に雀

竹に扇面お散歩着に黒地雪に雀刺繍名古屋帯朝の凍てつく寒さ、毎晩のようにあちこちで花ひらく宴会。
いつの年もかわらない師走の日常。
今年もあとわずかで暮れていきます。

ご紹介の着物は、力強くしなやかに描かれた竹に、雅な扇面が前柄に描かれているお散歩着。
描かれた竹の深い深い緑に目を奪われて、見入ってしまいます。

合わせた帯は、雪の舞う中を懸命に舞う雀の刺繍帯。
ふっくらと盛り上がるまで施された刺繍が、冬の雀の豊かな羽根を表現しています。

竹に扇面お散歩着 85000円+税
身丈:4尺3寸(約163.4㎝) 裄:1尺8寸(約68.4㎝)
黒地雪に雀刺繍名古屋帯 85000円+税

竹に扇面お散歩着に黒地雪に雀刺繍名古屋帯 竹に扇面お散歩着


竹に扇面お散歩着 黒地雪に雀刺繍名古屋帯

徳永

縞紬とおもしろ柄の帯

縞紬におもちゃ尽しの帯12月の半ばを過ぎ、朝晩の冷え込みもだいぶ厳しくなってきました。
着ても温かく、ほっこりする紬。この時期は紬に限ります。

写真の紬は高麗納戸色に朱、黄、緑、薄青、白などがの縞が入った非常に凝ったもの。

強い色を縞に使っていますがなぜかやさしく、ほっこりする雰囲気をかもしだしています。
風合いもこなれて着やすく、帯合わせも楽しい紬です。
八掛の色も若々しい色です。
合わせたのは、おもちゃ尽しの染帯。
落ち着いたひわだ色に、昔の玩具の絵が描かれたノスタルジック溢れる帯。
かわいい鈴の帯留を合わせてみました。

年末の買い出しや気楽なお出かけにお勧めです。

おもちゃ尽しの帯に出雲石とメノウの鈴帯留 おもちゃ尽しの帯

縞紬

縞紬(お仕立て直し) 100,000円+税 
身丈:4尺3寸(約163.4㎝) 裄:1尺8寸(約68.4㎝)
おもちゃ尽しの帯 70,000円+税
出雲石とメノウの鈴帯留 8,000円+税
紫三分紐 3,200円+税

田中

「クロワッサン 着物の時間」

持田香織さまの着物姿いつまでも色あせない美しいハートが息づいている「クロワッサン 着物の時間」。

2017年11月10日号 No.960でアーティストEvery Little Thingボーカル・持田香織さまの着物姿が紹介されています。

灯屋2の茶の結城縮に浦野理一の布を使った当店の創作帯を合わせてお召しになってのご登場。
ご来店の際には、着物の時間への掲載について何もお話されませんでしたので、スタッフ皆が、存じ上げませんでした。
掲載写真を拝見し、思わず歓声が上がるほど、とても素敵に着こなしてらっしゃいます。
著名な方なのに明るく、気さくでお心づかい細やか。

皆さまどうぞご覧になってみて下さい。

10年以上前の灯屋2紹介実は、10年以上前に灯屋2渋谷が、掲載紹介して頂いたことがあります。

ずいぶん昔の事になりますが、今でも時々、ご覧頂いたお客様が「とても素敵な帯と紬だったので‥他にもありますか?」とご来店くださるほどの着物のバイブル。

出版当時も「大人のよいお着物本が出来たね!」と皆で喜んだ事を覚えております…

白井

新春の紫のコーディネート

紫雲取りぼかしに刺繍お散歩着に流水に梅紅葉の刺繍名古屋帯「新春の着物展」たくさんのお客さまにご来店頂き、誠にありがとうございました。
催事は昨日最終日を迎えましたが、まだまだたくさんのお着物と帯がございます。

本日紹介させて頂くのは、新春にふさわしい紫のコーディネイト。
青と赤が混ざり合い多様な色合いが生み出される紫は、動の赤と静の青、相反する色が共存しているため、「高貴」であり「神秘的」な色。
古来より位の高い人々の間で用いられ、気品の高さを感じさせます。

写真の着物は霞の中に、菊や更紗が描かれもの。
金通しが格子に織り込まれた雅な雰囲気があります。

合わせた帯は、たっぷりの梅と紅葉が刺繍された帯。
ところどころに配された金駒刺繍が華やかさをプラスしています。
流水の流れを紫の絞で表し、黒地が紅葉のオレンジと緑を効果的に浮き出させています。


梅紅葉の刺繍名古屋帯 梅紅葉の刺繍名古屋帯と梅彫金帯留

紫雲取りぼかしに刺繍お散歩着

紫雲取りぼかしに刺繍お散歩着 (着物17-10-25) 90,000円+税
身丈:4尺2寸(約159.6㎝) 裄:1尺7寸8分(約67.6㎝)
流水に梅紅葉の刺繍名古屋帯 (帯17-10-27) 
梅彫金帯留 48,000円+税

カシミール羽織

カシミール羽織防寒コートの役目もはたしてくれるカシミール羽織をご紹介させていただきます。

自然な色合いに、ペーズリーの曲線がリズミカル。
紬にも柔らか物にも羽織ることの出来る優れ物!

こちらの羽織2点は、お仕立て上がりの時期が昨年のシーズンオフにずれ込んでしまい販売出来なかったもので、若干身丈が短めという理由だけで、とてもお値打ち価格となっております。

カシミール羽織やさしいトーンのよく似たお色目ですが、

左上のお写真の方が、
身丈:2尺6寸(約98.8cm)、裄:1尺8寸3分(約69.5cm)。
右下の写真のものは、
身丈:2尺5寸5分(約96.9cm)、裄:1尺8寸(約68.4cm)。

若干の寸法ちがいです。
どちらも羽裏は、可愛い木版染めのサリー。

お求め頂いた方にお得感を味わっていただける2枚のカシミール羽織
55,000円+税
お仕立て上り

カシミール羽織 カシミール羽織

木版染めのサリーの羽裏

白井

メリークリスマス!

無地結城紬に雪の結晶ビーズワーク名古屋帯今年もこの季節がやってきました!
自分の過ごしてきた時を思うと、両親がどんなに楽しい設えをしてくれていたかと懐かしく思い出します。
クリスマスが楽しいと思うのは、両親のおかげだなと思ったりします。

クリスマスカラーでその時を楽しむのはいかがでしょうか?

グリーンの結城紬に新作のオリジナル帯を合わせました。
深いグリーンの紬は、糸の節が無地の紬に表情を出しています。
灯屋2オリジナルの帯は、ふくれ織の生地に雪の結晶のビーズワーク。
一針一針丁寧に刺された作品は、繊細でさり気なく締めて歩けそう。
お揃いの半衿とアンティークの帯留をあわせて、クリスマス気分を添えて。


雪の結晶ビーズワーク名古屋帯 雪の結晶ビーズワーク名古屋帯


刺繍半衿 刺繍半衿

無地結城紬 120000円+税
身丈:4尺1寸5分(約157.7㎝) 裄:1尺7寸5分(約66.5㎝)
雪の結晶ビーズワーク名古屋帯(赤) (帯17-11-14) 95000円+税
刺繍半衿 12000円+税
帯留 30000円+税(三分紐別)

徳永

「新春の着物展」開催いたします。

梅の五つ紋に蜀江文に檜扇の刺繍名古屋帯はやいもので、今年もあとわずかになりました。
新春のお着物は、見て触れるだけでも心晴々、あててみるとなお美しく。
帯も小物も、この時期ならではの装いをお楽しみください。

会期:2017年12月9日(土)~17日(日)
   11:00〜20:00(日曜日は19時閉店)
会場:灯屋2銀座店
   東京都中央区銀座2-6-5アサコ銀座ビル2F


梅の五つ紋 
身丈:4尺1寸(約155.8cm)  裄:1尺7寸3分(約65.7cm)
蜀江文に檜扇の刺繍名古屋帯 (帯14-12-41) 120,000円+税
南天の刺繍半衿 12,000円+税

梅の五つ紋に南天の刺繍半衿年末、年始の営業について
年末年始の営業は以下の通りとなります。
12月24(日)~28日(木) 19時閉店
12月29日(金)~1月2日(火) 年末年始休み
1月3日(水)~5(金) 18時閉店

皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます。

海老沢

手仕事を楽しむ

縞結城に宝尽くし筒描き名古屋帯先日、着物で京都へ行ってきましたが、ショールをかけるまでもない暖かさに驚きました。
そんな気持ちで今朝を迎えたら、突然の真冬の気温!!
師走の忙しいころに風邪などひけないので、結城であたたかく出勤しました。

ご紹介のコーディネートは、結城紬に筒描きの帯。
こっくりした色の結城は、細かな縞が入って粋な雰囲気です。
合わせた帯は、力強い手仕事が魅力の筒描きを帯に仕立てたものです。
木綿の風合いとしっかり染められた藍色が着物好きにも、布好きにもたまらない一品。
宝尽くしの図柄が描かれて、丁寧に色が入れられた手の込んだ布に、グッと引きつけられます。

おめでたい図柄の帯なので、お正月にも使えそう・・・


縞結城 宝尽くし筒描き名古屋帯

宝尽くし筒描き名古屋帯

縞結城 140000円+税
身丈:4尺1寸5分(約157.7㎝) 裄:1尺7寸5分(約66.5㎝)
宝尽くし筒描き名古屋帯 (帯11-9-19) 

徳永

昭和中期の結城紬

縦縞と蚊絣の本場結城紬にインド・カンタ名古屋帯珍しい結城紬のご紹介です。

茶と黒を混ぜたような地に、落ち着いたマゼンタとグリーンの縦縞が鮮やかです。
縞の合間に細かい蚊絣を入れることで、縞による粋さを抑え柔らかい表情が出ています。

凝ったつくりは、昭和中期頃、結城紬の高品質な生産ができていたから。
そんな手をかけたデザイン、楽しまなくてはもったいない!
思い切りよく、マゼンタのカンタワークの帯を合わせて。

着物に織り込まれた華やかな色がますます引き立ち、ちょっとしたパーティー仕様になりました。
何気ないお出かけにお召し頂いても、心がうきうきしそうです。

縦縞と蚊絣の本場結城紬 インド・カンタ名古屋帯

縦縞と蚊絣の本場結城紬 (着物17-9-11) 
身丈:4尺3寸(約163.4cm) 裄:1尺8寸(約68.4cm)
インド・カンタ名古屋帯 (帯16-11-19) 

櫻井

着物姿の劇的ヒロイン像

「愛の渇き」しばらくご無沙汰しておりました、映画シリーズです。
レンタルDVDを探していて、すごいものを見つけました。

その名も
「愛の渇き」
1967年公開の日活映画。
原作 三島由紀夫
主演 浅丘ルリ子
公開時のキャッチコピー
「愛がなければ女は燃えないものならば・・・・悦子は女ではないのだろうか!?
浅丘ルリ子が三島文学に挑んだ壮絶な女の映画!!」
この意味をお考えになりたいかたは、是非ご覧下さいませ。

ヒロインの悦子が着物姿だからこそ、魅力が際立っています。
モノクロ映像の美にもうっとり。
戦後間もないころの別荘地での暮らしぶりや衣食住も興味深いです。。

大阪の農園を舞台に亡き夫の父親に身をまかせながらも、若く素朴な園丁に惹かれる女の「幸福」という観念を描いた物語。
紬の着物をきりりとまといながら、嫉妬の苦しみに苛まれる姿を古典劇のように重厚感あるタッチで表現しています。
自分とはかけ離れていても、古い火傷の跡をふと思い出すかもしれません。
優れた作品は日常で忘れている感情を揺さぶり、人間の深淵をのぞかせてくれます。
原作は24歳の作品という、三島由紀夫の筆力にも驚かされます。

髪を結いあげ化粧をし、爪の先までなまめかしく全身が青い炎で燃えるようなイメージの悦子。
選んだ着物は、葡萄文様の紬。
劇的なラストシーンの葡萄畑にちなみました。
合わせる帯はやはり、静かながら情熱的な浦野の名古屋帯。
さあ、時には劇的な女性像に身をゆだねてみませんか?

葡萄柄たてぶし生紬に浦野理一作 藍地みじん格子縦節紬名古屋帯 浦野理一作 藍地みじん格子縦節紬名古屋帯

葡萄柄たてぶし生紬 
身丈:4尺4寸(約167.2㎝) 裄:1尺8寸5分(約70.3㎝)
浦野理一作 藍地みじん格子縦節紬名古屋帯 (帯17-9-1) 

海老沢