TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



吉岡常雄作「プーマ」名古屋帯

 

 

吉岡常雄作「プーマ」名古屋帯
御売約済
帯14-6-54


 

追加画像・商品説明
吉岡常雄作「プーマ」名古屋帯 帯裏 吉岡常雄作「プーマ」名古屋帯 前中心 吉岡常雄作「プーマ」名古屋帯 質感・風合

吉岡常雄作「プーマ」名古屋帯 落款 

京都の染屋「吉岡」の主人であり、大阪芸術大学の教授でもあった染織作家、吉岡常雄氏。
ローマ帝国やインカ帝国の皇帝の紫色のマントを染めていた古代染織「貝紫」や、天平時代の赤の再現など、日本の染色帆に多大な功績を残されました。
貝紫を求める旅の中で、南米、地中海に幾度となく足を運び、その土地にまつわるものなど、多くのユニークな作品を作られています。
この帯は北米から南米の高地に生息するピューマ(南米のペルーやエクアドルの先住民族ケチュア族の言葉でプーマ)をモチーフに選んだもので、貝紫によりプーマが染められています。


アンティーク着物の灯屋2TOP > 帯 売約済み > 吉岡常雄作「プーマ」名古屋帯

ページの先頭へ


灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル