刺繍帯」タグアーカイブ

野趣の美

秋も深まり、植物の変化も美しいこの頃です。

気付くとあちこちに、木の実が。

アケビもまた、秋の嬉しいおくりもの。

このごろは見ることも少なくなった貴重な果実です。

熟すと割れて実を覗かせる事から「開け実」の意味で名付けられたそうです。

特徴が刺繍にも、よくあらわされていますね。

合わせたのは縞の伊兵衛織。

太い玉繭で織られた独特の感触と光沢は、虜になる着ごごち。

身長のある方のために、たっぷり身丈にしました。

帯も着物も、自然からの賜物を頂いて、身につける喜びです。

アケビの刺繍名古屋帯 90000円+税
帯17-10-18

 

伊兵衛織縞の袷 280,000+税

身丈4尺3寸5分(約164、7㎝)     裄1尺8寸(約68㎝)

 

 

なお、現在、浦野理一の布を継ぐ「継ぎ裂」展     の準備も進んでおります。

関連したブログはカテゴリ一覧から「浦野日記」をチェックして、ご覧下さい。

またタグの「浦野」で過去の浦野関連投稿や、催事ブログも遡っていただけます。ご興味のある方はどうぞ。

浦野理一の布を継ぐ

「継ぎ裂」展     ー   灯屋2

会場    洋協ホール    中央区銀座6-3-2

Tell 03-3571-3402

会期    11月21日(土曜日)〜26日(木曜日)

灯屋2のいきもの紹介

先日10月4日は世界動物の日でしたね。

11月1日はワンワンワンで犬の日、2月22日はニャンニャンニャンで猫の日は有名ですが他にもたくさんあり、動物への愛の深さを感じます。
今日は灯屋2にいる可愛い動物をご紹介します。

まずは小鳥が舞い飛ぶ黒地の名古屋帯です。

 

今月24日は文鳥の日ですのでいかがでしょうか?小鳥たちの見事な刺繍と地紋の芙蓉の光沢が美しい一品です。

続いては、紬地に紅葉を眺める鹿が刺繍されたこちらの帯。
色味も抑えられ着物に合わせやすい、今の季節の帯です。

最後は少し気が早いですがお正月にもピッタリ!エビ尽くしの刺繍帯です。
動物ではありませんが、生き物繋がりでご紹介しました。

ピーンと伸びたヒゲも繊細に刺繍されています。

今回ご紹介した帯の他にもたくさんの動物たちが灯屋2にいますので、ぜひ会いに来てくださいね!

ウグイスに燕刺繍の名古屋帯 75000円+税 19-10-10
紅葉に鹿の刺繍名古屋帯 90000円+税 19-10-28
エビの刺繍名古屋帯 40000円+税  15-9-22