秋展へ向けて

秋展へ向けて日に日に秋の気配が漂う今日この頃。
吹く風はもうすっかり秋風ですね。

さて、アトリエでは10月3日からの灯屋2秋展へのラストスパートが始まっています。
これから外注さんに出す仕立て物は、生地から衣服として生まれ変わる旅に出すような、そんな気持ちで送り出しています。

今回は糸味の良い結城紬も新しくお仕立て物として店頭に並びますので、既に結城紬をお持ちの方も是非お手にとってご覧になってください。
何度も水をくぐって柔らかくなった結城紬は人間で言うと“角が取れて丸くなったおばあさん”といったところでしょうか。
手に取ると何とも言えず柔らかく、それが着物となって穏やかに優しく包み込んでくれることでしょう。

もちろん結城紬だけではなく、灯屋らしい個性溢れる着物達が並びます。
どうぞ、楽しみにお待ちください。

アトリエ 柳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です