たまには礼装で!

単衣の一つ紋
 
知人のお嬢様のご婚礼の招待を受けました。
当日はお天気にも恵まれ、単衣の一つ紋でお出かけ。

昭和初期の錦紗には透かし紋が入り、波間に千鳥が優しく飛んでいます。
いまどき、礼装となりますと定型で固い文様となりますが、昔の着物ならではの意匠と優しい着心地を満喫した1日でした。

店主 渋谷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です