TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



科布開き名古屋帯

 

 

科布開き名古屋帯
※帯12-7-4
ご売約済


 

追加画像・商品説明
科布開き名古屋帯 質感・風合 科布開き名古屋帯 帯裏 科布開き名古屋帯 前中心

科布開き名古屋帯 裏柄

しな布は科(しな)の木の繊維で織られる古代織物で、通気性がよく、軽く、水濡れにも強いため、古くから衣類、ふとん側、穀物袋、漁具類に使われてきました。
今ではほとんど作られることはなく、山形県と新潟県の県境の一部の村々だけに、幻の古代布としてその手法と技術が受けつがれています。
この科布は少し時代を経て柔らかく、そして良い色になっています。
お太鼓は表は無地、裏には魚が配されており、裏表どちらでもお使いいただけます。


アンティーク着物の灯屋2TOP > 帯 売約済み > 科布開き名古屋帯
ご売約済

ページの先頭へ


灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル