TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



縞と格子とイカット


ご存じの方も多いと思いますが、「イカット」とはインドネシア語で絣を意味します。
織地のものはこの縞、格子、イカットの3つ技法により、島々によって独自の布文化が伝えられてきました。
用途としては、お祭りや儀式の際に使用する布、肩掛け布、衣服、として大切に受け継がれてきました。
素材としては手績みの木綿を用いることが多く、素朴で優しい感触、使い込むほどに肌馴染みが増す糸味のよさが魅力です。
絹を用いた織物もあり、スマトラ島のバンカ族が織る「リマール」という緯(よこ)絣は、草木染による繊細で深みのある色彩が大変美しい布です。
カリマンタン島のイバン族の布などは、今では非常に手に入れることが困難になっておりますが、精霊を信仰し、狩猟生活をする民ならではの動物や太陽をモチーフにしたプリミティブでどこかユーモラスのある文様が特徴です。

織物を帯に仕立てる際には布の厚さが決め手となりますので、魅力的なたくさんの布の中から帯に適した織物を捜してきました。
しなやかな糸味の質感、文様の楽しさ、この二つが織物が魅力。
素材の違いを引き立てる石の帯留など、小物でスパイスを加えて楽しんで頂ければと思います。

アンティーク着物の灯屋2TOP > 外国布の帯|帯 一覧 > 縞と格子とイカットの帯

ページの先頭へ


灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル