綿プリントにカンタワークの名古屋帯

インドのカンタワーク(刺し子)のサリーを帯にしました。
2本とも、元は同じ柄の布ですが、地色と刺し子の色合い、そして模様の取り方でまったく印象の違う帯になりました。
一言で表現するならば、緑のほうは爽やかな初夏の色合い、黄色のほうは可愛らし色合いでしょうか。
それぞれ右巻きと左巻きで異なる前柄が楽しめます。
これからの季節にぴったりな感じですね。

アンティーク着物の灯屋2TOP > 外国帯説明 > 綿プリントにカンタワークの名古屋帯

ページの先頭へ


灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル