TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



格子にぼかし菱文様紬

 

 

格子にぼかし菱文様紬
宗廣力三作郡上紬
着物13-5-7


 

追加画像・商品説明
格子にぼかし菱文様紬 質感・風合 格子にぼかし菱文様紬 上前 格子にぼかし菱文様紬

茜を基調とした微妙な濃淡の染めで、1980年ごろの作と思われます。
この着物を前にした時に、まず目に入るのは包容力のある優しい色と図柄。
しかし近づいて色を追っていくと、その複雑な仕組みに戸惑い、目線を失ってしまいます。
斜め格子を織り出す糸が、経緯共ぼかしに染められていて、その薄い色の中に経の白い縞が入り、周りに吸い取られながら消えていくように見えるので、まるで濃い部分の白が浮かんでいるようにも見えます。
深みのある明るい暖色に幻想的な趣が加わって、奥行きのある美しい着物になっています。
工芸展出品作の作風とは違って、どこかほっとする作品。
洗い張り後、仮絵羽に仕立ててあります。


アンティーク着物の灯屋2TOP > 着物 売約済 > 宗廣力三作郡上紬「格子にぼかし菱文様紬」

ページの先頭へ


灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル