TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



伝統工芸士による衣波多上布

 

 

伝統工芸士による衣波多上布
着物09-5-28
SOLD


 

追加画像・商品説明
伝統工芸士による衣波多上布 質感・風合 伝統工芸士による衣波多上布 上前 伝統工芸士による衣波多上布 証紙
      質感・風合              上前               証紙

縦横糸 絹染め、織り、絣と3名の伝統工芸士の手による単衣です。
上布と名がついておりますが、少し透け感のある紬の単衣として、6月(単衣シーズン)からお召し頂けると思います。
以下、証紙より抜粋。
————————————————————–
裄深き越後の山里で伝統の越後上布の織物を磨き、鍛え抜かれてきた「衣波多布」は、厳しい自然と風土が育ててきた珠玉の手技である、長い歳月と人々の努力が生んだ独特の染織文化です。
玉糸と手引きの紡ぎ糸に強撚をかけて伝統工芸士の磨き抜かれた伝承の匠の技によりシャリ感のある単衣から夏衣の快適な地風として現代に再現されました。


アンティーク着物の灯屋2TOP > 着物 売約済 > 伝統工芸士による衣波多上布

ページの先頭へ


灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル