本場結城紬」タグアーカイブ

可愛らしい出初式

ヤァっと掛け声が聞こえてきそうな、可愛い可愛い出初式の名古屋帯です。

むっちりした手足で一生懸命です。

今はまだまだ甘えん坊なめ組ですが、将来は江戸の花になるかもしれませんね。

 

鉢巻や火消し半纏にさりげなく刺繍が施されています。

本場結城紬 140000円+税 身丈4尺(152cm)、裄1尺7寸(64.6cm)
め組の出初式名古屋帯 30000円+税

 

仏手柑(ぶっしゅかん)と秋の実

 

いろいろな秋の実。

帯の中央に描かれている珍しい実は、仏手柑(ぶっしゅかん)という蜜柑の仲間です。

その形はまるで「仏の手」。

観音菩薩が化けて、自ら切り落とした美女の手と言われてもいます。

鑑賞用や、漢方薬、砂糖漬にもなるそうです。

合わせた着物は、有栖川文様の鹿が飛び柄になっている本場結城紬。

秋深い季節ならではの、おもしろい装いになりました。

 

仏手柑(ぶっしゅかん)と秋の実名古屋帯(付け帯仕立)20,000円+税

 

有栖川文様の本場結城紬 80,000円+税

身丈4尺2寸(約159㎝)  裄1尺7寸2分(約65㎝)