飛翔鶴に風景文様黒引き振袖

飛翔鶴に風景文様黒引き振袖

一式 168000円
婚礼衣装 KF16-1

江戸中期から後期に大名の奥方や貴族、上流武家の衣服に用いられた御所解き文様で、明治時代以降にこの名がつけられました。
御所車や御殿、庭に岩や松、菊、橘などの長寿を象徴する代表的な植物が描かれています。
更に霞文様があることで花々が引き立ちメリハリのある柄付けになっています。
また、飛鶴は、平安時代から延命長寿の瑞鳥として尊ばれ、純白の羽を持つ鶴は立ち姿、飛び姿ともに美しく吉祥文様として描かれています。

着物レンタルの灯屋2TOP > 飛翔鶴に風景文様黒引き振袖