くす玉裾ぼかし文様桜色縮緬地振袖

くす玉裾ぼかし文様桜色縮緬地振袖

一式 157500円
振袖15-4

平安時代に、室内の不浄を払い邪気を避けるために吊るしたのがこの薬玉と言われています。
伝えられた中国の習慣に従って、元はじゃこうや沈香を入れ菖蒲などで飾り付けをしていたものが、次第に花々を飾りつけるようになり、その見た目の美しさから着物の文様に使われるようになりました。
落ち着いた橙色は、大人の女性の振袖にもおすすめ。
花薬玉から、今にもほのかな和の香りがしてきそうです。

着物レンタルの灯屋2TOP > くす玉裾ぼかし文様桜色縮緬地振袖