小鼓に扇面の図振袖

小鼓に扇面の図振袖

一式 168000円
振袖16-1

その優雅な形と音色が好まれる鼓は、江戸時代頃から平安王朝期への憧れとして使われるようになりました。
また、末広がりを表すとして縁起の良い扇面も、平安時代に登場し使われていました。
さらに雲取文様など平安の優美な時代を思わせる意匠がふんだんに盛り込まれています。
クラシックなのにどこか新鮮なこちらの着物、文様にも使われている緑や黄色を小物に取り入れたメリハリのあるコーディネートがお勧めです。

着物レンタルの灯屋2TOP > 小鼓に扇面の図振袖