四季の花の図縮緬振袖

四季の花の図縮緬振袖

一式 126000円
振袖12-6

雲の形の中、または雲を隔てて違う時間や場面を書く技法は源氏物語でよく見られ、雲が時の推移を区切るひとつの手段として用いられてきました。
この着物でも、雲のかたちの中に決して一緒に咲くことのない四季それぞれの花が描かれていることで、より一層、日本特有の移り変わる季節の美しさをあらわしています。
地色の落ち着いた緑色も、自然を感じさせるやさしい色あいで、パーティやお式の場で、華やかながらも楚々とした上品さが映えることでしょう。

着物レンタルの灯屋2TOP > 四季の花の図縮緬振袖