TOPへ

灯屋2銀座店へメールを送信



龍の柄の帯

来年の干支である龍を描いた帯をちょっとだけ集めてみました。
すべての生物の良いところだけを集めたとされる龍。
その姿は古来より王のしるしとして、特に東洋で珍重されてきました。
その縁起の良い帯を新年の装いに加えてみてはいかがでしょうか。

五爪の龍朝服崩し名古屋帯

 

 

五爪の龍朝服崩し名古屋帯
※帯11-11-42
SOLD


 

追加画像・商品説明
五爪の龍朝服崩し名古屋帯 質感・風合 五爪の龍朝服崩し名古屋帯 帯裏 五爪の龍朝服崩し名古屋帯 前中心
      質感・風合                帯裏                 前中心

清朝時代の大臣の朝服から仕立てた帯です。
五爪の龍は皇帝、四爪の龍は大臣、三爪の龍は大臣より下と言いますが、実際にはそれは明(1368~1644年)の時代の話のようで、皇帝の権力が弱まってくる清朝後期になると、大臣たちでも龍ではなく蟒(まん、大蛇)と言って、五爪の龍を朝服に使っていたとのこと。
依然皇帝の色である明るい黄色は禁止されていたため、青色に五爪の龍という朝服となったようです。
皇帝のものではないといっても、かの清の大臣の朝服。
縁起の良いものであることには変わりません。


アンティーク着物の灯屋2TOP > 帯 売約済み > 五爪の龍朝服崩し名古屋帯
126000円

ページの先頭へ


灯屋2紹介着物振袖通信販売買取掲載誌・衣装協力リンクブログ| [姉妹店]骨董の灯屋和家具の可ナル舎
着物レンタル婚礼衣裳レンタル振袖レンタル訪問着レンタル小紋レンタル成人式レンタル袴レンタル七五三レンタル